睡眠改善に効果大!ぐっすり寝る為のオススメの入浴方法とは!

こんにちは、スイムです。

 

睡眠とお風呂はとても深い関係性が
あります。

 

毎日のお風呂の入り方入浴方法を少し
変えてみるだけでより質のいい睡眠
ぐっすりと寝ることが出来るようになる
ことに繋がっていくので

 

不眠症を治したい時や睡眠改善を
していきたい時にオススメで効果の
高い入浴方法について書いていきます。

 

お風呂には毎日入るので重要な
ポイントですよね。

 

睡眠改善に欠かせないお風呂

nyuyokuhouhou21-1

 

毎日寝るのと同じように毎日夜寝る前に
体を綺麗にして一日の疲れを癒す為に
お風呂に入りますよね。

 

そんなお風呂ですがお風呂に入ること
によって得られる効果というのは

体を温める
体をリラックスさせる

 

この2つのことがお風呂に入って特に
得られることが出来ます。

スポンサーリンク

実はこの2つの効果が睡眠にとても
大きく関係していて

 

体を温める深部温度が高くなる
体をリラックス副交感神経が働く

 

このような状態にお風呂に入って
入浴するとなってきます。

 

そして入浴後湯船から上がった後は
温まった深部温度が徐々に下がって
きて体の体温が下がり始めて

 

寝る為に必要な体温の低下と副交感神経
の働きによって気持ちよくぐっすりと寝て
いける状態になります。

 

これが睡眠にお風呂は欠かせないもの
だよって言われている理由ですが
深部体温とは何か睡眠とお風呂の関係
について詳しくはコチラの記事に書いて
あります。

睡眠にお風呂が欠かせない理由とは!

 

寝やすくなる入浴方法とは

 

お風呂に入ることによって体が寝やすい
状態になってくるっていうのは
わかってもらえたと思いますが

 

そのお風呂の入り方にもより睡眠の
質を良くするぐっすりと寝れるように
なる為の効果的でオススメの入浴方法
があってそれが

 

お風呂に入る時間帯
湯船のお湯の温度
入浴時間

この3つが大きなポイントになってきます。

 

お風呂に入る時間帯

 

まずはお風呂に入る時間帯ですが
夜お風呂に入ることが多いと思い
ますがそれが正解です。

 

一日の疲れをとって綺麗な状態で
スッキリと寝たいですからね。

スポンサーリンク

そして一番大事になってくる時間帯
ですが一番効果大でオススメの時間帯が
寝る約2時間前にお風呂に入ることです。

 

どうして約2時間前が一番オススメ
なのかというとお風呂に入ることによって
深部温度が高くなりますよね

 

その深部温度が入浴後に徐々に
下がり始めてきて体温が下がるまで
少し時間がかかってしまうので

 

その体温が下がるまでに約2時間くらい
必要になってくるからです。

 

これは人によっても違ってきますし
お湯の温度によっても違ってきますが
だいたい寝る2時間前に入浴してください。

 

寝る直前に入ってしまうと深部温度が
まだ高いままなので布団に入っても
なかなか寝れない状態になってしまう
ので注意してくださいね。

 

湯船のお湯の温度

 

次は湯船のお湯の温度ですが
人によって熱いのが好きだったり
ぬるいのが好きだったりしますが
僕は少し熱い方が好きですが笑

 

湯船のお湯の温度は40度前後
だいたい38~40度くらいの
少しぬるいのではって思うかも
しれない温度がベストです。

 

これは40度以上の高い温度に
してしまうと熱さから交感神経が優位な
状態になってしまうからです。

 

朝眠たい時に少し熱めのシャワーを
浴びるとスッキリして眠気が無くなる
のは熱さから交感神経が優位になって
体が興奮状態になりからですね。

 

そしてぬる目がいいからといって
38度以下とかにしてしまうと今度は
ぬる過ぎて体が温まらずに風邪など
引きやすくしてしまので注意してください。

 

入浴時間

 

最後は入浴時間なのですが
あまり長い時間お風呂には入らない
っていう人も多いかと思いますが
20~30分は入っていてください。

 

簡単な目安としては
40度のお湯だと20分くらい
38度のお湯だと30分くらい
って感じで僕は入っています。

 

短くなってしまうとそれだけ深部温度
が高くならないですしゆっくりと
お風呂に入ることによって体の疲れも
とってくれて

 

よりリラックス効果が出てきて副交感神経
を優位にしてくれますからね。

 

後長すぎてしまう入浴もお湯の温度が
下がってきてしまうので注意してくださいね。

 

半身浴なども少しぬるめのお湯で
20~30分くらいがいいと言われて
いますからね。

 

なので
入浴は寝る2時間前
お湯の温度は38~40度
入浴時間は20~30分
がぐっすり寝る為にオススメで効果大
の入浴方法になります。

 

後はより入浴中にリラックスするのに
少しお風呂の照明を落としたり
アロマなどを使うのもいいですね。

 

入浴中によりリラックス状態を作って
いく方法や眠りに入りやすい状態を
作っていく入浴方法については
コチラの記事に書いてあります。

入浴の効果を高める5つの事!

 

お風呂から上がった後に眠りやすく
なるツボを押してあげるのも睡眠には
オススメなので効果があるツボについて
はコチラの記事に書いてあります。

睡眠に効果があるツボとは!

 

まとめ

 

睡眠改善に効果大!ぐっすり寝る
為のオススメの入浴方法とは
について書いてきました。

 

お風呂に入ることは本当に睡眠に
とってはいいことで大切な事です。

 

毎日お風呂に入るからこそ少しでも
より寝やすい状態を作っていく
睡眠改善になる入浴方法で入って
いきたいですからね。

 

その為に睡眠にオススメの入浴方法
をよかったら参考にしてみてください。

 

暑い夏や寒い冬などでお風呂の温度
を変えると思いますがその時も
入浴時間を変えるようにしてください。

 

気持ちよく寝ていく為には寝やすい
環境も大事になってくるので眠り
やすい寝室についてはコチラの記事
に書いてあります。

ぐっすり安眠出来る寝室とは!

 

適度な体の疲れていないと不眠症
の原因になってくるので運動と睡眠
の関係についてはコチラの記事に
書いてあります。

不眠症解消に運動がカギ!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ