【不眠症】寝れない原因は体の疲れが足りない!睡眠と運動の関係

こんにちは、スイムです。

 

夜布団に入ってもなかなか眠りにつく
事が出来ない不眠症で悩んでしまって
いる原因の一つに体の疲れが足りない
っていうのがあります。

 

日中に適度に体を動かして体の疲労
を作っておくことはぐっすり寝る為には
とても大事なことなのです。

 

どうして体が疲れていないと寝れない
原因になってしまうのか
睡眠と運動の関係について調べて
みました。

 

寝る為に体の疲れが必要な理由

undoubusoku25-1

 

寝る事睡眠が必要な理由っていうのは
日中に活動していた脳や体を休めて
疲れをとってあげてリフレッシュさせて
あげるためです。

 

一日活動していた脳や体を休ませて
あげないとオーバーヒートを起こして
しまって上手く機能しなくなって
しまって様々な症状を起こしてしまい
ますからね。

スポンサーリンク

睡眠とは脳や体をしっかりと休ませて
あげることっていうのはわかってもらえ
ましたが

 

脳や体を休ませるってことはそれだけ
日中にしっかりと動かしたりしていて
疲れている状態になっていないと
いけないですよね。

 

脳は一日の中で色々な情報を処理
しているので必ずいっぱい疲れが
溜まってしまのですが

 

体の疲れっていうのは体を適度に
動かしていないといけません

 

事務仕事やデスクワークやパソコン
などを使っている場合などは
あまり体を動かさないのでなかなか
体の疲れっていうのは起こらない
ですよね。

 

脳は疲れているけど体は自分が思って
いる以上に疲れていないっていう状態
になりやすいです。

 

この脳は疲れているけど体は疲れていない
っていう状態で夜に布団に入って
脳や体を休める為に寝ようとしても

 

脳は早く寝たいって思っていても
体はイヤまだ疲れていないから寝なく
てもいいよってう状態になってしまいます。

 

睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠の
2つの種類があるっていうのは前に
書きましたが

睡眠の種類ノンレム睡眠とレム睡眠とは

 

ノンレム睡眠中に深い眠りに入って
成長ホルモンなどが分泌されて一日の
疲れを修復してくれたり改善してくれる
のですが

 

そこまで体の疲れは酷くないから
まだ起きてても大丈夫だよっていう
状態になってしまって

 

睡眠時に最初に訪れるノンレム睡眠の
状態に入ることが出来なくなってしまって
寝つきが悪くなる寝れないっていう
状態になってしまうのです。

スポンサーリンク

なのでスッと寝ていく眠りに入る為に
程度な体の疲れが必要になってくる
のです。

 

成長ホルモンの役割や睡眠との関係
についてはコチラの記事に書いてあります。

成長ホルモンとは!睡眠との関係!

 

運動不足で起きる3つの事

 

寝る為には脳と体が両方疲れていないと
いけないっていうのはわかってもらえたと
思いますが

 

体が疲れていない運動不足が起こして
しまう寝れない不眠症を起こしてしまう
大きな原因が3つあって

 

体が疲れていない
セロトニンが増えない
血液の流れが悪くなる

 

それがこの3つの事なのですが

 

体が疲れていない

 

体が疲れていないっていうのは上記で
最初に書きましたよね。

 

適度に体を動かしていないので体が
寝なくてもまだ大丈夫だよって反応
してしまいます。

 

セロトニンが増えない

 

次にセロトニンが増えないっていうのは
寝る時っていうのは睡眠ホルモンである
メラトニンが多く分泌されます。

 

このメラトニンを作り出してくれるのが
セロトニンという神経伝達物質なのですが

 

このセロトニンは日中起きている時に
分泌されるものなのですがその時に
体を一定のリズムで動かしていないと
あまり多く分泌されなくなってしまう
のです。

 

体を適度に動かさない運動をしない
っていうことはこの一定のリズムで
動かすことが出来ていないってこと
なので

 

セロトニンが上手く分泌されなくなって
しまってその結果メラトニンを作り出す
ことが出来なくなってしまい
眠れない状態になってしまいます。

 

セロトニンを増やす方法については
コチラの記事に書いてあります。

セロトニンを簡単に増やすには!

 

血液の流れが悪くなる

 

血液の流れが悪くなるっていうのは
運動不足になってしまうと体を
動かさないので余分な脂肪などが
つきやすくなってしまったりして
血液の流れが悪くなってしまいます。

 

体を動かすことによって脂肪は燃焼
されやすくなりますからね。

 

この血液の流れが悪くなってしまうと
体温調節も上手く出来なくなってしまい

 

寝る時っていうのは体温が下がるの
ですがこの深部温度を上手く下げる
ことが出来なくなってしまい
寝る体制を作れなくしていまいます。

 

深部体温とはどんな体温で睡眠と
どのような関係があるのかについては
コチラの記事に書いてあります。

深部体温とは!睡眠とお風呂!

 

まとめ

 

【不眠症】寝れない原因は体の疲れが
足りない!睡眠と運動の関係
について書いていきました。

 

なかなか寝る事が出来なくなって
しまう不眠症になってしまう原因の
一つに体が疲れていないっていうのが
あります。

 

寝る事によって脳や体の疲れを回復
していくのですが体がある程度疲れて
いないとその必要性が少なくなって
しまってまだ寝なくても大丈夫だよって
感じになってしまいます。

 

そして毎日程度な運動をしておかない
と疲れだけじゃなくセロトニン不足や
血行不良にもなってしまい

 

それが寝れない原因へと繋がっていって
しまうので注意してください。

 

運動をすることによって体を動かす
ことによってより眠りにつきやすくなる
理由についてはコチラの記事に書いて
あります。

眠れない不眠症には運動が必要!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ