低反発マットレスの特長と注意点!快眠にオススメのポイント!

こんにちは、スイムです。

 

気持ちよく眠っていけるように低反発
マットレスにしようと考えた時に
気になるのが低反発マットレスには
どのようなオススメの特長があるのか

 

そして使用していく時に注意しなければ
いけないことはあるのか

 

低反発マットレスのメリットとデメリット
ですよね。

 

そこで低反発マットレスを使っていく事
によって得られる睡眠中の効果と
注意しなければいけないことは何なのか

 

低反発マットレスで快眠や安眠を
得ていく為にオススメのポイントに
ついて調べてみました。

 

低反発マットレスとは

teihanpatumattoresu11-1

 

ぐっすりと気持ちよく朝まで眠って
体の疲れをスッキリとっていく安眠や
快眠は理想の睡眠ですよね。

 

そんな理想の睡眠をとっていく為には
眠りやすい状態を作っていくことが
とても大事なポイントになってきます。

スポンサーリンク

眠りやすい状態っていうのは寝ていける
ように自分の体をリラックスさせていくこと
も大事ですし

 

寝室などの部屋の明かりや温度なども
大事になってきます。

 

そして眠りに入ってから朝までグッスリ
と体が楽な状態でいられる敷布団も
とても重要なポイントになってきます。

 

布団やベッドに入ってスッと寝ていける
体の状態とはどんな状態なのかに
ついてはコチラの記事に書いてあります。

眠りに入っていく為の状態とは!

 

安眠するのに大切な寝室作りについては
コチラの記事に書いてあります。

眠りやすい寝室の条件とは!

 

そこでよく敷布団は低反発マットレス
が安眠や快眠にオススメですよって
言われますがいったい何がいいの
だろうかって思ってしまいます。

 

そもそも低反発って何?
っていう疑問もありますよね。

 

そこで低反発マットレスっていうのは
いったいどのような物なのかって
いうと

 

体を横にして寝ている時に重力など
によって体が受ける重さを上手く
分散してくれる体圧分散性をして
くれるのです。

 

マットレスが体重をしっかりと受け止めて
くれてその重みの分沈んでくれるので
体に負荷がかかりにくくなります。

 

そして低反発っていうのは沈んだ分の
重たさを元に戻す為に戻る力が緩くて
沈み過ぎず元に戻りにくいので
その人の体重などにあった状態で
寝ていくことが出来るのが低反発
マットレスです。

 

物凄く簡単に言うと衝撃をしっかりと
吸収してくれて包んでくれるような
感じですね。

 

メリットのポイント

 

低反発マットレスっていうのが
どのような物なのかについては
わかってもらえたと思います。

 

そこで低反発マットレスのメリットの
ポイントはどんなことがあるのか
っていうと

 

寝心地が良い
寝返りを少なくする

 

この2つが最も大きなメリットの
ポイントになってくると僕は思います。

 

寝心地が良い

 

寝心地が良いっていうのは先ほども
書きましたがしっかりと体重を受け止めて
くれて体圧分散をしてくれてマットレスが
沈んでくれるので

 

まるでマットレスが寝ている体を包み
込んでくれるような感じになります。

スポンサーリンク

これが沈み過ぎてしまうと逆に寝づらく
なってしまいますがゆっくりと低反発を
してくれているので支えてくれています。

 

寝返りを少なくする

 

寝返りを少なくするっていうのは
マットレスがしっかりと適度に沈んで
くれているので体の一か所に負担が
かかりにくい状態になっているので
手足が痺れにくくなります。

 

手足が痺れてしまうとそれを防ぐ為に
体は自然と寝返りをうちますがそれが
少ないので寝返りも少なくなります。

 

そしてこれは僕がそうなのですが
寝ようとして布団に入ってもなかなか
眠れない時っていうのは無意識の
うちに寝返りが多くてそれが原因で
なかなか眠れないことがあります。

 

気づけば何回寝返りしているんだ
って感じでなかなかリラックス出来る
姿勢を作れなくなってしまっています
からね。

 

デメリットのポイント

 

低反発マットレスのメリットについては
わかってもらえたと思いますが
そんな低反発マットレスにもデメリット
となってしまうことがあります。

 

えっデメリットなんてあるの?
って感じに思えますが

 

腰痛になることがある
干すことがあまりできない

 

この2つのことが低反発マットレスの
デメリットとなる部分ではないかな
って僕は思います。

 

腰痛になることがある

 

腰痛になることがあるっていうのは
低反発マットレスは体圧分散をして
くれて体重を上手く分散してくれて
体を適度に沈ませてくれますが

 

腰の部分っていうのは一番沈んで
しまう部分です。

 

頭は枕があるので沈まないのですが
この腰の部分が沈んでしまうことに
よって寝ている時の姿勢が少し負担
になってしまって寝起きに腰痛の症状が
出てしまうことがあります。

 

そしてメリットで書いた寝返りが少ない
っていうことも腰痛の原因になって
しまうこともあって

 

寝返りが少ないとどうしても血液の流れ
が悪くなってしまうことがあります。

 

長時間同じ姿勢でいると血行不良を
起こしてしまうことと同じようなこと
なのですが

 

これは全ての人がそうなってしまう
っていうことではなくて元々腰痛の
症状がある人や生活習慣などに
よって引き起こしてしまうことが
多いのではないかなって思います。

 

実際に僕も低反発マットレスを使って
いたこともありますが腰痛にはならな
かったですね。

 

後低反発の機能が低下してしまって
いたりしてしまうことが原因になって
しまうこともありますね。

 

寝起きに腰痛の症状が出てしまう
色々な原因についてはコチラの記事
に書いてあります。

寝起きに腰が痛くなる原因とは!

 

干すことがあまりできない

 

干す事があまりできないっていうのは
これは敷布団は簡単に干すことが
出来るのですがマットレスの場合は
どうしても大きくて硬いので干すこと
は難しいです。

 

なのでその分しっかりと通気性などを
考えて作られてはいるのですが
しっかりと干して管理したいっていう
場合には合わないかもしれません

 

敷布団とマットレスの違いや比較
などについてはコチラの記事に書いて
あります。

敷布団とマットレスの違いって何?

 

まとめ

 

低反発マットレスの特長と注意点!
快眠にオススメのポイント
について書いていきました。

 

ぐっすりと寝ていくことは毎日の生活
の中でとても大事なことですしその中で
安眠や快眠をとっていくことは更に
大事なことになってきます。

 

しっかりと睡眠をとって体の疲れを
とっていきたいですからね。

 

その為に寝ている体を支えてくれる
低反発マットレスがどのようなメリット
があるのか

 

そして高反発マットレスと比べた時に
どのようなデメリットがあるのか少しでも
参考になれば嬉しいです。

 

ぐっすりと寝ていく為には枕選びも
大事なポイントになってくるので
枕選びのポイントなどについては
コチラの記事に書いてあります。

睡眠に欠かせない枕の選び方!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ