40代から注意したい加齢によってぐっすり寝れなくなる原因!

こんにちは、スイムです。

 

40代に入ってから今までとは違って
ぐっすりと寝れなくなってしまう
ことが急に多くなってしまったり
してしまうことがあります。

 

その睡眠の質を悪くしてしまっている
原因として加齢によって起こりやすく
なってしまう症状が関係していること
が多いです。

 

いったいどうして加齢によってぐっすり
と寝れない眠りが浅くなってしまったり
して睡眠の質が低下してしまうのか
その原因について調べてみました。

 

40才を過ぎてからぐっすり寝れない

kareinerenaigenin3-1

 

40才を過ぎたくらいから急に今までは
布団に入るとすぐに眠れていたり
ぐっすりと朝まで目を覚まさずに
寝ていたのにそれが出来なくなって
しまうことが多くなってしまうことが
あります。

スポンサーリンク

そんな上手く寝れないぐっすりと
熟睡して寝ていくことが出来ない
睡眠の質が低下してしまうことに
よって

 

体が怠くなりやすくなってしまったり
仕事ややらなくてはいけないことに
集中出来なくなってしまったりして
しまうことが多くなってしまいます。

 

そのようなぐっすりと寝ていくことが
出来なくなってしまう大きな原因の
一つに歳をとってしまって加齢に
よって起こりやすくなってしまう
体の変化などがあります。

 

注意したい睡眠を悪くする原因

 

40才を過ぎたくらいから加齢によって
上手くぐっすりと寝ていくことが
出来にくくなってしまうことが多い
ということについてはわかってもらえた
と思います。

 

そこで加齢によっていったいどんな
ことが起こりやすくなってしまって
上手く寝ていくことが出来なくなって
しまうのか原因となってしまっている
物はどんなことがあるのかっていうと

 

メラトニンの分泌量の低下
更年期障害によって
体内時計の乱れによって
中年太りや肥満によって
体の疲れが少なくて

などのことが加齢によって起こり
やすくなくなってしまうことが
原因にあります。

 

メラトニンの分泌量の低下

 

メラトニンの分泌量の低下って
いうのは加齢によって自然と
若い頃とは違ってメラトニンと
いう睡眠ホルモンの分泌量が
低下して少なくなってしまいます。

スポンサーリンク

メラトニンが多く分泌される
ことによって自然と体は眠たくなって
くるのですがその分泌量が少なく
なってしまうと上手く眠れなくなって
しまいます。

 

これは加齢によってどうしても
分泌量っていうのは少なくなって
きてしまうのですが

 

それ以外にもストレスを多く溜め込んで
しまうことによっても起こりやすく
なってきてしまいます。

 

メラトニンっていうのは夜に分泌される
ホルモンなのですが日中にセロトニンと
いう物質を分泌させることによって
多く分泌されるようになっているのですが

 

このセロトニンはストレスを多く
感じてしまっている時っていうのは
分泌量が少なくなってしまうので
自然とメラトニンの分泌量は更に
少なくなってしまいます。

 

40代っていうと仕事のストレスや
家庭でのストレスなど知らないうちに
今までよりも多くのストレスを
感じてしまうことが多いですからね。

 

更年期障害によって

 

更年期障害によってっていうのは
40代を過ぎたくらいから
女性は女性ホルモン
男性は男性ホルモン
の分泌量が低下してきてしまいます。

 

この女性ホルモンや男性ホルモンの
分泌量が少なくなってしまうことに
よって更年期障害を起こしやすく
なってしまい

 

体温調整が上手く出来なくなって
しまったりイライラすることが多く
なってしまい自律神経が乱れて
しまったりなどの症状を起こして
しまい上手く眠れない状態を作り
出していってしまいます。

 

更年期障害の様々な症状や原因となって
しまっていることについてはコチラの
記事に書いてあります。

更年期障害の原因と睡眠との関係!

 

体内時計の乱れによって

 

体内時計の乱れによってっていうのは
体内時計が正常に機能していることに
よって体は自然とそろそろ寝る時間
だなって感じたり起きる時間だな
っていうのを確認しています。

 

この体内時計が乱れてしまうことに
よって体はまだ寝る時間じゃないと
判断してしまって寝る為の準備を
しなくなってしまいます。

 

乱れてしまう原因としてストレスや
睡眠ホルモンであるメラトニンの
分泌量の低下などがあります。

 

体内時計の乱れを作りやすくして
しまう大きな6つの原因については
コチラの記事に書いてあります。

睡眠に影響する体内時計が乱れる原因

 

中年太りや肥満によって

 

中年太りや肥満によってっていうのは
加齢によってどうしても基礎代謝などが
低下したり悪くなってしまったりして
中年太りや肥満などになりやすくなって
しまいます。

 

中年太りや肥満になってしまうと
どうしても脂肪が増えてしまい
その脂肪が首や喉などにもついて
しまって空気の流れを悪くして
睡眠時無呼吸症候群になりやすく
なってしまいます。

 

それによってイビキが酷くなって
しまったり夜間頻尿などになり
やすくなってしまって眠りが浅くなって
しまって夜中に起きてしまうことが
多くなってぐっすりと朝まで寝ていく
ことが出来なくなってしまいます。

 

睡眠時無呼吸症候群の色々な症状など
についてはコチラの記事に書いて
あります。

その症状睡眠時無呼吸症候群かも!

 

体の疲れが少なくて

 

体の疲れが少なくてっていうのは
若い頃と違って40才を過ぎてくると
意識して体を動かして運動するって
いうことがどうしても少なくなって
きてしまいます。

 

目や頭はフル稼働して疲れているけど
体自体の疲れが少ないとどうしても
上手く眠れなくなってしまったり
してしまいます。

 

そして体を動かさないことによって
セロトニンの分泌量が減ってしまい
メラトニンの分泌量が低下していって
しまうので更に上手く眠れない状態に
なっていってしまいます。

 

まとめ

 

40代から注意したい加齢によって
ぐっすりと寝れなくなる原因
について書いていきました。

 

40代を過ぎたくらいから加齢に
よってどうしても睡眠の質が悪く
なってしまったりぐっすりと
寝ていくことが出来なくなって
しまうことが多いです。

 

それは自然とメラトニンの分泌量が
少なくなっていってしまうっていう
こともありますが

 

そのメラトニンの分泌量を更に少なく
してしまっている原因や更年期障害や
睡眠時無呼吸症候群などもあるので
注意してください。

 

自分では気づかないうちになって
しまっていることも多いので
気をつけるようにしてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ