ぐっすり寝れる姿勢とは!正しい寝方で睡眠の質を改善する!

こんにちは、スイムです。

 

ぐっすりと寝れる姿勢とはいったいどんな
姿勢なのか

 

寝方には仰向けや横向き、うつ伏せ寝など
人によってそれぞれ寝方は違いますが
理想の正しい寝方とはいったいどんな
寝方なのか

 

睡眠の質をより良くして体の疲れをとって
くれてぐっすりと寝ていける姿勢について
調べてみました。

 

寝方を変えることによって睡眠の質を
改善していくことができますからね。

 

睡眠と姿勢の関係

risounekata1-1

 

寝る時の姿勢というか寝方というのは
小さい頃からこの寝方が一番寝やすい
っていう姿勢がありますよね。

 

無意識のうちにもうその寝方になって
いるってことが多いですが実は睡眠の質
と姿勢は大きな関係があるのです。

スポンサーリンク

睡眠は一日フル回転で活動していた
脳や体をリセットして疲れを癒して回復
させて

 

また次の日も元気な状態で活動出来る
ようにしてくれるとても大切なものです。

 

睡眠の役割についてはコチラの記事に
詳しく書いてあります。

睡眠の必要性と睡眠時間!

 

睡眠の大切さについてはわかってもらえ
たと思いますが寝る時の姿勢によって
睡眠の質が変わってきたり体の疲れの
とれぐわいが違ってくるのです。

えっ寝方によって睡眠の質や体の疲れ
のとれぐわいが変わってくるの?
って思ってしまいますが

 

その最も重要なポイントとしていかに
体がリラックスできる状態で寝ているかです。

 

寝る時の姿勢としては大きく分けて
3つあります。

 

横向きで寝る
うつ伏せで寝る
仰向けで寝る

 

この3つの寝方がありますがこの3つの
寝方で一番体がリラックスできる姿勢
というのは仰向けで寝ることです。

 

横向きで寝ると重力によって左右どちら
かに体の重さがのしかかってしまって
体をリラックスさせることが出来ません

 

下になっている方の腕が体重によって
痺れてしまうってことなどもよくありますからね。

 

そしてうつ伏せ寝ですが一見体の重さは
均等になっているように思いますが
お腹が下になってしまっているので腰を
痛めやすくしてしまったり

 

呼吸がしにくくなってしまったりお腹が
圧迫されて食べた物を吐き出してしまう
危険性があります。

 

後意外かもしれませんがうつ伏せで寝ると
顎が圧迫されて歯並びなども悪くなって
しまうことがあります。

 

一見横向きで寝るのもうつ伏せで寝る
のも仰向けで寝るのも変わらないと
思っていますが一番オススメの寝方は
仰向けで寝ることです。

スポンサーリンク

寝る時の姿勢が悪いと体や手足が
急に痙攣を起こしてしまうジャーキング
にもなりやすいですしね。

 

ジャーキングについてはコチラの記事
に書いてあります。

寝ている時に瞬間的に痙攣を起こす症状

 

理想の正しい寝方は仰向け

 

ではどうして仰向けで寝るのがが理想
の正しい寝方なのかというと

 

仰向けで寝ることによって体が重力に
よってかかる重さを足、お尻、背中、頭
バランスよく重さを均等に分散出来ます。

 

左右どちらかに体重がのしかかることが
ないので圧迫されずに血液の循環も
よくなります。

 

この状態になることによって睡眠中に
体がゆがんでしまうことも少なくなり
とてもリラックスできるようになって

 

ぐっすりと良い睡眠に入っていくことが
出来て体の疲れをより回復させていく
ことが出来るようになります。

 

お腹が上になっていることによって
腹式呼吸がしやすい状態になるので
副交感神経が優位になりやすい状態も
作っていくことが出来ますからね。

 

鼻から息を吸ってお腹に空気を溜めて
ゆっくりと口から空気を吐き出していく
呼吸法が腹式呼吸ですからね。

 

そしてもう一つ仰向けで寝ることに
よってよりぐっすりと寝ていける理由として

 

寝る時には体の中の体温である
深部体温が低くなってくるのですが
仰向けで手足を軽く開いた状態が
一番深部体温を下げるのに効果的な
姿勢になってくるのです。

 

深部体温が下げることによって自然と
眠たくなってきますからね。

 

深部体温を下げるのにお風呂もとても
効果があることについてはコチラの
記事に書いてあります。

お風呂が睡眠に欠かせない理由とは!

 

そしてこれは少し余談なのですが
僕が前にスポーツジムでヨガを習って
いた時に

 

呼吸を整えて体を一番リラックスさせる
方法として仰向けに寝て手足を軽く
伸ばして開いて腹式呼吸をしてしていました。

 

それだけ一番体がリラックスできる状態
ってことですよね。

 

痛みなどを感じる時

 

理想の正しい寝方というのは仰向けに
なって寝ることですがここで注意して
ほしい事があって

 

腰痛で辛い思いをしている人や
イビキがうるさくて睡眠時無呼吸症候群
の症状などがある場合や

 

仰向けで寝ることによって痛みなどを
感じてしまう場合などは無理に仰向けに
なって寝る必要はありません

 

仰向けになって寝ることによって症状
などが悪化してしまったり逆になかなか
寝れなくなってしまいますので

 

理想の正しい寝方は仰向けですが
これはあくまでも何も痛みなど症状が
無い時にオススメの姿勢なので
症状が和らぐ横向きなどで眠ってください。

 

色々な不眠症の原因にもなってしまう
睡眠時無呼吸症候群の症状については
コチラの記事に書いてあります。

睡眠時無呼吸症候群の様々な症状!

 

まとめ

 

ぐっすり寝れる姿勢とは!正しい寝方で
睡眠の質を改善する
について書いていきました。

 

自分にとって一番寝やすい姿勢や
寝方などがありますが

 

一番体をリラックスさせてくれてぐっすりと
寝ていけるのは仰向けで寝ることです。

 

今まで仰向けであまり寝ていなかった
人は最初仰向けで眠っていくのに
少し抵抗があるかもしれませんが

 

より体をリラックスさせて睡眠の質
自体を良くして気持ちよくぐっすりと
寝ていくようにしてみてください。

 

ただ先ほども書きましたが何か症状や
痛みなどがある時は自分が一番
寝やすい姿勢で寝るのが一番なので
無理に仰向けになって寝る必要はないです。

 

理想の正しい姿勢での寝方の参考に
してもらえれば嬉しいです。

 

より安眠や快眠出来てぐっすりと寝て
疲れをとっていくのに欠かせない
睡眠の質を向上させる方法については
コチラの記事に書いてあります。

睡眠の質を向上させるのに方法とは!

 

なかなか眠れない時にオススメの
寝やすい状態を作ってくれる飲み物
についてはコチラの記事に書いて
あります。

スッと眠りにつけるオススメの飲み物!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ