寝起きによく腹痛がするのを治して予防していく自己ケア対策!

こんにちは、スイムです。

 

寝起きによく腹痛の症状が出てしまう
のを治していき予防していく為には
どのような自己ケア対策をとって
いくようにしていけばいいのか

 

朝からお腹が痛くなってしまうと
寝起きも良くないですし何も出来ない
状態になってしまって時間に追われて
しまいます。

 

一日の大切なスタートである朝を
快適に気分よく過ごしていく為に
腹痛によって苦痛な状態になって
しまうのを少しでも改善して
予防対策していきたいですからね。

 

朝から腹痛が出る原因とは

neokifukutuuyobou20-1

 

寝起きによく腹痛の症状に見舞われて
しまうことが多い時は病気などの
症状によって起こってしまうことも
ありますが生活習慣の乱れなどに
よって自然と起こってしまうことも
多いです。

スポンサーリンク

そんな生活習慣の乱れなどから腹痛の
症状が出てしまう大きな原因となって
しまっているものに

 

睡眠不足
ストレス
夜の暴飲暴食
お腹の冷え
胃の機能低下

 

などによって自律神経が乱れて
しまって上手く交感神経と副交感神経
を切り替えていくことが出来なく
なってしまったり

 

ホルモンの分泌量が低下してしまって
いたりしてホルモンバランスの乱れ
を起こしてしまっていたり

 

胃や腸などに大きな負担がかかって
しまっていて胃酸が多く出てしまって
いたりして上手く機能しなくなって
しまっていたりして

 

寝起きに朝からお腹が痛くなって
しまう腹痛の症状が出やすくなって
しまいます。

 

寝起きに腹痛の症状が起こりやすく
なってしまう詳しい原因については
コチラの記事に書いてあります。

寝起きに腹痛が起こってしまう原因!

 

寝起きの腹痛を予防するケア対策

 

寝起きに腹痛の症状が出やすくなって
しまう原因についてはわかってもらえた
と思います。

 

そこで寝起きに腹痛の症状が出ない
ようにしていく為に大切になって
くるのは

 

自律神経を整えていく
ホルモンバランスを整えていく
胃や腸の負担を減らしていく

などのことが大事になってきます。

スポンサーリンク

その為に毎日の生活習慣の中で気を
つけていってほしい自己ケア対策
方法として

 

しっかりと寝ていくこと
出来るだけストレスを発散する
規則正しい食生活
お腹を冷やさないようにする

などの予防対策が大事になってきます。

 

しっかりと寝ていくこと

 

しっかりと寝ていくことっていうのは
睡眠時間をしっかりととっていって
睡眠の質を良くしていくっていうこと
なのですが

 

その為には寝やすい状態を上手く
作り出していくことがまずは
大事になってきます。

 

そこで夜になると自然と眠たくなる
朝になると自然と起きやすくして
いくために体内時計を正常に整えて
いくことや眠りやすい環境を作って
いくっていうことが大事になってきます。

 

体内時計を正常に整えていく為には
朝寝起きにしっかりとリセットさせて
から働かせていくことが大事なって
くるのでその為の対策については
コチラの記事に書いてあります。

体内時計を整えていく方法は!

 

寝やすい環境を作っていくっていう
のは寝る時には部屋を暗くする
静かな状態ににしていくっていう
ことはもちろんのこと

 

部屋の温度を25度前後に設定したり
湿度は50%前後にしていくことでも
安眠しやすい状態を作り出していって
くれます。

 

出来るだけストレスを発散する

 

出来るだけストレスを発散するって
いうのは肉体的なストレスや
精神的なストレスを少しでも発散
させて減らしていくことです。

 

肉体的ストレスを減らしていくには
軽い運動を取り入れていったり
お風呂にゆっくりと入っていったり
などでもかなり発散していくことが
出来ますし

 

精神的なストレスを減らしていくには
友達や家族などと話しをしたり
自分が好きなことを少しでも取り入れて
いくことでも発散させていくことが出来ます。

 

ストレスを発散させて減らしていくこと
によって寝やすい状態を上手く作り
出していくことが出来ますし寝ること
によってストレスを更に減らしていく
ことが出来るようになります。

 

規則正しい食生活

 

規則正しい食生活っていうのは
朝昼晩と出来るだけある程度決まった
時間にとっていくようにしたり

 

夜は出来るだけ満腹になるまで
食べないようにして腹八分目までで
やめておくようにしたり

 

間食や寝酒は控えていくようにしたり
していってください。

 

特に夜は寝てしまうと胃や腸など
消化機能が自然と低下してくるので
注意してください。

 

お腹を冷やさないようにする

 

お腹を冷やさないようにするっていう
のは部屋の温度を低く設定しない
ようにしていったり

 

腹巻をしていったりズボンの中に服を
入れていくなどの対策もいいですし

 

後、気をつけてほしいのが知らない
うちに起こってしまっている
内臓冷えという症状です。

 

内臓冷えを改善して予防していくには
しっかりとお風呂に入って体の中から
温めていったり血行を良くしていったり
ストレスを減らしていくなどの改善や
予防対策がありますし

 

冷たい食べ物や飲み物などをあまり
とらないようにしていくなども
心がけていくようにしてください。

 

これらの自己ケア対策によって
寝起きに腹痛の症状が出てしまうのを
抑えていったり予防していったり
することが出来ますが

 

病気などの症状によって腹痛の症状
が出てしまっている場合もあるので
腹痛の症状がずっと続いてしまって
いたり痛みが酷い時などは早急に
病院にいって症状を伝えて診てもらう
ようにしてください。

 

まとめ

 

寝起きによく腹痛がするのを治して
予防していく自己ケア対策
について書いていきました。

 

睡眠中は体や脳をしっかりと休める
為に体温が下がっていたり機能が
低下しています。

 

その状態から徐々に覚醒していって
普通に機能していくように寝起きは
色々と働き始めるのでその時に
何か異常があったりすると腹痛の症状
っていうのは出やすくなります。

 

なので毎日の生活習慣を整えて
自律神経の乱れやホルモンバランスの
乱れそして胃や腸の機能が低下しない
ようにしていくことが大事になって
くるので

 

その為にも少しでも参考になれば
嬉しいです。

 

寝起きに吐き気や嘔吐などの症状が
起こりやすい時に注意してほしい
ことなどについてはコチラの記事に
書いてあります。

寝起きに吐き気などがする原因!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ