加齢による更年期障害で上手く眠れない時の対処法やケア対策!

こんにちは、スイムです。

 

加齢によって起こってしまう更年期障害
の症状によって上手く眠れなかったり
してしまい睡眠不足によって更に
更年期障害の症状が酷くなってしまう
ことがあります。

 

そんな更年期障害によって眠れない
時に少しでもスッと眠りについて
いけるようにする為の対処法や
自己ケア対策方法について調べて
みました。

 

更年期障害は女性だけではなくて
男性にも自然と歳をとっていくと
起こりやすくなってしまい
それによって上手く眠れない
睡眠不足になりやすくなっていって
しまうことが多いですからね。

 

眠れない原因は更年期障害かも

nemurenaikounenkitaishohou26-1

 

40代を過ぎたくらいから
上手く眠れなかったり
イライラすることが多かったり
体が火照りやすくなってしまったり
などの症状が出やすくなってしま
っている時は更年期障害かもしれません

スポンサーリンク

そんな更年期障害の大きな原因に
なってしまっているのは

自律神経の乱れ
体温調整が上手くコントロール出来ない

などのことによって寝ていく為の
状態を上手く作り出していくことが
出来なくなってしまっています。

 

その原因を作り出していってしまって
いるものとして

過度のストレス
ホルモンバランスの乱れ

があります。

 

過度のストレスは女性でも男性でも
ありますがホルモンバランスの乱れ
っていうのは

 

女性の場合だと女性ホルモンの分泌量
の低下

男性の場合だと男性ホルモンの分泌量
の低下

 

によってホルモンバランスが乱れて
いって更年期障害になってしまうことが
多いです。

 

更年期障害によって上手く眠れなく
なってしまう原因についてはコチラの
記事に詳しく書いてあります。

更年期障害で眠れなくなってしまう!

 

対処法や自己ケア対策

 

歳をとっていくことによって上手く
眠れない時が多くなってしまう時は
更年期障害が原因になってしまっている
ことがあるっていうことについては
わかってもらえたと思います。

 

そこでそんな更年期障害によって
上手く眠れない時に少しでも
寝ていく為にはどのような対処法や
自己ケア対策をとっていくことが
いいのかっていうと

 

ゆっくりと入浴する
軽い運動を取り入れる
食べ物で予防
アロマなど落ちつける空間を作る

 

などの対処法や自己ケア対策が
おすすめです。

 

ゆっくりと入浴する

 

ゆっくりと入浴するっていうのは
夜寝る前にお風呂に入ってしっかりと
湯船に浸かって体と心を休めていく
っていうことなのですが

 

更年期障害によって自律神経が乱れて
しまって交感神経が優位な状態に
なってしまっていて体や心が緊張状態
になってしまっていることが多いです。

スポンサーリンク

なのでしっかりと入浴して緊張状態を
ほぐしていき副交感神経に上手く
切り替えてリラックス状態を作り出して
いきます。

 

お風呂に入ることによって一日の
ストレスも上手く発散したり解消
していくことも出来ますからね。

 

入浴法としてはあまり熱くない
38~40度くらいのお湯に
15~20分くらい浸かっていくのが
おすすめです。

 

睡眠効果を高める入浴方法については
コチラの記事に詳しく書いてあります。

寝やすい状態を作り出す入浴とは!

 

軽い運動を取り入れていく

 

軽い運動を取り入れていくっていう
のは体を動かすことによってストレスを
発散させたり血液の流れを良くして
自律神経の乱れを減らしていくように
します。

 

忙しい毎日の生活の中でなかなか
運動するのに時間を作り出していく
ことは難しいですが

 

出来るだけ歩くことを心がけて
ウォーキングを取り入れていったり
階段を使うようにしたり休みの日
などはジョギングをしたりなど
簡単に出来る有酸素運動を取り入れて
いくようにしてください。

 

食べ物で予防

 

食べ物で予防っていうのは
女性ホルモンや男性ホルモンの
分泌量の低下を抑えていく食べ物
を摂取していくっていうことです。

 

暴飲暴食や偏った食生活をやめて
規則正しい食生活を送っていく
っていうのはもちろん大前提として

 

女性ホルモンを増やしていく食べ物
として大豆イソフラボンを多く
含んでいる食べ物をとっていく

 

男性ホルモンを増やしていく食べ物
としては亜鉛を多く含んでいる
食べ物をとっていく

 

そしてビタミンB6は女性ホルモンにも
男性ホルモンにも大切な物なので
同時にしっかりと摂取してもらって

 

後はストレス対策や睡眠の質をよく
していく為にトリプトファンを多く
含んでいる食べ物をとっていく
ことなどが大事になってきます。

 

トリプトファンとはいったいどんな
ものなのかについてはコチラの記事
に書いてあります。

トリプトファンの効果と役割!

 

アロマなど落ちつける空間を作る

 

アロマなど落ちつける空間を作る
っていうのはリラックス出来る空間
を作り出していくっていうことです。

 

更年期障害はイライラしたりする
ことが多くなってしまったりするので
アロマなどの匂いで気持ちを落ち着けて
いったり安らげる空間を上手く作り
出して行ってください。

 

体を動かした後にお風呂に入って
その後に優しいアロマの匂いで
更に気持ちを落ち着けてリラックス
状態を作り出して寝やすい状態を
作り出していくっていう感じです。

 

眠りやすい状態を作っていくのに
おすすめのアロマについてはコチラ
の記事に書いてあります。

アロマの効果で寝やすくする!

 

まとめ

 

加齢による更年期障害で上手く
眠れない時の対処法やケア対策
について書いていきました。

 

加齢によってどうしても
自律神経が乱れやすくなって
しまったり

 

ホルモンバランスが乱れやすくなって
しまい女性も男性も更年期障害になり
やすくなってしまい上手く眠れない
症状が起こりやすくなってしまいます。

 

そんな更年期障害で眠れない時に
ストレスを上手く発散して
ホルモンバランスを整えて自律神経
を正常に整えていく為の対処法や
自己ケア対策として少しでも参考に
なれば嬉しいです。

 

ぐっすりと寝て睡眠をとっていくことで
更に更年期障害の症状も抑えていく
ことに繋がってきますからね。

 

上手く寝れない入眠障害という
不眠症を改善していく為の対策に
ついてはコチラの記事に書いて
あります。

寝れない入眠障害を改善していく!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ