夜型の生活の治し方!夜更かしせず寝ていく為に必要な対策!

こんにちは、スイムです。

 

ついつい夜中まで起きていることが
多くて朝起きるのが遅くなって
しまったり午前中はいつも頭が
ボーっとしてしまって集中力が
なかったりしてしまう夜型生活

 

そんな夜更かしをしてしまって
夜型の生活になってしまっている
のを治して改善していき

 

夜はしっかりと寝ていく為に
必要な対策方法について書いて
いきます。

 

夜型は良くないってわかっていても
どうしても夜型の生活になってしまう
ことっていうのは多いですからね。

 

夜更かしがもたらす悪い症状

yorugataseikatunaosu4-1

 

ついついいつも夜更かしをして
しまって寝る時間が遅くなって
しまい朝起きれなかったり
起きても全然頭が働かなかったり
してしまうことが多いです。

スポンサーリンク

そんな夜型の生活を続けていると
どうしても午前中は仕事や授業に
集中出来なくなってしまったり
睡魔に襲われて居眠りしてしまう
ことが多くなってしまいます。

 

それだけでもとても大きな問題
なのですが夜型の生活で睡眠時間が
少なくなってしまうことによって
実は色々と悪い症状をもたらして
しまうことがあってそれが

 

太りやすくなってしまう
ストレスが溜まってしまう
抜け毛が増えてしまう
肌荒れを起こしてしまう

などの症状も起こしやすくなって
きてしまいます。

 

人間っていうのは夜行性の動物とは
違って夜はしっかりと寝て日中に
元気に活動するっていうリズムに
なっていますからね。

 

なので理想の睡眠時間としては
7~8時間で夜の23時には布団に
入って寝ていくのが一番いいと
言われています。

 

どうして夜の23時に寝ていくのが
いいのかっていうことについては
コチラの記事に書いてあります。

理想の睡眠時間と寝る時間帯!

 

夜型生活を治す対策

 

夜更かしをして夜型生活を送って
いると仕事や勉強などに集中出来なく
なってしまうだけじゃなくて色々な
悪い症状にも繋がっていってしまう
っていうことについてはわかって
もらえたと思います。

 

しかし、そうかといってもなかなか
夜更かしや夜型生活を治して行こう
としても上手くいかないことが多いです。

スポンサーリンク

そこで夜型生活を治していく対策方法
として大事になってくるのが
夜になると自然と眠たくなってくる
寝れる状態を作っていくことです。

 

その眠たくなる寝れる状態とは
リラックスしている
血液の流れが良くなっている
メラトニンが多く分泌される
ことがポイントになってきます。

 

リラックスや血行を良くしていく
っていうのは夜にしっかりとお風呂
に入って入浴することによって
副交感神経に上手く切り替えていく
ことが出来るようになりますが

 

睡眠ホルモンであるメラトニンを
上手く多く分泌させていく為には
体内時計を正常に整えていかなく
てはいけません

 

体内時計が正常に機能していると
自然に夜の21時を過ぎたくらいから
メラトニンは分泌されてきます。

 

なので体内時計を正常に機能させて
そろそろ夜だからメラトニンを分泌
させていこうと思わせる為に
オススメの簡単な方法としては
部屋の明かりを暗くすることです。

 

夜の21時っていうとまだ部屋の明かり
っていうのは全開で明るくなっている
と思いますがその照明を少し落として
いってください。

 

1人暮らしとかだと簡単に暗くすることが
出来ると思いますが家族がいたりする
場合はなかなかすぐに照明を暗くする
っていうのは難しいと思いますので
そんな時はサングラスをかけるなどの
対策をとっていくといいです。

 

こうすることによって光を遮断する
ことが出来るのでオススメです。

 

後もっとも注意してほしい夜更かしの
大きな原因になってしまうのが
テレビやスマホやパソコンなどを
ついつい見てしまったり操作して
しまっていることです。

 

僕もたまにやってしまうのが面白い
YouTubeの動画を見てしまったり
SNSなどをずっと見てしまったり
してしまうことがあります。

 

しかしこのようにテレビやスマホなど
を見てしまうとリラックス状態を
作れなくなってしまったり

 

ブルーライトの影響によって大きな
刺激を受けてしまって眠れない状態
になってしまいます。

 

なので出来るだけ夜の21時以降や
22時以降はテレビやスマホを見ない
ようにしてください。

 

ついつい気になって見てしまうことが
多いですが特に急用とかの用事では
無い時は睡眠のことを考えると
朝起きてから見たりチェックしたり
するようにしてください。

 

自分ではすぐにチェックしなくては
って思ってしまっていて最初は
難しいですが夜見ないようにする
ことを習慣化すれば気にならなく
なってきますからね。

 

ブルーライトから目を守る為の
対策方法についてはコチラの記事に
書いてあります。

ブルーライトから目を守る対策!

 

それと夜中の方が静かで作業や勉強が
はかどるから夜中にやるっていう方
も多いですが

 

実は脳の集中力っていうのは疲れて
いる夜中よりも寝て起きた朝の方が
脳がリフレッシュされていて
集中力が高くなっています。

 

作業や勉強を効率よくするには
夜中よりも朝方の方が良い理由
についてはコチラの記事に書いて
あります。

夜中よりも朝方が勉強はオススメ!

 

まとめ

 

夜型の生活の治し方!夜更かしせずに
寝ていく為に必要な対策
について書いていきました。

 

忙しい毎日の生活の中でどうしても
自由に時間を使える夜っていうのは
色々なことをしてしまいついつい
夜更かしが増えてしまったりして
夜型の生活になってしまうことが
多いです。

 

しかし夜型の生活っていうのは
睡眠時間が短くなってしまったり
して朝上手く起きれなかったり
集中力が散漫してしまうことが
多いですし

 

睡眠不足によって色々と悪い症状
に繋がっていったりもしてしまうので
健康で元気な生活を送っていく為には
夜型生活を治して夜はしっかりと寝る
っていうことが大事になってきます。

 

夜しっかりと寝ていく為にも
眠れる寝やすい状態を作っていく為の
対策方法として少しでも参考になれば
嬉しいです。

 

体内時計の乱れを直して正常に改善
していく為の対策方法についてはコチラ
の記事に書いてあります。

体内時計を正常にする8つの対策!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ