【不眠症対策】夜に寝れる状態を作るオススメの簡単ケア方法!

こんにちは、スイムです。

 

不眠症でなかなか楽に夜眠れない
寝れないっていう状態がよくあって
寝ることに対して何かプレッシャー
を感じてしまうことがあります。

 

そんな辛い不眠症を少しでも楽に
スッと夜寝れる状態を作っていく
為に必要な対策について書いていきます。

 

対策っていうと何か難しいことを
しなくてはいけないって感じて
しまいますが毎日の生活の中で
簡単に出来るケア方法なので
オススメです。

 

夜スッと寝れる状態を作っていき
たいですからね。

 

不眠症対策に必要な4つのケア

nererujoutaitukuru11-1

 

夜なかなか眠れない寝つきが悪くて
何時間も布団の中でゴロゴロして
しまったり寝れてもすぐに目を
覚ましてしまうことが多かったり
する不眠症

スポンサーリンク

不眠症にも寝れないタイプの入眠障害
寝れても夜中に目が覚めやすい中途覚醒
など色々なタイプがあります。

 

そんな中でもやはり寝つきが悪い
なかなか眠りにつけないっていうタイプ
の不眠症で悩んでいる人が多いです。

 

いったいどうやったら寝れるの?
なぜなかなか自分は寝れないの?
って悩んでしまうことが多いですよね。

 

そこで不眠症対策としてこれは
絶対に必要な事っていう4つの
ケア対策があってそれが

体内時計を正常に動かす
メラトニンを多く分泌させる
寝れる状態を作っていく
気持ちよく寝れる環境を作る

この4つのケア対策がまずは大切に
なってきます。

 

体内時計を正常に動かす為には
まずは朝しっかりと正常に動かす
為にリセットが必要になってきます。

 

メラトニンという睡眠ホルモンを
多く分泌していくには日中に分泌
されるセロトニンを多く分泌させて
いかなくてはいけません

 

寝れる状態を作っていく為には
体をリラックスさせて落ち着かせて
体温調整をしっかりと行って
いかなくてはいけません

 

気持ちよく寝れる環境を作って
いくには寝室や寝ていく場所など
をしっかりと整えていかなくては
いけません

 

1日の生活のリズムを改善

 

不眠症対策に夜スッと寝ていく
寝れる状態を作っていく為に
必要な4つのケア対策については
わかってもらえたと思います。

 

そこでその4つのケアはどうやって
作っていけばいいのかっていうと
毎日の生活習慣をしっかりと整えて
いくことが大切になってきます。

 

朝に大切なこと

 

朝に大切なことっていうのは
まずは体内時計をしっかりと
リセットして正常に動かしていく
ことが大事になってきます。

 

その為には毎朝決まった時間に
少し眠くてもしっかりと起きて
日光の光を浴びることが何よりも
大切になってきます。

スポンサーリンク

体内時計が正確に動くことに
よって睡眠ホルモンである
メラトニンも夜にしっかりと
分泌されるようになってきます。

 

体内時計を正常に動かす為に
必要なことについてはコチラの
記事に色々と書いてあります。

体内時計を正常にする8つの事!

 

日中に大切なこと

 

日中に大切なことっていうのは
睡眠っていうとどうしても夜の
イメージが強いですが実は日中の
生活習慣がとても大事になってきます。

 

日中にしっかりと体を適度に
動かして疲れさせることによって
セロトニンという物質が多く
分泌されるようになります。

 

この日中に分泌されるセロトニン
の量によって夜になると眠たくなる
睡眠ホルモンであるメラトニンの
分泌量も多くなってきます。

 

なのでいかに日中に沢山のセロトニン
を分泌させていくかが大事になって
きます。

 

その為にも上記で書いた体内時計を
正常にしておかなくてはいけないですし
食生活も規則正しくしていかなくては
いけません

 

日中に分泌されるセロトニンを多く
分泌させていく為の方法については
コチラの記事に書いてあります。

セロトニンを上手く出す方法!

 

後はもちろん仕事や家事や勉強も
日中はとても大事ですが少しでも
いいので時間を決めて上手く
休憩をとって気持ちをリフレッシュ
していくようにしてください。

 

ずっと座りっぱなしの場合は
少しでも歩くようにしたり
ずっとパソコンを見ている場合は
目を休ませてあげたり
立ち仕事が多い場合はストレッチ
などをしてあげたり

 

数分っていう少しの時間でも
いいのでそのリフレッシュの時間
を定期的にとるように心がけて
みてください。

 

それによってストレスも溜めすぎて
しまうっていうのを予防していく
ことにも繋がっていきますからね。

 

日中に簡単に出来る運動や目の
休ませ方などについてはコチラの
記事に書いてあります。

日中に出来る睡眠対策!

 

夜に大切なこと

 

夜に大切なことっていうのは
看護師さんや夜勤の仕事がある人
ではない場合は夜っていうのは
仕事などから解放されてゆっくりと
出来る時間が夜ですよね。

 

この夜に睡眠にとって大切なこと
っていうのはどれだけリラックス
状態を作っていくことが出来るか

 

そして眠りやすい寝れる状態を
作っていくことが出来るかって
いうのが大事になってきます。

 

なので仕事帰りに仲間や恋人と
楽しく遊んだりご飯を食べたり
したり一人でテレビを見たり
本を読んだりするのもとても
大切なリフレッシュでもありますし
リラックス出来る時間です。

 

そして睡眠にとって寝れる状態を
作り出していく上でもっと大切に
なってくるのが夜にしっかりと
湯船に浸かって気持ちを落ち着ける
お風呂タイムです。

 

疲れをとるのはもちろん
汗をかいてスッキリしたり
して体の血行の流れを良くしていきます。

 

この入浴によって更にリラックス効果
が得られるのと同時に体温が上がって
いるので入浴後は体温が下がってきます。

 

この体温が下がることによって
深部体温が下がってくれて眠りやすい
寝やすい状態を作り出していって
くれます。

 

睡眠に欠かせない寝やすい状態を
上手く作り出してくれる入浴方法に
ついてはコチラの記事に書いてあります。

睡眠効果を高める入浴とは!

 

そして後はゆっくりと安心して寝て
いける寝室にいって布団に入って
寝ていくって感じですね。

 

安心してスッと寝れる寝室作りに
心がけたいポイントについては
コチラの記事に書いてあります。

寝れる寝室の6つのポイント!

 

まとめ

 

【不眠症対策】夜に寝れる状態を
作るオススメの簡単ケア方法
について書いていきました。

 

寝たいのに眠れない時間がただ
過ぎていってしまうのととても
辛くて嫌な時間です。

 

そんな眠れない不眠症を改善して
少しでも夜布団に入ってからスッと
寝ていけるようにする為に寝れる
状態を作っていく為に

 

1日の生活パターンっていうか
朝昼晩と注意してほしい心がけて
ほしい簡単なケア方法なので
良かったら参考にして自分の生活
習慣をチェックしてみてください。

 

何も考えないで布団に入って寝て
いけるのってとても幸せで嬉しい
ことですからね。

 

眠れない時の少しでも寝れる
状態を作っていく為のオススメの
対処法についてはコチラの記事に
書いてあります。

眠れない時はどうすればいいの?

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ