睡眠の質を向上させ熟睡できるオススメの正しい枕の選び方は!

こんにちは、スイムです。

 

ぐっすりと熟睡して疲れをしっかりと
とっていくには睡眠の質を向上させて
いくことが大事になってきます。

 

そこで睡眠の質をより上げる為には
頭をしっかりと支えてくれている枕も
とても重要なポイントになってきます。

 

睡眠の質を向上させる為にどのような
枕で寝て行けばいいのか正しい枕の
選び方とはどんなことを注意して
選んでいくのか

 

オススメの枕の選び方について調べて
みました。

 

熟睡に欠かせない枕

makuraerbi15-1

 

毎日しっかりと寝て睡眠をとっていく
ことは健康で元気に生活を送って
いくのに欠かせないことです。

 

ただ睡眠といっても睡眠時間が長ければ
良い睡眠というわけではなくて

 

いかに体や脳をしっかりと休めて回復
させてリフレッシュすることが出来るか
っていうのが大事になってきます。

スポンサーリンク

つまりどれだけ熟睡出来たか
いかに良い睡眠の質をとることが
出来たかが大事になってきます。

 

睡眠の質とはいったいどういうことなのか
についてはコチラの記事に書いてあります。

いい睡眠の質とはどんな睡眠か

 

そんな睡眠の質を向上させるのに
欠かせないのが毎日使っている布団
や枕などの寝具なのです。

 

睡眠の質を高める方法については
コチラの記事に書いてあります。

睡眠の質を上げて熟睡していくには!

 

そんな中で意外とみんな気になって
いるのが枕ですが

 

なんとなくしっくりこないし寝にくいな
って思ってはいるけど一応寝れている
から今のままでいいかって思って
毎日使っている枕です。

 

しかし睡眠の質を向上させてぐっすりと
深い眠りの熟睡状態を作っていくのに
枕はとても大きな役割を持っています。

 

オススメの枕選びの3つのポイント

 

枕には色々なタイプの枕があって
自分の好みに合った枕を選んで
もらうのが一番落ち着いて眠れるの
ですが

 

正しい枕の選び方としてここだけは
抑えておいてほしいポイントが3つあります。

 

その抑えておいてほしい3つの事
っていうのが

 

枕の高さ
枕の大きさ
枕の硬さ

 

この3つがオススメの正しい枕を選ぶ
時のポイントです。

 

枕の高さ

 

まずは枕の高さなのですが枕は
頭をしっかりと固定して安定させて
いくもので

 

枕が高すぎてしまうと首や肩に大きな
負担がかかってしまって肩こりなどを
起こしてしまいますし

 

枕が高いってことは頭が上に上がり
過ぎてしまっていてアゴが下がって
しまっている状態なので

 

呼吸がしづらくなってしまい眠りが浅く
なってしまったり空気の気道が狭く
なってしまっているのでイビキも出やすく
なってしまいます。

 

そして枕が低すぎる場合は心臓と頭との
高さが同じような位置になってしまって
血液の循環が悪くなってしまったり

 

頭に血液が流れやすくなってしまって
それによって脳が刺激を受けてしまい
交感神経が働いてしまって眠りが浅く
なってしまいます。

 

なので枕の高さっていうのはとても
重要になってくるのですが
選ぶ時のポイントとしては

 

寝て頭を枕に置いた時に頭部と
首と肩がしっかりと設置されて空間
がない状態がいい高さです。

スポンサーリンク

この3点がしっかりと抑えられている
状態っていうのは立っている時の
首の状態とおなじ状態なっているので
一番理想の状態です。

 

枕の大きさ

 

枕の大きさというのは枕の面積って
いうことなのですが

 

なぜ枕の大きさが大切になってくるのか
というと寝ている時っていのは知らない
うちに20回以上は寝がえりをうっています。

 

これは同じ状態で寝ていると下になって
いる部分に血液が溜まってしまう
うっ血してしまうので

 

それを防ぐ為に自然と体は寝がえりを
うって予防してくれているからなのですが

 

この寝がえりをうった時に頭が枕から
落ちてしまったり落ちそうな状態に
なってしまうのを防ぐ為にある程度の
大きさが必要になってきます。

 

じゃ思い切りデカい枕を買えばいいのか
なって思いますが枕ばかり大きくても
なんとなく違和感を感じてしまうので笑

 

目安の大きさとしては頭3つ分の大きさ
あれば大丈夫だと思います。

 

左右に寝がえりをうった時にしっかりと
頭が枕に乗っかっている状態ですね。

 

そうすれば寝がえりによって頭が落ちて
しまうこともないので安心して深い眠り
の状態を続けることが出来ます。

 

枕の硬さ

 

最後は枕の硬さなのですが
枕の硬さっていうのは人それぞれ自分
の寝やすい硬さがあるので自分の
一番落ち着く硬さがいいのですが

 

変に硬すぎたり柔らかすぎる枕の
硬さには注意してください。

 

硬すぎる枕は頭を乗せても全く
沈まないのでその分枕の高さが高く
なってしまいますし

 

逆に柔らかすぎる枕は沈み過ぎて
しまって枕が低い状態になって
しまいます。

 

そうなってしまうと最初に書いた
枕の高さによって起こってしまう
症状などに繋がってしまうので注意
してください。

 

この3つのポイントが枕を選ぶ時に
気を付けてほしいポイントですね。

 

枕の素材なども色々ありますが
これはそれぞれによって質感だったり
乾燥だったり放湿性だったりと色々な
特徴があるので自分が好きな物を選ぶ
のがオススメだと思います。

 

ぐっすりと安眠できる寝室の湿度や
温度についてはコチラの記事に
書いてあります。

寝やすい状態を作る寝室の温度!

 

寝ている時にイビキがうるさいよ
凄かったよってよく言われる時に注意
したい睡眠時無呼吸症候群については
コチラの記事に書いてあります。

睡眠時無呼吸症候群の様々な症状は!

 

まとめ

 

睡眠の質を向上させ熟睡できるオススメ
の正しい枕の選び方は
について書いていきました。

 

より睡眠の質を高めるにはぐっすりと
安心してリラックスできる状態を作って
熟睡しやすくしてあげることです。

 

枕も自分の体格などにあった枕を
使っていくことによって首などにかかる
負担などを解消して

 

より熟睡しやすい状態を作っていく
ことが出来るのでその為に欠かせない
3つのポイントを書いていきました。

 

枕一つで大きく睡眠の質は違って
くるのであまり枕が自分にあっていない
なって感じている時は枕選びの参考に
少しでもしてもらえると嬉しいです。

 

リラックスして寝ていくのに大切な寝室
作りについてはコチラの記事に書いて
あります。

安眠や熟睡出来る寝室とは!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ