眠れない最大の原因はストレス!色々な症状で寝にくくなる!

こんにちは、スイムです。

 

眠れない最大の原因を作っている
ものとしてストレスがあります。

 

大小様々なストレスによって寝れない
寝つきが悪くなってしまったり
熟睡出来ていなくて寝ていても
夜中によく目を覚ましてしまったり
などしてしまいます。

 

ストレスがどうして上手く眠れない
原因を作り出していってしまうのか

 

ストレスによって起こってしまう
眠れない色々な症状や睡眠を妨げて
しまう原因などについて書いていきます。

 

眠れない症状の原因となるストレス

nemurenaigenintonarusutoresu10-1

 

眠れない寝てもよく目を覚まして
しまったりして上手く睡眠をとって
いくことが出来ないことがよく
あったり続いてしまっている時の
大きな原因になってしまっている
ものにストレスがあります。

スポンサーリンク

例えば

寝るまでに時間がかかってしまう
眠いのに寝れない
疲れているはずなのに眠れない
熟睡出来ずに夜中に目が覚める

など眠れないといっても色々な種類や
症状などがあります。

 

寝つきが悪くて眠りにつくまでに
長い時間かかってしまいその間
ずっと布団の中で眠れないと悩んで
しまっていたり

 

眠いとずっと思っているのにいざ
寝ようとしてもなかなか眠れなかったり

 

もう疲れているからすぐにでも寝たい
と思っているのに眠れなかったり

 

寝てはいるけどぐっすりと熟睡までの
睡眠状態になれなくて寝ててもよく
目を覚ましてしまっていたりなど

 

これらは入眠障害や中途覚醒という
不眠症とも言われる症状です。

 

こういった入眠障害や中途覚醒に
なってしまう原因というのは
その症状によって色々な原因が
あるのですが

 

その色々な原因がある中でも
これら全てに大きく関係していたり
影響を及ぼしてしまっているものと
してストレスがあります。

 

つまりストレスが眠れない最大の
原因を作り出してしまっている
ことがとても多いです。

 

なかなか眠れない入眠障害の原因に
なってしまっている物については
コチラの記事に書いてあります。

眠れない入眠障害の原因を作る物!

 

寝ても熟睡出来なくてよく目を
覚ましてしまう原因となっている
物についてはコチラの記事に書いて
あります。

熟睡状態を作れなくなる原因は!

 

ストレスが眠りを妨げている

 

眠れない状態や症状などは色々
ありますがその全ての症状に大きく
関係してしまっているのにストレスが
あるっていうことについてはわかって
もらえたと思います。

スポンサーリンク

そこでではいったいどうして
ストレスが様々な眠れない症状の
原因になってしまっているのかって
いうと

 

ストレスにも種類があって
肉体的な疲れなどからくるストレス
精神的な苦痛などからくるストレス
イライラや不安などからくるストレス
など外的ストレスや内的ストレス
ありますし

 

大きなストレスや小さなストレスなど
毎日生活している中で数えきれない
程のストレスを感じていますよね。

 

それらの受けてしまったストレス
などが夜になるととても大きな
ストレスとして自分では気づかない
うちに溜め込んでしまっています。

 

その溜め込んでしまったストレスに
よって

 

神経が乱れてしまう自律神経の乱れ
気持ちが乱れてしまう覚醒物質の乱れ
体内のリズムが狂ってしまう体内時計の乱れ

などを引き起こししまい

 

眠りについていく為に必要な
心も体もリラックスしていくことが
出来なくなってしまったり

 

変に体が興奮状態やイライラして
しまっていたり

 

夜になると分泌される睡眠ホルモン
が上手く分泌されなくて眠たくなく
なってしまったりしてしまい

 

眠れない状態が続いてしまったり
眠れても深い眠りに入っていけずに
熟睡出来なくて目を覚ましやすい
状態が続いてしまったりしてしまいます。

 

ストレスが自律神経や覚醒物質の
乱れを作り出していってしまい
眠れなくなってしまうことについては
コチラの記事に書いてあります。

ストレスが色々な乱れを作り寝れない!

 

肉体的なストレスによる疲労などは
眠れなくて回復させていくことが
出来なくなってしまい更に大きな
疲労となって積み重なっていって
しまいますし

 

精神的なストレスやイライラや不安
などは眠れないことによって更に
深くなっていってしまいますし

 

そこに寝たいのに眠れないという
新しいストレスが更に加わってきてしまい

 

ますます大きなストレスとなって
更に上手く寝ていくことが出来ない
悪循環えと繋がっていってしまいます。

 

睡眠は寝る事によって体や心や脳の
疲れを解消して改善していき
リフレッシュさせて

 

また新しいストレスに対抗して元気に
毎日を過ごしていけるようにして
くれているのにそれが出来なくなって
逆に良くない方にドンドンと向かって
いってしまいます。

 

肉体的な疲れをとる為にお風呂に
入っても眠れていないことによって
精神的なストレスやイライラそして
不安などは常に溜め込んでしまって
いる状態になってしまっていますし

 

血液の循環も悪くなってしまい
体温調節も上手く出来なくなって
それがまた寝ていく為に大切な
体温を下げていくことも出来なく
なっていってしまいます。

 

夜になると何故か色なことを考えて
しまったりして眠れなくなって
しまうのもストレスが大きな原因に
なってしまっていることについては
コチラの記事に書いてあります。

夜に考え出すと寝れなくなる原因!

 

眠りにつくにはストレスを減らす

 

外的なストレスや内的なストレス
など様々なストレスによって眠れない
原因を作り出していってしまっている
っていうことについてはわかって
もらえたと思います。

 

そこで寝やすい状態を作っていき
朝まで目を覚ますことなくぐっすりと
熟睡して寝ていく為には原因を作り
出してしまっている様々なストレスを
解消して減らしていかなくてはいけません

 

肉体的なストレスによる疲労などは
先ほども書いたようにしっかりと
お風呂に入って体の疲れを癒して
ほぐしていくようにしたり

 

精神的なストレスやイライラなどは
少しでも溜め込まないように
軽く運動して汗をかいたり
話を誰かに聞いてもらったり
カラオケなどで大声を出して
歌ったりなどして
気持ちをリフレッシュさせていったり

 

などもストレス解消には大切な
対処法ですし後はイライラを少し
でも和らげていく食べ物を食べて
いくなどの対策方法があります。

 

ストレスを上手く解消していく為に
おすすめの食べ物はコチラの記事に
書いてあります。

イライラを上手く解消する食べ物!

 

そしてストレスを受けにくい状態を
作っていったりストレスに負けない
体を作っていく為に必須アミノ酸を
上手く摂取していくことも大事に
なってきます。

 

まとめ

 

眠れない最大の原因はストレス!
色々な症状で寝にくくなる
について書いていきました。

 

寝つきが悪くてなかなか眠れな
かったり寝てもすぐに目を覚まして
しまうことが多かったりして

 

上手く寝ていくことが出来ない
大きな原因となってしまっている
のに様々なストレスがあります。

 

ストレスによって自律神経の乱れや
覚醒物質の乱れや体内時計の乱れ
などが起こってしまいそれが色々な
眠れない症状を引き起こしていって
上手く睡眠をとっていくことが
出来なくなってしまっています。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ