寝不足が続くと太る原因はホルモン!睡眠と肥満の関係!

こんにちは、スイムです。

 

寝不足が続いてしまう睡眠時間が
少なくなってしまうと太りやすく
なってしまうとよく言われます。

 

いったいどうして寝不足が続いて
しまうと太るのかというと
その原因になっているものに
ホルモンの分泌が大きく関係して
きています。

 

睡眠不足によって起こってしまう
ホルモンの分泌の乱れとは
どのようなことなのか

 

睡眠と体重は一見すると関係のない
ことのように思ってしまいますが
睡眠と太ってしまう肥満との
関係について調べてみました。

 

睡眠と肥満の関係

nebusokufutorugenin9-1

 

睡眠不足が続いてしまうと太り
やすくなってしまう肥満になり
やすくなってしまうと言われることが
あります。

スポンサーリンク

一見すると寝ないで起きている時間が
長くなるからその分太るのではなくて
痩せていくんじゃないかな?
って思ってしまいますが

 

実は睡眠不足が続いてしまうと
太りやすくなってしまう肥満に
なってしまうことが多いのです。

 

えーそうなの?っていう感じに
なってしまいますが・・・

 

そこで睡眠と肥満といったいどのような
関係性があるのかっていうと
それは寝ることによって分泌される
ホルモンが大きく関係してきます。

 

寝る事によって分泌されるホルモン
といえば成長ホルモンが真っ先に
思いつきますよね。

 

その成長ホルモンのバランスが乱れて
しまうっていうのも関係してきますし
後はグレリンというホルモンと
レプチンというホルモンも大きく関係
してきます。

 

この3つのホルモンのバランスが乱れて
しまって寝不足によって太りやすく
なってしまう原因を作り出してしまう
ことが多くなってしまいます。

 

成長ホルモンとはいったいどのような
ホルモンなのか睡眠との関係については
コチラの記事に書いてあります。

睡眠に欠かせない成長ホルモンとは!

 

原因となる3つのホルモン

 

寝不足が続いてしまうとホルモンの
バランスが乱れてしまって太り
やすくなってしまう肥満になりやすく
なってしまうっていうのはわかって
もらえたと思います。

スポンサーリンク

そこで成長ホルモンとグレリンと
レプチンの3つのホルモンが乱れて
しまうことによってどうして太り
やすくなってしまうとかというと

 

成長ホルモンの分泌の低下

 

まずは睡眠時間が短くなってしまう
ことによって睡眠中に分泌される
成長ホルモンが少なくなってしまいます。

 

この成長ホルモンは体の疲れを回復
してくれたり骨などを成長させて
くれるホルモンなのですが

 

それと同時に代謝もよくしてくれる
役割もあります。

 

代謝が良くなるとそれだけ体内の
エネルギーを多く消費してくれる
のですが

 

それが少なくなってしまうと消費する
エネルギーが少なくなってしまい
太りやすくなってしまいます。

 

グレリンの分泌が多くなる

 

グレリンというホルモンは
あまり聞いたことがない名前のホルモン
かと思いますが食欲を促進するホルモンです。

 

このグレリンが多く分泌されると空腹感
が強くなってお腹が空いたと脳が判断
してカロリーの高い物を食べたくなって
しまいます。

 

寝不足になってしまうとこのグレリンが
多く分泌されてしまい自然とカロリー
の高い物を食べたくなってしまい
ついつい物を食べてしまいます。

 

レプチンの分泌の低下

 

レプチンというホルモンは
グレリンとは逆の作用があるホルモンで
満腹感を出すホルモンです。

 

このレプチンが多く分泌されること
によってご飯を食べた後に満腹感が
出て物を食べるのを抑制してくれます。

 

寝不足が続いてしまうとこのレプチン
の分泌が少なくなっていってしまいます。

 

つまり睡眠不足の寝不足が続いて
しまうと

成長ホルモンの分泌の低下によって
代謝が悪くなってしまう

グレリンの分泌が多くなってしまい
カロリーの高い物を食べたくなる

レプチンの分泌が少なくなってしまい
満腹感が無くなり物を食べたくなる

 

というホルモンバランスの乱れが
起こりやすくなってしまい
自然と多くの物を食べてしまったりして
しまって肥満になりやすく太りやすく
なっていってしまいます。

 

睡眠不足によって基礎代謝が低下して
しまってお腹周りがぽっこり出て
しまう中年太りの原因を作ってしまう
ことについてはコチラの記事に書いて
あります。

睡眠不足が中年太りに繋がる!

 

まとめ

 

寝不足が続くと太る原因はホルモン!
睡眠と肥満の関係
について書いていきました。

 

寝不足が続いてしまうと
・成長ホルモンの低下
・グレリンの分泌が増える
・レプチンの分泌の低下

 

この3つのホルモンが乱れてしまい
代謝が悪くなってしまいますし
食欲を抑えることが難しくなって
しまいついつい食べてしまうことが
多くなってしまって太っていって
しまうことが多くなってしまいます。

 

なのでホルモンバランスをしっかりと
整えていく為にはしっかりとした睡眠
が必要になってくるので注意してください。

 

太りにくい体を作っていく為にも
睡眠はとても重要ですからね。

 

夜にどうしてもお腹が空いてしまい
眠れない時にオススメの食べ物に
ついてはコチラの記事に書いてある
のでよかったら参考にしてください。

眠れない時に良い食べ物とは!

 

太らない為に過度のダイエットを
してしまうと眠れない状態を作って
しまうことについてはコチラの記事
に書いてあります。

ダイエットが原因で寝れなくなる!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ