熟睡に必要な成長ホルモンと睡眠の関係!時間帯で分泌量が違う

こんにちは、スイムです。

 

熟睡すると体の疲れがとれて朝元気な
状態で目覚めることができます。

 

どうして熟睡すると体がスッキリするのか
というと睡眠中に分泌されている
成長ホルモンのおかげなのですが

 

成長ホルモンとはいったいどんな
ホルモンで睡眠とはどのような関係が
るのか

 

そして成長ホルモンを分泌させる為に
必要な睡眠の種類やピークの時間帯
について調べてみました。

 

成長ホルモンとは

seichouhorumonjikan4-1

 

ぐっすりと寝ないと疲れがとれないよ
っていうのはみんなわかっていると
思いますが

 

どうして寝ると疲れがとれるのかと
いうと睡眠中に成長ホルモンという
睡眠ホルモンが分泌されているからです。

スポンサーリンク

成長ホルモンとはいったいどんな
睡眠ホルモンかというと

  • 疲労回復
  • 細胞の修復
  • 骨を成長させる
  • 代謝を良くする
  • 体脂肪を分解する

このような働きをしてくれるのが
成長ホルモンの役割です。

 

疲労回復によって一日働いて疲れた
体をしっかりとケアしてくれて疲れを
取り除いてくれますし

 

骨を成長させてくれるので身長が伸びたり
代謝を良くしてくれるので健康な体を
作っていくことが出来ます。

 

この成長ホルモンは小さい頃から分泌
されて体を成長させてくれますが
20才を超えたくらいが分泌量のピーク
だと言われていて加齢とともに自然と
分泌量は減っていってしまいます。

 

成長ホルモンはいったいどうやって
体内で作られているのかというと
アミノ酸から作られていて

 

その多くのアミノ酸はタンパク質を摂取して
分解された時に作られるのです。

 

なのでタンパク質を摂取していくことは
とても体の成長には大切なことなのです。

 

睡眠との深い関係

 

成長ホルモンの役割や体にとって
どれくらい大切な物かっていうのは
わかってもらえたと思いますが

 

成長ホルモンは先ほども書きましたが
睡眠中に分泌されます。

 

なので寝ないと分泌されるなくなって
しまうのですが特に熟睡している時
ノンレム睡眠時に多く分泌されるように
なっているのです。

 

睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠の
2種類の睡眠があってぐっすりと
深い眠りに入っている熟睡している時に
しっかりと体をケアしてくれているのです。

 

睡眠の種類についてはコチラの記事
に書いてあります。

ノンレム睡眠とレム睡眠の違いとは!

 

成長ホルモンは睡眠ホルモンと言われて
いるだけあって寝ないと分泌されない
ので睡眠ととても深い関係があって

 

いかに質の良い睡眠をとっていけるか
ぐっすりと安心して熟睡出来る状態を
作っていけるかが大事になってきます。

 

熟睡出来るよりノンレム睡眠の状態を
作り出していく方法についてはコチラ
の記事に書いてあります。

不眠症改善にも繋がる熟睡するには!

 

ピークの時間帯は

 

成長ホルモンは睡眠中に分泌されて
いきますが分泌される時間帯があって
それは夜の10時から朝方の4時くらい
までです。

スポンサーリンク

この時間帯に分泌されるのですが
一番多く分泌されるようになる
ピークの時間帯は夜中の1時から
2時の間がもっとも多く分泌される
時間帯になります。

 

なのでこのもっともピークの時間帯に
しっかりと熟睡出来ていれば多くの
成長ホルモンを分泌させることが
出来るのです。

 

成長ホルモンのゴールデンタイムと
言われる時間帯ですね。

 

そして更に大事なことがあって
睡眠中に成長ホルモンが分泌される
のですが

 

寝始めてからだいたい1時間半~3時間
くらいが一番分泌されやすい状態なので

 

ノンレム睡眠がだいたい90分周期で
訪れてくるからですね。

 

夜中の1~2時の時間帯に睡眠から
3時間経っていることが最も
成長ホルモンを多く分泌させることが
出来る時間帯です。

 

なので逆算していくと夜の11時に
寝ていくのが一番オススメの睡眠時間
になってきますね。

 

成長ホルモンをより多く分泌させる為に
オススメの方法や対策については
コチラの記事に書いてあります。

成長ホルモンの分泌を増やす3つの事!

 

睡眠ホルモンであるメラトニンを
上手く分泌させていく為に必要な事に
ついてはコチラの記事に書いてあります。

メラトニンを上手く分泌させるには!

 

まとめ

 

熟睡に必要な成長ホルモンと睡眠
の関係!時間帯で分泌量が違う
について書いていきました。

 

睡眠が体の疲れをとってくれて
朝元気な状態にしてくれるのは
睡眠ホルモンの成長ホルモンが
寝ている間に分泌されるからで

 

そして深い眠りの熟睡状態の時に
分泌されます。

 

成長ホルモンが分泌される時間帯も
ありますし特にもっとも多く分泌される
ゴールデンタイムが夜中1~2時の間です。

 

なのでその時間帯にしっかりと熟睡
出来ているノンレム睡眠状態に入って
いれるようにすることですね。

 

少しでも多くの成長ホルモンを分泌
させていく為に睡眠の時間帯も参考に
してもらえると嬉しいです。

 

睡眠の質をより良くする為に大事な
4つのことについてはコチラの記事
に書いてあります。

より睡眠の質を高める4つの事!

 

夜中に考え事をよくしてしまい
眠れなくなってしまった時にオススメの
対処法についてはコチラの記事に
書いてあります。

色々考えて眠れなくなった時は!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ