朝いつも寝起きの顔がパンパンでむくみが酷い原因はコレ!

こんにちは、スイムです。

 

朝いつも寝起きの顔がパンパンで
むくみが酷くて顔を洗ったりして
鏡を見た時にびっくりしてしまう
ことがあります。

 

いったいどうして朝は寝起きは顔が
いつもむくんでしまっているのか
原因となってしまっているものは
いったい何なのか

 

顔のむくみの症状が酷いとほんとうに
パンパンになってしまっていて
会社や学校に行ったりするのが嫌に
なってしまいますし外出するのが
嫌になってしまいますからね。

 

顔のむくみの原因

neokikaomukumugenin13-1

 

顔のむくみっていうのはむくんで
しまっていることによって顔が大きく
なってしまっていたりして本当に
嫌ですし誰にも見せたくないので
人に会うのも嫌になりますね。

スポンサーリンク

顔がむくんでしまう原因となって
しまっている物は余分な水分や
老廃物が溜まってしまっている為に
むくみの症状が現れてしまいます。

 

そしてそれらは血行不良やリンパの
流れが悪くなってしまっていて
上手く水分や老廃物を排出できなく
なってしまっていて溜まっていって
しまうことが多いです。

 

これは顔に限らず足などのむくみも
同じようなことなのですが

 

朝は顔がむくみやすく
夕方から夜は足がむくみやすく
なってしまうことが多いです。

 

寝起きに酷くむくむ

 

顔のむくみの原因については
水分や老廃物が上手く処理されず
に体内に溜まってしまっていて
むくみの症状が出てしまうって
いうのはわかってもらえたと思います。

 

ではいったいどうして顔のむくみは
朝の寝起きに多いのか酷くなって
しまうのかっていうのは

 

日中は立っていることが多いので
重力によって自然と血液などは
下の方に流れやすくなります。

スポンサーリンク

でも寝ている時っていうのは体を
横にしているので下に流れにくい
状態になっています。

 

これが日中よりも朝の寝起きの方が
顔がむくみやすい原因になっている
のですが

 

それだけではなくて

寝る前の水分の取り過ぎ
アルコールや塩分の取り過ぎ
枕が低い

などのことも大きな原因になって
しまっています。

 

寝る前の水分の取り過ぎ

 

寝る前の水分の取り過ぎっていうのは
水分を多くとってしまうとそれだけ
体内に水分が溜まりやすくなって
しまいます。

 

アルコールの取り過ぎ

 

アルコールっていうのは寝る前に
お酒を飲んでしまうっていうこと
なのですが

 

アルコールによって血管っていうのは
拡張されてしまいます。

 

血管が拡張されると血液の流れる量が
多くなるのはないかって思ってしまい
ますが実は血管が拡張してしまうと
血液が通る幅が広くなってゆっくりと
流れるようになります。

 

このゆっくりと流れることによって
水分などが溜まりやすくなってしまいます。

 

睡眠中っていうのは副交感神経が
優位に働いている時なので自然と
血液の流れがゆっくりになるので
更に血液が流れにくくなっていって
しまいます。

 

寝酒は睡眠の質も悪くしてしまう
原因にもなってしまうので詳しくは
コチラの記事に書いてあります。

寝酒が原因で熟睡出来ない!

 

塩分の取り過ぎ

 

塩分の取り過ぎっていうのは
塩分を多くとってしまうと喉が
乾いてしまいますよね。

 

それによって水分を多く取り過ぎて
しまうっていうこともありますし

 

塩分濃度が高くなってしまうと
その塩分濃度を下げようとして
体は自然と水分の排出を抑えて
体内に溜め込んでしまいます。

 

本来ならば排出されるはずの水分も
自然と体内に残されてしまうことが
多くなってしまいます。

 

枕が低い

 

枕が低いっていうのは枕が低い
ことによって心臓と顔の位置が
同じような高さになってしまいます。

 

そうなってしまうと血液が顔や頭に
溜まりやすくなってしまいます。

 

重力によって立っている時に足が
むくみやすくなってしまうのと
同じような感じですね。

 

まとめ

 

朝いつも寝起きの顔がパンパンで
むくみが酷い原因はコレ
について書いていきました。

 

寝ている睡眠中っていうのは立って
いる日中に比べて重力がかからない
分顔がむくみやすい状態になっています。

 

それに加えて寝る前の水分の取り過ぎ
やアルコールの摂取や塩分の取り過ぎ
などによってより寝起きの顔のむくみが
酷くなってしまうので注意してください。

 

寝不足が肌荒れやニキビの原因に
なってしまうことについてはコチラ
の記事に書いてあります。

その肌荒れは寝不足が原因かも!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ