睡眠の質を高めて上げる方法はコレ!快眠や熟睡状態を作る!

こんにちは、スイムです。

 

体や脳の疲れを癒していくのに寝る事
睡眠はとても大事ですが
よりいい睡眠をとっていくには睡眠の質
を高めて上げることが大事です。

 

睡眠の質を向上させるにはいったい
どんな事が必要になってくるのか

 

快眠や熟睡状態を作っていくには
どのようにして眠りについていけば
いいのか

 

睡眠の質を高める為の方法について
調べてみました。

 

寝室の環境も大事ですが寝具なども
とても大事になってきますよ。

 

一番は熟睡状態を作ること

suiminsitu14-1

 

睡眠は体の疲れを回復させてくれたり
脳をリセットして情報を整理するのに
とても大事なものです。

 

不眠症などによって睡眠時間が少なく
なってしまうと日中は体がとても重くて
だるいですし

 

頭がボーっとしてしまって仕事や勉強
など色々な作業をする時に集中力が
低下してしまいます。

スポンサーリンク

なので寝ることはとても大切な事なの
ですがその睡眠も眠りについている
状態によって睡眠の質が変わってきます。

 

睡眠の質というのはいかにして熟睡状態
を作っていけるか安心してぐっすりと快眠
出来る状態を作っていけるかです。

 

どうして良い睡眠の質が大事なのか
熟睡状態の時に体はどうなっているのか
についてはコチラの記事に書いてあります。

睡眠の質とは!なぜ熟睡が必要なのか!

 

睡眠の質を向上させる対策

 

そこで睡眠の質を向上させるには
より安心できて快眠出来る熟睡状態を
作っていくにはどうすればいいのか
っていうことなのですが

 

それには体内時計をしっかりと整えて
いったり適度に運動をして体を疲れ
させてあげたり寝室を寝やすい状態
にしていくことも大事ですが

 

それと同じくらい大事になってくるのが
寝ている時の姿勢や布団や枕などの
寝具です。

 

そこで睡眠の質を高める為の方法として
必要になってくるのは

 

寝ている時の姿勢

布団
布団内の温度

 

この4つの事がとても睡眠の質を高めて
熟睡状態を作っていくのに大切な事
だと僕は思います。

 

寝ている時の姿勢

 

寝ている時の姿勢っていうのは
まずはソファーなどで寝ずに必ず
布団やベッドで寝ることです。

 

布団やベッドで体を楽な状態にさせて
眠りにつくのがまずは大事ですが

 

それと同時に寝ている時の姿勢も
とても重要になってきます。

 

寝ている時の姿勢や寝方によって
体に変な力や圧力がかかってしまう
ことによってリラックス出来ない状態を
作ってしまって眠りが浅くなってしまう
ことがあるからです。

 

僕のオススメの寝方というのは
仰向けになって寝ることなのですが
睡眠と寝方についてはコチラの記事に
詳しく書いてあるのでよかったら参考に
してみてください。

睡眠の質を良くしてくれる寝方とは!

 

 

次は枕なのですがよく枕が変わって
しまうと眠れないっていう人もいる
くらいに枕は睡眠の質と大きな関係を
持っています。

スポンサーリンク

枕が高すぎたり低すぎたりすると
頭を支える為の首に変な力が入って
しまって

 

それが自律神経を刺激してしまって
交感神経がずっと働いてしまい
緊張状態のままになってしまって

 

体を休める為に必要な副交感神経に
切り替わらなくなってしまい浅い眠りの
状態になってしまいます。

 

熟睡出来る睡眠の質を向上させる
のにオススメの枕の選び方については
コチラの記事に書いてあります。

ぐっすりと寝れて休める枕とは!

 

布団

 

布団っていうのは敷布団だったり
掛け布団のことなのですが

 

敷布団ではなく畳でそのまま寝てしま
ったりすると重力によって体の体重が
全て自分自身にかかってしまって
体中が痛くなってしまいますよね。

 

体が痛みを感じているってことは
それだけ大きな負担がかかってしまって
いるので深い眠りに入っていくことは
出来ないですし

 

逆に柔らかすぎる敷布団などは
体重がかかった時に凹み過ぎてしまって
体重を上手く分散させることが出来なく
なってしまって良くありません

 

なので敷布団はある程度弾力性があって
寝ている時に体の姿勢が悪くならない
ものがオススメです。

 

気持ちよくぐっすりと寝ていくのに
欠かせない布団の選び方については
コチラの記事に書いてあります。

体に負担をかけず熟睡出来る布団とは!

 

布団内の温度

 

睡眠中っていうのは体や脳を休める
為に深部温度という体の中の温度は
低くなっています。

 

しかし布団の中の温度が高すぎたり
低すぎたりすると深部温度を一定に
保つことが出来なくなってしまいます。

 

それによって体や脳を安心して休める
ことが出来なくなってしまって睡眠の質
が悪くなってしまいます。

 

なので布団の中の温度はキッチリじゃ
なくていいのですが目安として
だいたい33度くらいにしておくのが
オススメです。

 

安眠出来る寝室の温度や湿度に
ついてはコチラの記事に詳しく書いて
あります。

熟睡出来る温度や湿度とは!

 

睡眠の質を高める為に大切な寝具や
姿勢そして温度などについてはわかって
もらえたと思いますが

 

寝る時の環境や寝室の作り方なども
熟睡するためにはとても大事になって
くるので

 

睡眠の質を向上させる為に欠かせない
寝室の状態についてはコチラの記事
に書いてあります。

熟睡しやすい寝室の環境とは!

 

まとめ

 

睡眠の質を高めて上げる方法はコレ!
快眠や熟睡状態を作る
について書いていきました。

 

よりいい睡眠をとっていくには
睡眠の質を良くしていくことです。

 

その為にはいかに熟睡出来るか
安心して快眠出来る状態を作って
いくことが出来るかが大事になってきます。

 

深い眠りノンレム睡眠の状態を作って
いくのに寝具や寝方などよりリラックス
出来る状態が大切になってくるので
一度自分の寝具や姿勢などをチェック
してみるのに参考になれば嬉しいです。

 

熟睡出来ないノンレム睡眠の障害に
なってしまう物についてはコチラの記事
に書いてあります。

熟睡出来ない原因って何?

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ