敷布団とマットレスの違いは何?メリットとデメリットを比較!

こんにちは、スイムです。

 

気持ちよくぐっすりと寝ていく為には
寝具はとても大切です。

 

そこで新しく布団を買おうと思った時に
敷布団がいいのかそれともマットレスが
いいのか悩んでしまいますよね。

 

敷布団にはどんなメリットがあるのか
マットレスにはどんなメリットがあるのか
そしてデメリットは何なのか

 

敷布団とマットレスの違いを比較して
調べてみました。

 

気持ちいい状態で朝までぐっすりと
寝ていきたいですからね。

 

敷布団とマットレスを比較

sikibutonhikaku7-1

 

ぐっすりと朝まで気持ちよく寝て
いく為には寝具は大事っていうのは
わかっているけどなかなか新しい
寝具を買おうっていう気持ちには
ならないですよね。

 

今使っているのがあるからまだ
いいやっていう感じになってしまいます。

スポンサーリンク

その気持ちは僕も物凄くわかるのですが
やはりいい睡眠をとっていく為にも
新しい寝具を買おうって決めた時に
悩んでしまうことがあって

 

それが敷布団がいいのか
マットレスがいいのか
どっちのタイプを買えばいいのかって
いうことです。

 

いったいどんな違いがあって
それぞれのメリットやデメリットが
気になってしまいますからね。

 

そこで僕が率直に思う比較のポイント
となるメリットとデメリットは

 

敷布団のメリットとデメリット

 

まずは敷布団のメリットですが

 

いつでも簡単に干せる
部屋を広く使える
背筋を伸ばせる
色々な素材を選べる

 

これが敷布団の大きなメリットになって
くると思います。

 

まずは何といっても天気がいい日
とかにいつでも簡単に敷布団を
干していけることですよね。

 

敷布団を干す事によって殺菌効果
もありますし清潔でフカフカした
状態で気持ちよく寝ていくこと
できます。

 

そして敷布団は三つ折りにして
クローゼットなどに収納することが
出来るので部屋を広く使っていく
ことができますよね。

 

敷布団は弾力性がマットレスと比べて
あまり大きくないので体が沈みにくくて
その分背筋を伸ばして寝ていくことが
出来ますし

 

色々な素材の敷布団があるので
自分の好みの素材を選んでいくこと
が出来ます。

 

これらが敷布団の大きなメリットでは
ないかと僕は思います。

 

敷布団のデメリット

 

では敷布団のデメリットとはどんな事が
あるのかというと

 

通気性が悪い
カビなどが生えやすい
弾力性があまりない
ゴミやほこりが入りやすい

 

これらのことが敷布団のデメリットと
して考えられます。

 

通気性が悪いっていうのは敷布団は
どうしてもマットレスと比べると通気性
が悪くなってしまいます。

スポンサーリンク

そして簡単に干すことが出来るのですが
あまり干さなかったり万年床になって
ずっと床や畳の上などに引きっぱなし
にしてしまうとカビなどの原因になって
しまうことがあります。

 

そして弾力性がマットレスと比べると
少ないので寝ている時に体重が
かかってしまって腰痛になってしまう
こともあります。

 

重さを分散させることが出来にくく
なってしまうからですね。

 

後はマットレスと比べると厚みがあまり
ないので床や畳のゴミやほこりが
入りやすくなってしまいます。

 

これらが敷布団を使っていく時の
デメリットになってきてしまうことが
あります。

 

マットレスのメリット

 

では次にマットレスのメリットとは
いったいどんなことがあるのか
っていうと

 

弾力性があり腰痛になりにくい
低反発と高反発を選ぶことが出来る
ほこりやゴミが入りにくい
ひいたままにしておける

 

マットレスは敷布団に比べると弾力性が
あるので体重を上手く分散することが
出来るので腰痛などになりにくい
メリットがあります。

 

そして低反発にするのか高反発に
するのかっていうのも選ぶことが
出来るのでそれによって体の沈み方
も違ってくるので自分の好みに
あった方を選ぶことが出来ます。

 

ある程度の高さもあるのでほこりや
ゴミが入りにくくなっていますし

 

通気性がいいので毎日たたんで
しまうことをしなくていいのでそのまま
の状態にしておくことが出来ます。

 

これは僕の感覚なのですが敷布団が
ひきっぱなしになっていると見た目に
あまり良くないですがマットレスだと
それが普通って感じで気にならない
ですからね。

 

マットレスのデメリット

 

ではマットレスのデメリットとは何なのか
っていうことですが

 

場所をとってしまう
手入れがしにくい

 

っていうのがマットレスのデメリットでは
ないかなって思います。

 

そのままの状態でひいておく事が
出来ますがそれが場所をとって
しまって部屋が少し狭く感じてしまう
ことがあります。

 

そして敷布団と違って簡単に干す
ことなどが出来ないので手入れが
少し面倒になってしまいます。

 

自分に合った方を選ぶ

 

敷布団とマットレスのメリットやデメリット
についてはわかってもらえたと思います。

 

どちらもいいところもあれば少し良くない
ところもあるので自分の生活スタイルや
部屋の大きさそして寝てみた感じで
しっくりとくる方を選んでもらうのが
いいと思います。

 

そして睡眠の質を高めてぐっすりと
寝ていく為には枕もとても大切に
なってくるんで枕の選び方などに
ついてはコチラの記事に書いてあります。

枕選びのポイントとは!

 

まとめ

 

敷布団とマットレスの違いは何?
メリットとデメリットを比較
について書いていきました。

 

一日の約3分の1は睡眠時間です
そしてぐっすりと寝ていくことが脳の
疲れや体の疲れをとってくれて
リフレッシュしていくのに必要な睡眠です。

 

健康で元気に生活していく為に大切な
睡眠をより良くして睡眠の質を高めて
ぐっすりと安眠していく為にも寝具は
大切な物です。

 

そして寝具っていうのはなかなか簡単に
買い替えるっていうことはないですし
特に敷布団やマットレスはそうですからね。

 

その為に少しでも参考になれば嬉しいです。

 

ぐっすりと熟睡していく為に寝室も
とても大切なので安眠できる寝室に
ついてはコチラの記事に書いてあります。

安眠出来る寝室の条件とは!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ