【不眠症予防】夜寝る為に日中に出来る入眠ケア方法とは!

こんにちは、スイムです。

 

寝るなかなか寝ることが出来ない
不眠症

 

そんな不眠症を予防していく方法として
日中にもやってほしい会社などでも
簡単に出来る入眠ケア方法があります。

 

寝付きにくいのを治して改善していく
為にも会社などで日中からもやって
いってほしい予防対策とはどのような
ことがあるのか

 

夜布団に入ってスッと気持ちよく
寝ていく為に必要な日中の対策方法
について書いていきます。

 

不眠症予防は夜だけじゃない

fuminshouyobounicchuu16-1

 

夜なかなか寝ることができずに
布団に入ってから何時間も寝付けない
状態が続いてしまう入眠障害や

 

寝たと思ってもぐっすりと寝れなくて
夜中にすぐに目が覚めてしまう
中途覚醒など色々な種類の不眠症
があります。

 

不眠症の4つの種類やそれぞれの
特長や症状についてはコチラの記事
に書いてあります。

不眠症の種類を知る症状とは!

 

そんな不眠症の中でも特に多いと
言われているのが寝ようとしても
なかなか眠りにつけない入眠障害
なのですが

スポンサーリンク

入眠障害の不眠症を改善していく
のに夜寝る前にしっかりとお風呂に
入って血行を良くしたり自律神経を
整えていったりなど色々な方法
あります。

 

入眠障害を治して改善していく為の
方法などについてはコチラの記事に
書いてあります。

入眠障害を改善する方法とは!

 

これらの入眠障害を無くしていく為の
対処法や方法などもとても大切な
ことなのですが

 

日中にやってほしい事や気をつけて
ほしい事などもあって会社などでも
簡単に出来ることや実践していくことが
出来ることです。

 

日中からしっかりとした入眠対策用に
ケアしていくことによって寝る前に行う
対策などもより効果的になってもきます。

 

不眠症予防や対策というとどうしても
夜寝る前などに気を付けることなどが
中心になってきますが日中の対策も
大事ですからね。

 

日中に会社でも出来る入眠ケア

 

では日中に会社などでも出来る
入眠ケア方法とはいったいどんな事
があるのかというと

 

セロトニンを増やしていく
体を適度に動かす
目の疲れをとっていく

 

このことなどが不眠症予防として
日中に会社などでも行っていって
ほしい方法です。

 

セロトニンを増やしていく

 

セロトニンを増やしていくっていうのは
日中に多くセロトニンを分泌させて
いくことによって夜になって睡眠ホルモン
であるメラトニンを多く分泌させていく
ことが出来るようになります。

 

その為にしっかりと一日3食の食事を
とっていくことが大事です。

 

なので会社などでは昼ご飯をゆっくり
と食べることが出来なかったり時間が
なくてついつい抜いてしまう
食べなかったりすることがありますが

 

しっかりと昼ご飯をとっていき
なおかつ時間的に余裕がないことが
多いですがしっかりと噛んで食べる
ようにしていってください。

 

このしっかりと噛んで食べていくことに
よって多くのセロトニンを分泌させて
いくことが出来ます。

 

セロトニンを多く分泌させていく方法
についてはコチラの記事に詳しく
書いてあります。

セロトニンを多く分泌させる方法!

 

体を適度に動かす

 

体を適度に動かすっていうのは
脳の疲れとともに体も適度に疲れて
いないと夜にスッと寝ていくことが
出来なくなってしまいます。

 

その為に仕事が終わってから有酸素運動
などの軽い運動が必要になってくる
のですが

 

仕事中になかなか有酸素運動を
取り入れていうことは難しいですが
エレベーターやエスカレターを
使わずに階段を使うようにしたり

 

座っていることが多い時などは
簡単な屈伸などのストレッチでも
いいですし

 

適度にトイレにいって歩くことを
少しでも意識して行っていくことに
よっても体を適度に疲れさせて
いくことが出来ます。

スポンサーリンク

後肩をグルグルまわしたりしたり
首を回したりする本当に簡単な
ストレッチをこまめに行っていく
だけでも効果はあります。

 

どうしてもある程度の時間を作って
運動をしていかなくてはいけない
って思ってしまいますが

 

適度に取り入れていくことによって
血行が悪くなってしまうのを予防して
いくことが出来てその分夜のストレッチ
などでより効果が出やすくなります。

 

寝る前にやってほしい眠れる状態を
作っていくストレッチについてはコチラ
の記事に書いてあります。

寝やすい状態を作ってくれるストレッチ!

 

目を休める

 

目を休めるっていうのは目の疲れを
少しでも和らげていくってことです。

 

どうしてもデスクワークなどの場合は
仕事中ずっとパソコンなどを触って
いるので眼精疲労を起こしやすく
してしまいます。

 

その眼精疲労から目が疲れすぎて
しまっていてなかなか夜寝ていく
ことが出来なくなってしまいます。

 

なので一時間に1回は目薬や
ほんの少しでもいいので画面を
見ることを止めたり

 

昼休みや3時の休憩がある時などは
ホットアイマスクをして目の疲れを
とってあげて血行を良くしていって
ください。

 

夜にホットアイマスクなどで目の
疲れをとっていってもらうのも
とても大事ですが

 

夜だけになってしまうとどうしても
日中の疲れが溜まり過ぎてしまって
いてなかなかスッキリと解消すること
が出来ないこともあります。

 

後出来るだけパソコンの画面を
遠ざけるようにしたり前かがみに
なってしまうのを改善していく
ようにしてください。

 

小さなことが積み重なってしまって
症状がドンドン大きくなっていって
しまいますからね。

 

目の疲れを解消していく方法については
コチラの記事にも詳しく書いてあります。

目の疲れを解消する方法!

 

これらの3つのことは本当にわずかな
時間で行っていくことが出来るので
仕事の合間などに簡単に出来ますし

 

これがリフレッシュとなってまた仕事を
頑張って進めていくことにも繋がって
くると思います。

 

まとめ

 

【不眠症予防】夜寝る為に日中に
出来る入眠ケア方法とは
について書いていきました。

 

不眠症を改善して予防していく方法
としてはどうしても一日の疲れを
癒していき寝やすい状態を作って
いく為に夜のケア対策を意識して
しまいますが

 

確かに寝やすい状態を作っていく事
血行を良くしてリラックスした状態を
作り出していくことが大事になって
きますが

 

それをより効果的にスムーズに
行っていくのに日中もしっかりとした
ケアやサポートが大事になってきます。

 

その為に少しでも日中に会社などで
簡単に出来る入眠ケア方法として
参考になれば嬉しいです。

 

なかなか疲れが取れなくて疲労感
が続いている時は慢性疲労になって
しまっているかもしれないので
原因や症状についてはコチラの
記事に書いてあります。

寝ているけど疲労感がとれない慢性疲労!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ