理想の睡眠時間とはどれくらい?なぜ寝なくてはいけないのか!

こんにちは、スイムです。

 

理想の睡眠時間っていったい何時間
なんだろうって考えたことってありますか

 

毎日必ず布団やベッドに入って
眠っていますがいったいどうして
寝なくてはいけないのか

 

一日は24時間と時間は有限なので
その間に仕事をしたり遊んだりご飯を
食べたり寝なくてはいけません

 

なので理想の睡眠時間とかあるのか
寝ること睡眠によって一番大切な事は
何なのか調べてみました。

 

全く寝ないでも平気っていう人はいない
ですからね。

 

一日に必要な睡眠時間とは

suiminjikanrisou26-1

 

 

毎日何気なく何の疑いもなく夜になると
布団やベッドに入って寝て朝時間になると
起きていますよね。

 

これが小さい頃から子供の頃からの
習慣になっていますし一日の終わりは
寝ること

 

そして一日の始まりは朝眠りから覚めて
布団やベッドから起きる事が一日の始まり
っていう人がほとんどですよね。

スポンサーリンク

僕もそのような生活をずっと送って
きましたしこれからも同じように生活を
していきます。

 

そこで毎日寝ている睡眠時間っていったい
何時間が人間にとって一番いいのだろう
っていう疑問を何回も思ってしまいます。

 

時間を気にせずずっと寝ていられるのなら
いいのですが毎日の忙しい生活の中で
睡眠時間は限られてきますし

 

その限られている睡眠時間でどうせなら
一番理想の睡眠時間をとっていきたい
と思いますからね。

 

そこで一番いい睡眠時間というのは
実は何時間という風に正確には決まって
いないのですが

 

理想の睡眠時間というのは
7~8時間だと言われています。

 

これは僕も含めて全ての人がそうなの
ですが睡眠中はノンレム睡眠とレム睡眠
という2つの睡眠があって

 

それぞれが交互に訪れてその繰り返しが
4~5回あるのがいいと言われています。

 

簡単な計算方式ですが
ノンレム睡眠がだいたい60~90分
レム睡眠がだいたい10~30分

 

なのでこれを4回繰り返すと480分で
8時間になります。

 

これは人によって時間が変わってきますし
夜中や朝方などによってもノンレム睡眠
とレム睡眠の時間は変わってくるので
7~8時間が理想の睡眠時間となっています。

 

ノンレム睡眠とレム睡眠については
コチラの記事に詳しく書いてあります。

ノンレム睡眠とは!レム睡眠とは!

 

いったいなぜ寝るのか

 

理想の睡眠時間がだいたい7~8時間と
言われているのがわかったと思いますが

 

そもそもどうして寝なくてはいけないのか
なぜ毎日睡眠をとっていかなくては
いけないのか

 

っていう物凄くシンプルで初歩的な疑問
をずっと考えて思っているのは僕だけ
ですかね・・・

スポンサーリンク

寝ないと体が疲れるからボーッとして
仕事が出来なかったり勉強に集中
出来なかったり

 

注意力が散慢になってしまって危ない
からと今まで寝不足になった時に
色々経験してきていますが

 

体を休ませる為
回復させる為
はもちろん大事で必要な事なのですが

 

寝ること睡眠をとることの一番の目的
っていうか必要性は脳を休ませる事
なのです。

 

起きている時って常に脳はフル稼働
していますよね一瞬一瞬で色々な物を
見たり聞いたりして情報を集めて処理
しています。

 

ボーッとしていても常に脳は働いて
いるのでとんでもない量の情報を毎日
一日一日蓄積されていっています。

 

脳が正常に機能して働いているから
僕たちは仕事をしたり勉強したり
楽しく遊んだりご飯を食べたり出来て
いるのです。

 

それだけ1秒1秒絶えず稼働していると
パソコンや車と同じで脳はオーバーヒート
してしまいます。

 

脳がオーバーヒートしてしまうと正しい
情報を整理することが出来なくなって
脳からの指示や伝達が出来なくなって
しまって

 

生活していくこと生きていくことが
出来なくなってしまうのでその脳を
休ませるため

 

リフレッシュさせて情報を整理して
リセットする為に睡眠が必要になって
くるのです。

 

徹夜して夜中勉強するよりも一回
寝て早朝に勉強した方が効率が
良くなることについてはコチラの
記事に書いてあります。

集中して勉強するコツは早朝!

 

寝れない眠れない不眠症には4つの
種類があるのでその症状や特徴に
ついてはコチラの記事に書いてあります。

不眠症には色々な種類がある!

 

まとめ

 

理想の睡眠時間とはどれくらい?
なぜ寝なくてはいけないのか
について書いていきました。

 

子供の頃からずっと毎日必ず寝て
朝起きて一日の生活をスタートさせて
いる睡眠ですが

 

これだけの睡眠時間が一番いい
という正確な睡眠時間は決まって
いないですし

 

人によってそれぞれ睡眠の質や時間
などが違ってきますが理想の睡眠時間
と言われているのは7~8時間です。

 

そしてなぜ寝るのか寝なくてはいけない
のかっていうのは、生活していくために
生きていくために

 

起きている間中常にフル稼働で情報を
集めて処理している脳を休ませてリセット
していくのに睡眠が必要なのです。

 

疲れた体を元気に回復させてくれる
のも睡眠ですがそれら全てを含めて
一番は脳を休ませてあげることですね。

 

夜中についつい考え事をして眠れなく
なってしまう原因についてはコチラの
記事に書いてあります。

考え事をすると寝れなくなる原因は!

 

寝ている時に足がピクピクと痙攣
してしまう原因についてはコチラの
記事に書いてあります。

睡眠中に足が痙攣してしまう原因は!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ