【不眠症を治す】睡眠に運動が必要な4つの理由!寝る状態を作る

こんにちは、スイムです。

 

眠れない不眠症を治すのに適度に
体を動かす運動が必要だと言われます。

 

眠りにつきやすい寝やすい状態を
作っていくのにどうして運動が必要に
なってくるのか

 

体を動かすことによって寝れる状態を
作っていく4つの理由とはいったい何か

 

ぐっすりと気持ち良く寝る為に欠かせない
運動について調べてみました。

 

辛い不眠症を少しでも治していきたい
ですからね。

 

運動がもたらす効果とは

nerutameundou27-1

 

睡眠が毎日の生活の中で絶対に
欠かせない理由というのは脳と体を
寝る事によってリフレッシュさせて
疲れをとっていかなければならないからです。

 

つまり脳と体が疲れた状態になっていれば
自然と寝れるようになっていくのですが
どちらか一方が疲れていない状態だと
なかなか自然と寝ていくことが出来なく
なってしまいます。

スポンサーリンク

脳は起きて目を開けている状態で
様々なことを処理してくれていて
疲れが溜まりますが

 

体は適度に動かしてあげないと
疲れを感じることができませんよね。

 

体が疲れていないと眠りにくくなってしまう
原因についてはコチラの記事に書いて
あります。

体が疲れないと寝れない原因は!

 

ではどうやって体の疲れを作っていく
のかっていうとそれは体を意識的に
動かしていくことつまり運動をしていく
ことです。

 

そして運動をすることによって得られる
効果というのは

 

体の疲れ
精神的な安定
自律神経の安定
心肺機能の向上

 

この4つの事が体を動かす運動をする
ことによって自然と得ることが出来る
ようになります。

 

体の疲れ

 

まずは体の疲れですがこれが一番
睡眠には欠かせない物になって
くるのですが

 

上記で書いた体が疲れないと寝れない
原因の記事に書いてありますが

 

体が疲れることによってそれを寝ている
間に修復しようとして成長ホルモンが
分泌されます。

 

成長ホルモンは深い眠りのノンレム睡眠
中に分泌されるのですが疲れが溜まって
いるほど修復と改善が必要になってくる
ので

 

より成長ホルモンを分泌しやすくする
為に睡魔が襲ってきて早く眠りに
つくようにしてくれます。

 

成長ホルモンとはどのようなホルモン
なのかについてはコチラの記事に
詳しく特徴などが書いてあります。

睡眠に欠かせない成長ホルモンとは!

 

精神的な安定

 

次は精神的な安定ですが運動をする
ことによって体を動かすことによって
スッキリ感や爽快感を感じます。

スポンサーリンク

このスッキリ感や爽快感を感じるって
ことはセロトニンが多く分泌されて
いるから感じることが出来るのですが

 

セロトニンについてはコチラの記事に
どのような物なのか書いてあります。

セロトニンとはいったいどんな物なの?

 

運動したらストレスが解消されたりする
のはこのセロトニンが分泌されやすく
なるからですね。

 

この安心感や達成感そしてストレス解消
が精神的な安定気持ちの落ち着きを
もたらしてくれます。

 

自律神経の安定

 

自律神経の安定というのは交感神経と
副交感神経がバランスよく機能して
くれるようになるってことなのですが

 

運動をすることによって体を動かして
活動をするので自然と交感神経が
優位に働きます。

 

交感神経が優位に働くのはわかるけど
それじゃ副交感神経に切り替わりにくい
のではないのかって思ってしまいますが

 

実は適度に体を動かしている運動中と
いうのは酸素を多く取り入れる為に
ゆっくりと深い呼吸をしています。

 

ゆっくりと深い呼吸をすることによって
より多くの酸素を体内に取り込むことが
出来ますからね。

 

このゆっくりと深い呼吸をしている
呼吸法が実は副交感神経を刺激
させる呼吸法

 

副交感神経を呼び起こしていて
交感神経から副交感神経にスムーズに
切り替わる準備をしてくれているのです。

 

睡眠に入るには自律神経が
副交感神経に切り替わってないと
眠りにつくことが出来ないですからね。

 

眠りにつく時に体がどのような状態に
なっているのか睡眠に必要な状態に
ついてはコチラの記事に書いてあります。

睡眠に必要なリラックスと血行とは!

 

心肺機能の向上

 

心肺機能の向上というのは
心というのは心臓の働き
肺というのは肺の働きってことなのですが

 

血液は心臓から送り出されています
この血液が体中に酸素や栄養を運んだり
していますし

 

体温調整も行ってくれていて寝る時って
いうのは体温が低くなっています。

 

これは深部温度といって体内の温度を
低くして体をリラックスさせるために
色々な活動をゆっくりとさせる為なのですが

 

この深部温度を下げるために必要なのが
体温調整をしてくれる血液で血液の循環
が良くないと出来ません

 

そしてこの血液の循環は心臓から
送り出されるパイプの働きが良くないと
血液の循環が悪くなってしまので
心臓の働きはとても重要になってきます。

 

そして自律神経の安定でも書きましたが
ゆっくりとした深い呼吸法で酸素を
取り込むことが大事ですが

 

その吸い込んだ酸素は肺に入って
きますよね

 

つまり肺の働きが良くないとしっかりと
機能していないと酸素を上手く吸い込む
ことが出来なくなってしまいます。

 

なので心肺機能は睡眠にとっても
とても大事な物なのですが

 

運動をすること適度に体を動かすこと
によって心肺機能は向上されてくるので
適度な運動は欠かせないのです。

 

この4つの効果が適度に体を動かす
運動によってぐっすりと寝れる状態を
作っていってくれます。

 

寝る為に必要な睡眠にオススメの
運動についてはコチラの記事に
詳しく書いてあります。

睡眠に効果的な運動と注意点!

 

まとめ

 

【不眠症を治す】睡眠に運動が必要な
4つの理由!寝る状態を作る
について書いていきました。

 

睡眠は脳と体をゆっくりと休めて
疲れをとってリフレッシュさせて
また元気に活動できるようにしていく
為に必要なものです。

 

そして体の疲れは体を毎日動かして
いる時はいいのですがそうではない
場合は意識して適度に運動をして
いかなくてはいけません

 

適度に運動をすることによって
・体の疲れ
・精神的な安定
・自律神経の安定
・心肺機能の向上

 

この4つの効果を大きく得ることが
出来てそれが不眠症を治し寝やすい
状態を作っていくことが出来ます。

 

眠れない時にオススメの簡単な
ストレッチについてはコチラの記事に
書いてあります。

眠れない夜に効果的なストレッチは!

 

睡眠の効果をより高める為に寝る時間
も関係してくるので詳しくはコチラの
記事に書いてあります。

寝る時間によって効果が出やすい

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ