眠れない時の対処法に読書はオススメ!睡眠効果と注意する事!

こんにちは、スイムです。

 

夜布団に入ってもなかなか眠れない
時がよくあります。

 

そんな眠れない時の対処法として
本を読む読書をすることによって
スッと眠りについていける睡眠効果
があります。

 

いったいどうして読書をすると寝やすく
なるのか読書にはどんな効果があるのか

 

そして読書をする上で注意してほしいこと
や気をつけてほしいこと逆に眠れなく
なってしまうこともあるので寝る前の読書
について書いていきます。

 

眠れない時の状態とは

dokushonereru1-1

 

夜一日の疲れをとる為に布団に
入ってさあ今からぐっすりと寝るぞ
って思っていてもなかなか眠れない
時があります。

 

なんで何も考えないで寝るだけ
なのに眠れないんだろ?
ってイライラしたりしてしまったり
眠れない状態に焦ってしまうこと
がよくあります。

スポンサーリンク

たまに寝つきが悪くて眠れないのなら
まだいいのですがよく眠れなかったり
毎日のようになかなか寝れない
っていうのは入眠障害という不眠症
になってしまっているかもしれません

 

入眠障害の症状や原因などについて
はコチラの記事に書いてあります。

寝つきが悪く寝れない入眠障害

 

そしてそんな眠れない状態の時って
いうのは自分では気づいていないかも
しれませんが無意識のうちに神経が
高ぶってしまっていたり

 

ストレスを溜め込んでしまっていたり
眠れないっていうだけでもかなりの
ストレスを感じてしまいますからね。

 

など様々な原因や理由が重なって
しまっていたりして体だけじゃなく
脳や精神も眠れない状態になって
しまっています。

 

読書がいい理由とは

 

布団に入っても眠れない時の原因や
状態についてはわかってもらえたと
思いますが

 

ではこんな入眠障害になってしまって
いたり寝たいのに眠れなくて布団の
中でゴロゴロしてしまっている時に
どうやったら眠れる状態を作っていく
ことが出来るのか

 

ってことなんですがその方法は
色々ありますがその中でも本を読む
読書もかなり効果があって眠りにつき
やすくなります。

 

えっ読書に睡眠効果があるの?
って思ってしまうかもしれませんが
読書には睡眠効果があるのです。

 

その理由としては

副交感神経が優位になる
ストレスを解消出来る
気持ちが落ち着く
寝る事を一度忘れる

これらのことが読書をすることによって
得られることで睡眠効果をもたらして
くれると僕は思っています。

 

実際に僕も布団に入って寝れない時
は読書などをしているのですが

 

これは少し以外かもしれませんが
読書をすること本を読むことによって
ストレスを減らしていく効果があります。

 

字を見ることによって何かあるのか
っていう詳しい理由はわからないの
ですが結構短時間でストレスを軽減
してくれると言われています。

スポンサーリンク

スマホやゲームなどと違って
ブルーライトを浴びることが無いので
目の疲れも少ないですし

 

本を読むことによって一度寝るって
いう気持ちを忘れることが出来るので
寝なくてはっていうストレスも解消
されますからね。

 

寝ていく為に必要な体の状態に
ついてはコチラの記事に詳しく書いて
あります。

眠りにつく時の体の状態とは!

 

そしてここで注意点があって眠れない
から読書をするっていうと布団に入った
ままで読書をするっていう人が多いと
思いますが

 

布団に入って読書をするのではなくて
一度布団から出てリビングや寝室とは
違う部屋で読書をするようにしてください。

 

布団に入ったままの状態で読書を
してしまうと布団は寝ていく場所って
いうのを体や脳が勘違いしてしまって
眠れなくなってしまうことがあります。

 

オススメの本と気つけること

 

眠れない時は一旦布団から出て
読書をすることによって睡眠効果を
得ることが出来るっていうのは
わかってもらえたと思います。

 

そこでではいったいどんな本を読んで
いけば寝やすくなるのだろうって
いう悩みや疑問が出てくると思います。

 

これは人によってそれぞれ違うと
思いますが僕のオススメの本としては

短編小説
少し内容が難しい本

などがオススメですね。

 

逆に気をつけてほしい物としては

サスペンス物
長編物

などです。

 

サスペンス物や推理小説などは
ついつい本の物語の世界に
引き込まれていってしまい

 

次はどうなるのだろとずっと読み
続けてしまって逆に本から離れられなく
なってしまいますし

 

サスペンス物などはドキドキや
ハラハラ感があってゆっくりと気持ち
を落ち着かせることが出来なくなって
しまうことが多いです。

 

そして読書は苦手だから漫画を
読もうかなっていう場合もあると
思いますが

 

漫画の場合も読みやすくてついつい
いつまでも読んでしまうことが多く
なってしまうので僕はオススメできません。

 

なるべくすぐに読み終わる本や
短編小説そして内容の難しい本
などがオススメですね。

 

内容の難しい本は学生の頃など
教科書を読んでいると眠たくなって
しまうのと同じ感覚ですね。

 

夜中に考え事をしてしまって
なかなか眠れない時の対処法に
ついてはコチラの記事に書いて
あります。

考え事をして眠れなくなった時は!

 

眠れない時に音楽を聴くと寝やすく
なる理由とオススメの曲については
コチラの記事に書いてあります。

眠れない時に効く音楽の効果!

 

まとめ

 

眠れない時の対処法に読書はオススメ!
睡眠効果と注意する事
について書いていきました。

 

布団に入ってもなかなか寝る事が
出来ない時っていうのはとても
辛いですしなんとか早く寝たいと
ずっと考えてしまいます。

 

それが入眠障害などの原因にも
繋がっていってしまいます。

 

なので眠れない時は一度布団から
出て寝る事を一度忘れて読書を
して眠れる状態を作っていく
っていうのもオススメです。

 

夜中に興奮してなかなか寝れない
時にオススメの対処法については
コチラの記事に書いてあります。

気持ちが高ぶって眠れない時は!

 

眠れない不眠症の入眠障害を治して
いく方法についてはコチラの記事に
書いてあります。

入眠障害を減らしていく方法とは!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ