夏の熱帯夜で暑くて寝れない時にオススメの寝る対策はコレ!

こんにちは、スイムです。

 

夏の熱帯夜の時期っていうのは
暑くてなかなか寝れなくてどうしても
睡眠不足が続いてしまいます。

 

そんな寝苦しい夜に寝やすい状態
を作ってスッと寝ていく為のオススメの
対策について調べてみました。

 

どうすれば眠りにつきやすくなるのか
暑くて寝れない原因となっているのは
何なのか

 

暑くて眠れない夏の夜を快適にして
快眠していきたいですからね。

 

夏の夜が寝苦しくなる原因は

netaiyataisaku23-1

 

一年を通してもっとも寝不足になり
やすい時期っていうのは夏の夜
ですよね。

 

夜でも気温が25度を越えてしまう
熱帯夜などは暑くて布団に入っても
なかなか眠りにつくことが出来ずに
イライラしてしまいます。

スポンサーリンク

暑くてストレスが溜まるのもありますが
眠れないストレスもかなり大きいですよね。

 

そんな夏の夜の熱帯夜に眠れなく
なってしまう暑さの原因というのは

気温が高くて
湿度が高くて

っていう2つのことが重なってしまって
眠れない寝にくくなってしまう状態を
作ってしまっています。

 

ついついどうしても気温が高いので
暑くて眠れないって思ってしまいますが
実は湿度も大きな原因となってしまって
いるのです。

 

湿度が高くなってしまうとどうして眠れなく
なってしまのかというと寝る為に必要な
深部体温を下げにくくなってしまうから
なのですが

 

深部体温とはいったい何なのか
どうして寝る為に体温を下げなくては
いけないのかについてはコチラの記事
に書いてあります。

深部体温とは!寝る時の体の状態は!

 

深部体温については上記の記事で
わかってもらえたと思いますが

 

気温が高いとそれに伴って深部体温を
下げにくくなってしまいますし

 

湿度が高くなってしまうと汗をかきにくい
状態になってしまいます。

 

汗をかくことによってその汗が蒸発して
熱をとっていってくれるので深部体温を
下げることが出来るのですが

 

その汗をかきにくい状態にしてしまうのが
湿度の高さなのです。

 

暑い夏は常に汗をいっぱいかいてしまう
イメージですが湿度が高いと汗をかきにくく
してしまうのです。

 

これが暑いと眠れない状態を作って
しまう原因なのです。

 

寝やすい状態を作るオススメの対策

 

夏の暑い熱帯夜に眠れなくなってしまう
寝苦しくて睡眠不足になってしまう
原因についてはわかってもらえたと
思います。

 

そこでそんな寝苦しい夏の夜をいかに
寝やすくしていく対策としてオススメ
なのが

 

体を冷やすこと
クーラーを使うこと
扇風機を使うこと
シーツを替えること

 

この4つのことが僕のオススメの対策です。

 

体を冷やすこと

 

まずは体を冷やすことなのですが
暑いから体を冷やすのはわかっているよ
って思ってしまいますが

 

実は効率よく体温を下げる場所というか
方法があってそれが首と脇の下を
冷やすことです。

スポンサーリンク

なぜ首と脇の下を冷やすのが効率が
いいのかというと首や脇の下には太くて
大きな血管があるのでそれを冷やすこと
によって体温を下げやすくするのです。

 

なのでタオルにアイスノンや氷などを
入れて寝る前に冷やしてあげると
眠りに入りやすい状態を作っていく
ことが出来ます。

 

クーラーを使うこと

 

次はクーラーを使うことですが
クーラーをつけたまま寝てしまうと
寝起きに体が怠くなってしまったり

 

節電対策としてあまりクーラーは
使わないようにしようと考えて
しまいますが

 

僕はやはり寝苦しさを解消するには
クーラーは使う方がいいと思います。

 

そこでクーラーの使い方なのですが
つけっぱなしにするのではなくて
しっかりとタイマーを使ってください。

 

寝る1時間前くらいからクーラーを
つけてしっかりと部屋の気温と湿度を
下げてもらって

 

眠りについてから3時間後くらいに切れる
ようにセットしてください。

 

なぜ寝てから3時間後がいいのかというと
眠りについてからノンレム睡眠とレム睡眠
を繰り返していきますが

 

最初の3時間がもっとも深い眠りの状態
脳や体を休めるのに熟睡状態を作って
いく時間なので

 

その時間帯をしっかりと寝ていく為に
快適な状態を作っていく為に寝始めて
から3時間がオススメです。

 

後温度設定なのですがこれは個人差
がありますが僕は28度だとあまり
寝やすい状態にならないので26度に
設定しています。

 

しっかりと寝ていく為に寝やすい状態
を作っていくのにクーラーを使って
いますからね。

 

ノンレム睡眠とレム睡眠については
コチラの記事に違いなどが書いてあります。

ノンレム睡眠とレム睡眠の違いとは!

 

扇風機を使うこと

 

扇風機を使うことっていうのはクーラー
は出来れば使いたくないなっていう時
に扇風機を使うことが多いです。

 

そこで扇風機を使うのはいいのですが
扇風機もクーラーと同様にしっかりと
タイマーを使ってください。

 

その時に暑いので窓は開けていると
思いますが窓だけじゃなくて
部屋のドアも開けるようにしてください。

 

防犯上窓は開けたくないって時は
いいのですが空気の流れ道を
作ってあげることによって熱を上手く
逃がすことが出来るのでオススメです。

 

後は首振りにすることによっても
しっかりと空気の流れを作っていくことが
出来ます。

 

シーツを替えること

 

シーツを替えることっていうのは
布団の中の湿度を低くしたり体温を
下げやすくしていくってことです。

 

えっシーツを替えるだけで湿度や
体温を下げることが出来るの?
って思ってしまいますが

 

人間の体というのは背中に多く汗を
かくようになっています。

 

そしてその汗がシーツにつきますが
シーツの吸収性や通気性が悪いと
その汗がそのまま残ってしまいます。

 

なので汗を素早く乾かしてくれたり
しっかりと吸収してくれるもの
いいです。

 

僕が特にオススメするのが
リネン(麻)
ゴザ
ですね。

 

ゴザはすぐにわかると思いますが
リネン(麻)って何?って感じになって
しまいますが

 

リネン(麻)というのは植物の茎の部分を
使っているものなのですが綿などと
違って通気性や吸収量が良くて
すぐに乾きやすいので

 

汗をかいてもすぐに解消してくれるので
布団の湿度が高くなりにくいですし
体温も上がりにくくなるのでオススメです。

 

梅雨の時期などから使っていくのも
とても効果があって寝やすい状態を
作っていってくれると思います。

 

寝るのにオススメの温度と湿度に
ついてはコチラの記事に書いてあります。

寝やすい温度と湿度は!

 

まとめ

 

夏の熱帯夜で暑くて寝れない時に
オススメの寝る対策はコレ
について書いていきました。

 

一年を通してもっとも寝苦しい夜が
夏の熱帯夜です。

 

睡眠不足になって日中の仕事や作業
にも大きな影響を与えてしまったり
暑さと寝苦しさでストレスも多くなって
しまいます。

 

なので夏の暑い寝苦しさの原因となって
いる気温と湿度をいかに下げていくか
寝る為に必要な深部体温をいかに
下げていくかが大事になってくるので

 

寝苦しい夜を減らして眠りにつきやすく
快眠出来るようになる為に少しでも
参考になれば嬉しいです。

 

暑さだけではなく寝やすい安眠出来る
寝室とはどんな寝室がいいのか
についてはコチラの記事に書いてあります。

不眠症を無くす寝やすい寝室とは!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ