睡眠に風呂が必要な理由とは!ぐっすり寝る為の脳と体の準備!

こんにちは、スイムです。

 

睡眠に欠かせないのが夜寝る前に
お風呂に入ることというのをよく
聞くと思います。

 

いったいどうして睡眠にお風呂が
必要なのか

 

ぐっすり寝る為に入浴中に脳や体が
どのような状態になっているのか

 

質のいい睡眠やぐっすり寝る為に
睡眠とお風呂の関係性について
調べてみました。

 

お風呂に入ることによって脳や体は
しっかりと寝る為の準備をしていますよ。

 

睡眠と入浴の関係とは

suiminfuro20-1

 

よく気持ちよくぐっすりと寝る為
には夜寝る前にお風呂に入りなさい
と小さいころから言われました。

 

お風呂に入ることによって体を
温めて疲れをとってくれるよ
って言われましたが

 

実は寝る前にお風呂に入って
入浴するのは

深部体温を下げる為
体をリラックスさせる為

 

という大きな2つのことを行う為に
夜寝る前にお風呂に入るのが必要
になってくるのです。

スポンサーリンク

深部体温っていったいどんな体温
なのかというと体の中の体温って
ことなのですが

 

よく風邪をひいた時などに体温計で
体温を計りますがその体温というのは
体の表面温度で

 

それとは違って深部体温とは体の中
の温度のことをいいます。

 

少し紛らわしいですが深部体温は
普通はだいたい37度くらいと言われて
います。

 

睡眠とは脳を休ませることが一番
大きな目的なのですが脳が活動して
いる日中っていうのは深部温度は
37度くらいになっています。

 

そして睡眠中というのは脳の活動を
休ませるためにこの深部温度は
低くなります。

 

なので睡眠中は体温が下がっている
状態になるのですがどうして脳を
休ませなくてはいけないのか
についてはコチラの記事に書いて
あります。

睡眠が必要な理由って何?

 

温かいお湯に入浴することによって
まずは深部温度は上がってきます。

 

深部温度が上がってくると体の中が
温まってくるので汗をかいてくる
ので汗をかいてくると深部温度が
上がってきたなっていうサインですね。

 

あれ?深部温度を下げる為にお風呂
に入るのではないのって思ってしまい
ますが
それについては後で書いていきますね。

 

そしてお風呂にゆっくりとつかる
事によって体はリラックス状態に
なってくるので

 

このリラックス状態というのは
自律神経が副交感神経
切り替わってきます。

 

寝る為には自律神経が副交感神経
を優位な状態にしておかなくては
いけないですからね。

 

寝る状態を作っていくのに必要な
リラックスと血行についてはコチラの
記事に書いてあります。

睡眠状態に欠かせないリラックスと血行!

 

一番大切な事は深部体温

 

お風呂に入って体を温めることに
よってまずは深部体温が上がって
くると先ほど書きました。

 

もともと深部体温というのは
日中に活動している時
脳や体を動かしている時は先ほども
書きましたが37度くらいです。

 

その深部温度がお風呂に入って入浴
することによって高くなります。

 

その高く上がった深部体温は入浴後
には下がってきます。

 

これは体内の熱を外に発散させようと
しているからでこの時表面温度は
高くなってきます。

スポンサーリンク

体内の熱を発散させているので
その熱が皮膚の表面を熱くさせて
いるのですが

 

子供などがよく眠たくなった時に
体を触ってみると温かい状態になって
いるのは

 

寝る為の準備をするためにこの
深部温度を下げようとして熱を
発散させているから表面温度が
高くなっているのです。

 

このように深部温度はもともと
寝る為に自然と体温を下げる機能
を持っているのですが

 

それをよりスムーズにする為に
お風呂に入って深部温度を一度
高くしておいて

 

入浴後により下がりやすくする為に
お風呂に入っているのです。

 

お風呂に入った後に眠たくなって
くるのはこの深部温度が下がって
くるからですね。

 

そして副交感神経が優位になって
いてリラックス状態になっている
ので

 

そのまま気持ちよくぐっすりと
寝ていくことが出来るのです。

 

深部温度は寝ている時は下がって
いますが起きる時には脳が活動を
始めるのでまた体温は高くなって
きます。

 

よりぐっすりと寝る為のオススメの
入浴方法についてはコチラの記事
に書いてあります。

寝やすい状態を作るお風呂の入り方!

 

まとめ

 

睡眠にお風呂が必要な理由とは!
ぐっすり寝る為の入浴とは
について書いていきました。

 

睡眠中というのは脳と体が
交互に休んでいる状態で
ぐっすりと寝ているノンレム睡眠
の時は脳が完全に休んでいます。

 

このノンレム睡眠に入る為には
深部温度をしっかりと下げて
脳の活動を休ませてあげなくては
いけないので

 

その深部温度を下げやすくして
あげる為の手助けとしてお風呂に
入ってより体温を下げやすくして
いるのです。

 

これが寝る前にお風呂に入ると
ぐっすり寝やすい状態になる
と言われている理由ですね。

 

入浴後により寝やすい状態を作って
いく為のオススメお入浴については
コチラの記事に書いてあります。

入浴の効果を高める方法は!

 

ぐっすり寝ている状態の
ノンレム睡眠についてはコチラ
の記事に書いてあります。

脳を休ませる4段階のノンレム睡眠!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ