何時に寝るのがいいのか!理想の睡眠で得られる効果の秘密!

こんにちは、スイムです。

 

理想の睡眠とはいったいどんな睡眠
なのか寝ていく時間や睡眠時間など
によって睡眠で得られる効果って
いうのは変わってきます。

 

いったい何時に寝てどれくらいの
睡眠時間が一番からの疲れをとって
くれて脳をリフレッシュしてくれる
のに効果的なのか

 

理想の睡眠時間や得られる効果
の秘密について調べてみました。

 

少しでも良い睡眠をとって朝元気な
状態で一日をスタートして行きたい
ですからね。

 

理想の睡眠とは

nerujikan19-1

 

一日の3分の1は寝ていると言われて
いる睡眠

 

寝る事によって体の疲れを癒してくれたり
頭をスッキリとリフレッシュさせてくれて
一日の疲れを癒してくれるのが睡眠です。

スポンサーリンク

寝る時間が少ないと体は怠い状態
ですし頭も上手く働かなくてボーっと
してしまったりしますからね。

 

なので寝る事睡眠をしっかりととって
いくっていうことはとても重要で大切な
ことなのですが

 

人によって睡眠時間とかはまちまち
ですが理想の睡眠時間というのは
だいたい7~8時間が一番理想の
睡眠時間だと言われています。

 

そう考えるとやはり一日24時間のうち
3分の1は寝なくてはいけないって
感じになってきますよね。

 

どうして7~8時間の睡眠時間が
必要なのかなぜ寝なくてはいけない
のかについてはコチラの記事に
書いてあります。

理想の睡眠時間とは何時間か!

 

何時に寝るのがオススメなのか

 

理想の睡眠時間が7~8時間だと
いうことはわかってもらえたと思いますが

 

では寝る時間はいったい何時に寝れば
いいのだろうって思いますよね。

 

忙しい毎日の生活の中で仕事の関係
などもあり寝る時間帯っていうのは
違ってきたりしてしまいます。

 

そこで理想の寝る時間帯っていうのは
23時には眠りについていく寝ることが
理想です。

 

えっいったいどうして23時に寝ていくのが
理想の寝る時間帯なのって感じですが

 

その理由として

成長ホルモンの分泌
メラトニンの分泌
ノンレム睡眠

この3つのことが関係してくるのです。

 

効果の秘密とは

 

23時に寝る事によって
成長ホルモンやメラトニンの分泌
そしてノンレム睡眠が関係してくる
っていうことなのですが一体どんな
関係があって効果的なのかっていうと

 

成長ホルモンの分泌

 

成長ホルモンの分泌っていうのは
寝ている間に一日の疲れをとって
くれて体を修復させて回復させて
くれるからです。

 

この成長ホルモンの分泌は
夜の22時からだいたい朝方の
4時くらいの間に分泌されている
のですが

 

最も分泌されやすい時間帯って
いうのが夜中の25~26時の間だと
言われています。

 

つまり深夜1~2時の間っていうことですね。

 

なのでこの時間帯にぐっすりと寝ている
ノンレム睡眠の状態に入っていることが
大切になってきます。

 

成長ホルモンの分泌については
コチラの記事に詳しく書いてあります。

睡眠に欠かせない成長ホルモン!

 

メラトニンの分泌

 

メラトニンの分泌っていうのは
メラトニンとは睡眠ホルモンと言われていて
眠りに入るのにとても重要なホルモンです。

スポンサーリンク

メラトニンが眠気を誘ってくれたりする
のですがこのメラトニンは眠りにつく
だいたい1時間くらい前から分泌され
始めて眠りについてから2~3時間後に
更に多く分泌されていきます。

 

メラトニンが多く分泌されればされるほど
より深い眠りのノンレム睡眠の状態に
入っていくことが出来るようになります。

 

メラトニンの役割などについては
コチラの記事に書いてあります。

睡眠ホルモンのメラトニンとは!

 

ノンレム睡眠

 

ノンレム睡眠とは寝ている時の
睡眠状態なのですが
ノンレム睡眠⇒深い眠り
レム睡眠⇒浅い眠り

 

睡眠中はこの2つの状態を繰り返し
ながら行われていっています。

 

そしてノンレム睡眠中が熟睡状態
っていう感じなのですが
このノンレム睡眠中にも眠りの深さの
種類があります。

 

ノンレム睡眠中の眠りの状態や深さに
ついてはコチラの記事に書いてあります。

ノンレム睡眠中の眠りの状態!

 

そんなノンレム睡眠も実は寝始めて
からの前半部分が一番深い眠りの
状態を作っていくことが出来て

 

後半部分つまり寝てから半分以上の
時間が経ってくると深い眠りまで
到達しないようになっています。

 

このように睡眠中に得られる効果
にも一番有効的な時間帯があるの
ですが

 

23時に眠りについていくことによって
メラトニンの分泌量や一番深い
ノンレム睡眠に入っていける時間帯

 

成長ホルモンが一番多く分泌される
時間帯に持ってくることが出来るので
理想の睡眠時間になってくるのです。

 

それだけ体や脳をリラックスさせて
回復させてくれるってことに繋がって
くるのです。

 

23時に眠りにつくようにすれば
朝は6時くらいに起きることが出来て
朝日をしっかりと浴びることが出来て
スッキリと起きれますし体内時計も
正しく機能していくことが出来ますからね。

 

まとめ

 

何時に寝るのがいいのか!理想の
睡眠で得られる効果の秘密
について書いていきました。

 

しっかりとした睡眠時間を確保して
いくことちゃんと寝ていくことは
とても重要なことです。

 

そしてその睡眠中により効果を得られて
体や脳をリフレッシュさせて朝元気な
状態にさせるには23時に眠りについて
いくようにすることがオススメです。

 

絶対にこの時間帯に寝なくては
いけないって思ってしまうとそれが
ストレスになって眠れなくなって
しまったりするので

 

無理などはしなくてもいいのですが
少しでも理想の睡眠がとれるように
心がけてみてください。

 

眠りやすい状態を作っていく為に
お風呂が効果的なことについては
コチラの記事に書いてあります。

お風呂に入って眠れる状態を作る!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ