昼寝の正しい仕方とは!効果を上げる時間帯とオススメの方法!

こんにちは、スイムです。

 

日中に軽く昼寝をすることによって
脳や体をリフレッシュさせて午後の作業の
効率アップをはかることができます。

 

そこで昼寝の正しい仕方とはいったい
どんな寝方なのか寝る時間帯や睡眠時間

 

そして注意しなければいけないことなど
昼寝をしてスッキリと目覚める為に必要な
ことについて調べてみました。

 

理想の昼寝をとって元気に仕事や勉強
などを集中して頑張っていきたいですからね。

 

正しい昼寝の仕方とは

hirunesikata13-1

 

昼過ぎに眠たくなってしまうのは寝不足や
不眠症そして過眠症の症状だけじゃなくて
誰にでも起きてしまう自然現象です。

 

午前中に脳をフル回転させて頑張って
いるのでその疲れなどが出てきて
しまいますし

 

集中力自体も長時間はもたないので
集中力が途切れてしまうことも自然なこと
ことです。

スポンサーリンク

そしてお昼ご飯を食べた後に睡魔に
襲われてしまってウトウトして眠くなって
しまうのですが

 

そんな時は軽く昼寝をとるのが一番
いい方法でその後の活動を元気にして
くれます。

 

昼過ぎに眠たくなってしまう原因や
昼寝の効果についてはコチラの記事に
詳しく書いてあります。

昼に眠たくなる原因と昼寝の効果!

 

そこで昼寝をするのはいいのですが
出来るだけ効率よくいい昼寝をとる為に
正しい昼寝の仕方があります。

 

正しい昼寝の仕方で心がけてほしい
3つのことは

寝る時間帯と睡眠時間
寝るときの姿勢
体をリラックスさせる

 

この3つのことが正しい昼寝の仕方で
大事になってくるポイントです。

 

寝る時間帯と睡眠時間

 

昼寝でもっとも大事になってくるのが
短時間睡眠で10~30分の睡眠で
目を覚まして起きることです。

 

そこで大事になってくるのが昼寝を
している時は第二段階のノンレム睡眠時
に起きることです。

 

ノンレム睡眠とは深い眠り熟睡状態の
睡眠なのですがノンレム睡眠にも
4段階あって眠りについてから

 

ウトウト状態
スヤスヤ状態
ぐっすり状態
深睡状態

 

があって熟睡に入る前の段階がスヤスヤ
状態なのでこのスヤスヤ状態の時に起きる
ようにします。

 

ノンレム睡眠の段階についてはコチラの
記事に詳しく書いてあります。

ノンレム睡眠にも眠りの段階がある!

 

人によってスヤスヤ状態に入る時間帯は
違ってきますがそれがだいたい10~30分
くらいで浅い眠りのノンレム睡眠です。

 

そして昼寝をする時間帯ですがあまり
遅い時間帯に昼寝をしてしまうと
夜の睡眠に影響を与えてしまって眠れなく
なってしまうので

 

夜寝る時間のだいたい8時間以上前に
昼寝をとるようにしてください。

スポンサーリンク

夜12時くらいに寝る場合は
昼の3時前までに軽く昼寝を終わらせる
ようにしてください。

 

寝る時の姿勢

 

寝る時の姿勢というのは昼寝をする場所
や寝方のことなのですが

 

昼寝は10~30分の短い時間
浅い眠りのノンレム睡眠状態で起きなく
てはいけないので

 

夜寝る時みたいに布団に入ってしまうと
ぐっすりと熟睡状態になってしまうので

 

会社にいる時だと椅子に座って机に
うつぶせになって寝たり
車のシートを少し倒して寝たり

 

家にいる時はソファーで寝たりするように
してください。

 

布団に入らずに出来るだけ頭をしっかりと
支えられる状態で寝ることがポイントですね。

 

体をリラックスさせる

 

体をリラックスさせるっていうのは出来る
だけ寝やすい状態を作っていくって
ことです。

 

短時間睡眠なので出来るだけスッと
眠りについていかなくてはいけないので
出来るだけ体をリラックスさせるために

 

ベルトを外したり
ネクタイを緩めたり
靴を脱いだり

 

して体を締め付けているものを出来るだけ
外して血行の流れを良くしてリラックス
出来る状態を作っていってください。

 

寝ている時に突然体が動いてしまう
ジャーキングの症状が起こってしまう
原因についてはコチラの記事に書いて
あります。

寝ていて急に体の一部が動くジャーキング

 

スッキリ目覚める為に必要なこと

 

正しい昼寝の仕方はわかってもらえたと
思いますが昼寝して起きた時に
しっかりと目を覚ますことも大事になって
きます。

 

昼寝をしたけどなかなかすぐに
スッキリ出来ない状態でいるとダメです
からね。

 

そこで昼寝の後にスッキリと目覚める為に
オススメの方法として

 

昼寝前にカフェインをとってから寝る
ようにしてください。

 

カフェインをとることによって眠気を覚ます
ことが出来るのですがカフェインは摂取
してからだいたい30分後に効いてくるので

 

昼寝する前に飲んでおくと起きた時に
カフェインの効果が出始めてくるので
スッキリすることができます。

 

後は顔や手を洗うことによってスッキリ
しますし体温を下げることによって
眠気を無くすことが出来ます。

 

日中に眠気をとる方法についてはコチラ
の記事に詳しく方法が書いてあるので
よかったら参考にしてみてください。

日中に眠気をとる8つの方法!

 

まとめ

 

昼寝の正しい仕方とは!効果を上げる
時間帯とオススメの方法
について書いていきました。

 

お昼過ぎに眠たくなってしまうのは
誰にでもあることで体や脳が疲れている
証拠です。

 

なので少しでも昼寝をすることが
出来る時は仕事や作業の効率アップ
に繋がるので昼寝はオススメです。

 

昼寝は10~30分の短時間睡眠が
大事なポイントになってくるので

 

その為に必要な正しい昼寝の仕方や
寝る時間帯そしてスッキリと目を覚ます
方法など少しでも参考になれば
嬉しいです。

 

昼寝の後に頭痛などの症状が出てしまう
時の原因や治し方についてはコチラの
記事に書いてあります。

昼寝で頭痛の症状が出る原因は!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ