ダイエットが原因で上手く寝れない!睡眠障害や肥満にも注意!

こんにちは、スイムです。

 

ダイエットが原因となってしまって
いてなかなか寝れない上手く眠って
いくことが出来なくなってしまう
ことがあります。

 

そして眠れない睡眠不足によって
不眠症などの睡眠障害になって
しまったり

 

痩せようとしているのに逆に肥満に
なってしまい太ってしまう原因など
にもなるのでダイエットをしている方
は注意してください。

 

せっかく健康的でスリムな体を作って
いく為にダイエットをしているのに
無理な過度のダイエットによって
上手く寝れない状態が続いてしまい
色々な原因を作り出していって
しまうことがあります。

 

ダイエットで寝れなくなる原因

dietnerenaichuui28-1

 

女性はもちろん男性もスマートで
スリムな体型を作っていったり
維持したりするのにダイエットを
している方はとても多いです。

スポンサーリンク

ダイエット自体は食べ過ぎや
飲み過ぎそして運動不足を解消
していくのにとてもいいこと
なのですが

 

過度の食事制限など無理なダイエット
をしていると夜に布団に入っても
なかなか眠れない寝れない状態に
陥ってしまうことがあります。

 

いったいどうして寝れない状態に
なってしまうのかというと

 

オレキシンの分泌量が増える
体内時計が乱れる
ことがダイエットによって起こり
やすくなってしまい寝れない原因に
なってしまっていることが多いです。

 

オレキシンの分泌量が増える

 

オレキシンの分泌量が増えるって
いうのはオレキシンっていうのは
食欲をコントロールする脳内ホルモン

 

空腹の時は分泌量が増えて
お腹が膨れている時は分泌量が減ります。

 

そしてこのオレキシンは覚醒物質とも
言われていて分泌量が多くなると
脳や体が覚醒されていくので目が
覚めていきます。

 

ご飯をいっぱい食べた直後などは
逆に自然と眠たくなってしまうのは
オレキシンの分泌量が低下して
少なくなるので眠たくなってしまいます。

 

食後に眠たくなってしまう原因に
ついてはコチラの記事に書いてあります。

食後によく眠たくなってしまう原因!

 

体内時計が乱れる

 

体内時計が乱れるっていうのは
ダイエットをしている時っていうのは
食事制限をしていてお腹が空いている
状態が長く続いてしまったり

 

食べたい物を我慢していることが
多いのでそれが原因となってしまい
ストレスが多くなってしまいます。

スポンサーリンク

このストレスが多くなってしまうと
体は自然と交感神経が優位な状態が
長くなってしまいリラックス出来る
副交感神経に上手く切り替えて
いくことが出来なくなってしまう
自律神経の乱れに繋がっていって
しまいます。

 

これが原因となってしまい体内時計
が乱れていってしまい

 

体内時計が乱れてしまうことによって
夜になると自然と眠たくなり
朝になると目覚めるっていうリズムが
乱れてしまって夜に眠れない寝れない
状態を作り出していってしまいます。

 

体内時計と睡眠との関係については
コチラの記事に書いてあります。

体内時計の仕組みと睡眠の関係!

 

睡眠障害を引き起こす

 

過度のダイエットによって寝れない
状態になっていってしまう原因に
ついてはわかってもらえたと
思います。

 

しかし過度のダイエットによって
上手く寝れないだけじゃなくて
それが原因となってしまって

 

不眠症
睡眠関連摂食障害
などの睡眠障害にも繋がっていって
しまうことがあります。

 

不眠症

 

不眠症っていうのは上記で書いた
ように布団に入っても上手く寝て
いくことが出来ない寝つきが悪く
なっていってしまう入眠障害って
いう不眠症になりやすくなってしまいます。

 

そして不眠症っていうのは入眠障害
だけじゃなくて夜中によく目を
覚ましてしまう中途覚醒や

 

朝早く目覚めてしまう早朝覚醒
上手く熟睡出来ない熟眠障害という
4つの種類があります。

 

不眠症のそれぞれの種類や症状など
についてはコチラの記事に書いて
あります。

不眠症の4つの種類と症状!

 

睡眠関連摂食障害

 

睡眠関連摂食障害っていうのは
睡眠中に無意識のうちに勝手に
起きて何かを食べてしまっている
障害です。

 

えっそんなことってあるの?
っていう感じでびっくりしてしまう
かもしれませんが

 

無意識のうちに勝手に行動して
しまっているので本人は気づいて
いないだけで実は睡眠関連背食障害
になってしまっていることがあります。

 

睡眠関連摂食障害の原因や治し方など
についてはコチラの記事に書いてあります。

寝ている時に食べる睡眠関連摂食障害

 

肥満になってしまう

 

過度のダイエットによって不眠症や
睡眠関連摂食障害などの睡眠障害に
繋がってしまうことがあるっていう
ことについてはわかってもらえたと
思います。

 

そしてもう一つ注意してほしいことが
ダイエットをして痩せようとして
いるのに寝れない睡眠不足によって
太ってしまう肥満になってしまう
ことがあります。

 

えーどうして睡眠不足が肥満の原因
になってしまうのって驚いてしまう
かもしれませんが

 

睡眠不足によって
成長ホルモンの分泌量の低下
グレリンの分泌量が増える
レプチンの分泌量の低下
などが起こってしまいこれらが
原因となって肥満になってしまいます。

 

成長ホルモンの分泌が少なくなって
しまうと代謝が悪くなってしまいますし

 

食欲を促進するグレリンが増えて
しまうと色々食べたくなっていって
しまいます。

 

そして満腹感を出していくレプチンが
少なくなってしまっているので
これらが原因となってしまって
睡眠不足で肥満になりやすくなって
いってしまいます。

睡眠不足が肥満に繋がる原因!

 

まとめ

 

ダイエットが原因で上手く寝れない!
睡眠障害や肥満にも注意
について書いていきました。

 

適度な無理のないダイエットは良い
のですが無理な過度のダイエットを
続けてしまうと

 

それが原因となって夜に寝れなく
なっていってしまいます。

 

そしてそれが不眠症や睡眠関連
摂食障害などの睡眠障害などにも
繋がっていってしまいますし

 

痩せるはずが何故か睡眠不足によって
肥満になっていってしまうことも
あるのでダイエットをしていく時は
注意してください。

 

夜にお腹が空いた時に軽く食べる
夜食についてはコチラの記事に
書いてあります。

夜食に良い食べ物はコレ!

 

イライラしている時にストレスを
少しでも解消していってくれる
食べ物についてはコチラの記事に
書いてあります。

イライラを解消してくれる食べ物!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ