寝起きなのに足のむくみが酷い原因は!朝から足がパンパン!

こんにちは、スイムです。

 

寝起きなのに足のむくみが酷い時の
原因になってしまっているものは
一体何なのか

 

夕方などに足がむくんでしまうのは
わかるけど朝から足がパンパンで
むくみの症状が出てしまう原因に
ついて調べてみました。

 

寝起きで足がむくんでしまっている
状態はとても嫌ですし一日の始まり
である朝から気分が悪くなってしまって
元気に一日を過ごしていくことが
出来なくなってしまいますからね。

 

寝起きの足のむくみの正体

neokiasimukumugenin22-1

 

足がむくんでしまうっていうのは
一日頑張って歩いたり立っていたり
して足を酷使してしまっている時に
むくみやすくなってしまいます。

スポンサーリンク

それは日常的によくあることなので
特に気にもしないのですが寝起きに
朝から足のむくみの症状が酷い時は
原因はいったい何なのかわからない
ですよね。

 

寝て起きただけなのに・・・
まだ何もしていないのに足がむくんで
いるのはなぜ?
って思ってしまいます。

 

この寝起きなのに足のむくみが酷く
パンパンになってしまっている
大きな原因になってしまっているのは

 

寝ている睡眠中に体内に余分な
水分や老廃物が上手く排出されなくて
溜まってしまいそれが足のむくみと
して出てきてしまっていることが
多いです。

 

なぜ寝ているだけなのに水分や
老廃物が溜まってしまうのか
その原因となってしまっている
正体として

 

血液の流れが悪くなってしまっている
リンパの流れが悪くなってしまっている

 

っていうことが大きな原因としてあって
それが朝から足のむくみとして現れて
出てきてしまっています。

 

原因になっているものは

 

寝起きなのに足のむくみが酷く
パンパンになってしまう原因は
寝ている時に水分や老廃物が溜まって
しまって起こっているっていうこと
についてはわかってもらえたと思います。

 

そこでではいったいどうして
睡眠中に血行不良やリンパの流れが
悪くなってしまうのか水分が溜まり
やすくなってしまうのかというと

 

筋肉不足や硬直によって
冷えによって
寝不足によって
水分の取り過ぎによって
塩分の取り過ぎによって
寝酒によって

などのことが大きな原因となって
しまっていることがあります。

 

筋肉不足や硬直によって

 

筋肉不足や硬直によってっていうのは
血液っていうのは筋肉が柔らかく
柔軟に動くことによって血液の流れも
スムーズになります。

 

なのでその筋肉自体が少なく弱って
しまっていると血液の循環が悪く
なってしまいますし

 

筋肉はしっかりついていても
疲労などによって筋肉が硬くなって
しまっていると上手く血液を循環
させていくことが出来なくなって
しまいます。

 

これは疲労だけではなくてストレス
などによっても起こりやすくなって
しまいます。

 

冷えによって

 

冷えによってっていうのは寒い時って
いうのは体は硬くなってしまいます。

スポンサーリンク

体が硬くなってしまうっていうことは
それだけ筋肉も硬くなってしまい
血液の流れが悪くなってしまいます。

 

特に末端冷え性など手や足の冷えが
酷い時などは注意してください。

 

末端冷え性によって睡眠の質も低下
してしまったり眠りにくくなって
しまう原因にもなるので詳しくは
コチラの記事に書いてあります。

末端冷え性が睡眠を妨げる原因に!

 

寝不足によって

 

寝不足によってっていうのは
これも筋肉の硬直などの原因になって
しまうっていうことなのですが

 

睡眠は体や脳を休めて疲れを回復
していってくれるとても大切な物です。

 

しかし寝不足の状態が続いてしまって
いるとそれだけ疲れを回復させていく
ことが出来なくなってしまい筋肉も
疲労状態が続いて硬くなってしまい
ますし

 

寝て気持ちをリフレッシュさせていく
ことが出来なくなってしまっている
のでその分ストレスもドンドンと
溜まっていってしまいます。

 

水分の取り過ぎによって

 

水分の取り過ぎによってっていうのは
いくら血液がしっかりと循環して
しまっていても体内にある水分の
量が多くなってしまうと排出が
追いつかなくなってしまい
体内に余分な水分が溜まっていって
しまいます。

 

塩分の取り過ぎによって

 

塩分の取り過ぎによってっていうのは
これは塩分をしっかりととっていく
ことはいいのですが

 

取り過ぎてしまうと体内の塩分濃度が
高くなってしまい塩分濃度が高くなって
しまう体は水分をほしくなってしまい
体内に水分を溜め込みやすくして
いってしまいます。

 

寝酒によって

 

寝酒によってていうのは寝る前に
アルコールを多く摂取してしまうと
血液の流れをゆっくりにさせてしまい
ますし

 

アルコールを早く分解させていこうと
して水分がほしくなって水分補給が
多くなっていってしまいます。

 

この水分の取り過ぎや塩分の取り過ぎ
そして寝酒っていうのは寝起きの顔の
むくみの原因としても多いので
詳しくはコチラの記事に書いてあります。

寝起きに顔のむくみが酷くなる原因!

 

まとめ

 

寝起きなのに足のむくみが酷い
原因は!朝から足がパンパン
について書いていきました。

スポンサーリンク

寝起きで足がむくんでしまっている
時は寝ている時に血液の流れや
リンパの流れが悪くなっていたり
して余計な水分や老廃物が上手く
排出出来なくなってしまっていたり

 

自分では気づかないうちに水分を
取り過ぎてしまったりしている
ことが原因になってしまっている
ことが多いです。

 

後は何か病気の症状によって起こって
しまっていることもあるので
症状が続いてしまっている時は
一度病院にいって診てもらうように
してもらって

 

なるべく睡眠中の血行不良やリンパ
の流れが悪くなってしまうのを予防
していくケア対策が必要になって
きます。

 

寝ている時に足がよくつってしまう
原因についてはコチラの記事に
書いてあります。

睡眠中に足がつりやすくなる原因!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ