寝起きの腰痛を予防して改善するオススメのストレッチはコレ!

こんにちは、スイムです。

 

寝起きによく腰痛の症状が出てしまって
腰が痛くなってしまうことがあります。

 

寝起きはただでさえ眠たくて憂鬱な
感じなのに腰痛の症状まで出て
しまうと痛くてとても目覚めが悪い
ですし

 

一日を元気よくスタートすることが
出来なくなってしまいます。

 

そんな寝起きに腰痛の症状が起きて
しまう原因を治して改善していき
予防していくのにオススメのストレッチ
方法があるので

 

寝起きの腰痛対策に効果的な
ストレッチについて書いていきます。

 

寝起きの腰痛の大きな原因

neokiyoutuusutorechi18-1

 

朝寝起きに腰に痛みがいきなり
走ってしまったり出てしまう原因は
色々ありますが

 

その腰痛の大きな原因になっている
のに筋肉が硬くなってしまっていて
硬直していて上手く伸縮しなくなって
しまっていることがあります。

スポンサーリンク

寝起きっていうのは寝ている睡眠中は
あまり体を動かさないので自然と筋肉は
硬くなりやすい状態なのですが

 

この筋肉が硬くなりすぎてしまって
いると硬い状態でいきなり筋肉を
いつも通り動かしてしまうと痛みを
感じてしまってそれが腰痛を引き起こし
てしまいます。

 

寝起きに筋肉が硬くなってしまう原因
としては体の疲れが溜まり過ぎてしまって
いたり血行不良などによってなど
原因は色々ありますが

 

この朝に筋肉が硬直してしまっている
ことが大きな原因となって腰痛を
引き起こしてしまいます。

 

寝起きに血行が悪くなってしまう原因や
腰痛を引き起こす原因になってしまって
いることについてはコチラの記事に
書いてあります。

寝起きに腰が痛くなる原因を作るもの!

 

なので寝起きに腰が痛くなってしまうのを
治して改善していくには硬くなってしま
って
いる筋肉をほぐして柔らかく普通の
状態
に戻していかなくてはいけません

 

寝ながらするストレッチ方法

 

寝起きに腰痛の症状が起こりやすい
原因に朝は筋肉が硬くなってしまって
いることが多いっていうのはわかって
もらえたと思いますが

 

そんな筋肉を普通の状態
しっかりと伸縮してくれて筋肉を
柔軟にしていくのに一番オススメの
方法としてストレッチがあります。

 

えー朝一からストレッチをするのって
結構大変だしそんなの出来ないよ
って思うことが多いですが

 

寝ながら出来て筋肉を柔軟にして
くれる簡単なストレッチがあって
それが寝ながらするストレッチです。

 

寝ながらストレッチの方法や手順とは
いったいどんなことなんだろうって
いうと

 

まずは仰向けになって楽な感じを作って
いきます。

 

そして大きく深呼吸をして体を目覚め
させていきます。

スポンサーリンク

大きく深呼吸を数回することによって
気持ちが落ち着きますし呼吸を整えて
いくことが出来ますからね。

 

子供の頃夏休みなどにラジオ体操
していた時もまずは大きく深呼吸を
していましたからね。

 

そして深呼吸をした後は両膝を曲げて
立たせてから両手を軽く伸ばします。

 

この時に両手を上に伸ばすのではなく
本当に軽く広げる感じにしてください。

 

ここで一気に両手を上に向けて
伸ばしてしまうとまだ全然筋肉が
和らいでいないので痛みを酷く
感じてしまいますからね。

 

そして片方づつ曲げた膝を抱えながら
胸に向かって引き上げていきます。

 

膝をおへそにくっつける感じですね。

 

これを左右の膝交互に繰り返す
ことによってゆっくりと筋肉を
動かしていきます。

 

両膝を交互に引き寄せることが
終わった後に今度は立てた膝を
左右交互に倒していきます。

 

この左右に倒すことによって
更に腰の筋肉を軽く動かすことが
出来るの筋肉を柔らかくして
いくことが出来ます。

 

そして左右交互に倒すことが終わった
後はまた両膝を立てた状態から
今度は両手をしっかりと上に伸ばして
いきます。

 

膝を曲げて立たせることによって
頭からつま先まで一直線になって
しまうのを予防していくことが出来て

 

腰が反りかえってしまうのを防いで
いくことが出来ますし足がつって
しまうこむら返りを予防していくことが
出来ます。

 

睡眠中のこむら返しとはどのような
状態なのか原因などについては
コチラの記事に書いてあります。

こむら返しの症状や原因とは!

 

そして最後に仰向けから両手両足を
ついて
四つん這いの姿勢をとって
もらってから

 

両手を前に伸ばしながらお尻を
後ろに突き出すように押してください。

 

このとても簡単な寝ながら出来る
ストレッチによって筋肉が硬くなって
しまっているのをほぐしていきます。

 

仰向けに寝る

両膝を曲げてたたせてから
両手を軽く伸ばす

左右の膝を手で引っ張るように
おへそにくっつける

両膝を曲げたまま左右交互に
倒していく

両膝を立てて両手を頭の上に

伸ばしていく

四つん這いになって両手を前に
伸ばしてお尻を後ろに突き出す

 

このような流れでストレッチをして
もらうことによって寝起きで硬くなった
筋肉を柔らかく伸ばしていきます。

 

日ごろのストレスが原因となってしまって
寝起きに腰痛が酷くなってしまうことも
あるので詳しくはコチラの記事に書いて
あります。

寝起きの腰痛の原因にストレスも!

 

注意する点は

 

腰痛改善に効くオススメのストレッチ
方法についてはわかってもらえたと
思いますが

 

ここで注意してほしいことがあって
一気に両手両足を伸ばさない
ようにしていく

 

焦らずにゆっくりと筋肉を動かして
いくことをしっかりと意識しながら
行っていきます。

 

焦らずにいきなりしない対策として
ぎりぎりに起きないで3~4分でも
いいので少し早く目を覚まして
いくようにします。

 

焦って急いでストレッチしてしまうと
一気に体を動かしてしまことと
同じ状態になってしまいますからね。

 

寝起きの辛い腰痛を治して改善して
いく為の方法についてはコチラの
記事に書いてあります。

寝起きの腰痛を治す色々な対策!

 

まとめ

 

寝起きの腰痛を予防して改善する
オススメのストレッチはコレ
について書いていきました。

 

寝起きに腰に痛みを感じてしまう
腰痛の症状が起こってしまう
大きな原因になっているのに
筋肉の硬直があるので

 

寝起きで硬くなって硬直してしまって
いる筋肉を柔らかくして柔軟に
しっかりと伸縮出来る状態を作って
いってください。

 

寝起きの腰痛も辛いですが頭痛が
してしまうのもとても辛い症状なので
寝起きに頭痛がしてしまう原因に
ついてはコチラの記事に書いて
あります。

朝一で頭痛がしてしまう原因は!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ