不眠症の原因!夜スマホを触ると寝れないブルーライトとは!

こんにちは、スイムです。

 

夜に眠れなくなってしまう不眠症の原因
に夜寝る前についつい触ってしまったり
見てしまったりするスマホやパソコンの
ブルーライトがあります。

 

どうしてブルーライトを夜に見て浴びて
しまうと寝れなくなってしまうのか

 

そもそもブルーライトとは何なのか
どうしてスマホやパソコンが特に注意
しなければいけないと言われているのか

 

ブルーライトと不眠症について調べて
みました。

 

ブルーライトとは何か

bulelight17-1

 

僕がなかなか寝れないからなのか
眠れない不眠症の原因にスマホや
パソコンを見すぎていたり触りすぎて
しまっていて

 

それが原因となってブルーライトを
浴びすぎてしまっているということを
よく言われますし聞きます。

スポンサーリンク

へーブルーライトが睡眠の邪魔を
してしまっているのかって感じなの
ですが

 

そもそもブルーライトって何?
っていう感じでした。

 

そこでブルーライトとはどんなライト
なのか調べてみると

 

LEDライト(白色LEDライト)から出ている
青い光ってことなのですが
いまいちピンとこないですよね・・・

 

LEDライトというのはつい最近というか
ここ数年で一気に話題になって使われ
始めているライトで

 

今までの蛍光灯などの光は青色と
赤色と緑色の3つの光を使って
白色を作り出していたのですが

 

LEDライトは青色と黄色の2つの色で
白色を作り出すことが出来るライトなのです。

 

因みに太陽の光を見ると白色ですよね
しかしその太陽の光も実は赤・オレンジ
黄・緑・青・藍・紫などの色々な色が入って
いるのです。

 

少し話が逸れていってしまいましたが・・・

 

つまりLEDライトがブルーライトと言われて
いるのは青色をたくさん使っている
からなのです。

 

そしてこのLEDライトは見やすくて
寿命が長いのでスマホやパソコン
そしてテレビの画面などに多く
使われています。

 

なぜ寝る前に見るとダメなのか

 

太陽の光は眩しすぎて見ることは
出来ないですが目で見ることの出来る
可視光線の中で青色がもっとも
強いエネルギーを持っています。

 

もっとも強いエネルギーを持って
いるってことはそれだけ強い光を
放っているってことで

 

見ていると目が疲れてしまい
疲れからこわばってしまって
目が緊張状態になってしまいます。

スポンサーリンク

この緊張状態っていうのは自律神経が
交感神経が優位になってしまっている
状態なので

 

寝る為に必要な副交感神経に
なかなか切り替わることが出来なく
なってしまいますし

 

それとそれだけ強い光を浴びてしまうと
睡眠に欠かせない睡眠ホルモンの
メラトニンが分泌されなくなってしまいます。

 

自律神経が乱れてしまうと眠れなく
なってしまう原因についてはコチラの
記事に書いてあります。

眠れなくなってしまう3つの大きな原因

 

メラトニンは光を浴びない夜に多く
分泌されて朝太陽の光を浴びることで
分泌量が減っていきます。

 

メラトニンについてはコチラの記事に
詳しく書いてあります。

睡眠に欠かせないメラトニンとは!

 

このように夜寝る前などにスマホや
パソコンなどを触ったり見てしまうと
ブルーライトが色々な障害をもたらして
しまのです。

 

まとめ

 

不眠症の原因!夜スマホを触る
と眠れないブルーライトとは
について書いていきました。

 

よく暗黙の了解みたいに言われる
不眠症の原因と言われている
睡眠前のブルーライト

 

LEDライトのおかげで綺麗で長持ち
する光を作り出すことが出来ている
のですが

 

それを夜寝る前などに多く浴びてしまう
となかなか寝れない寝付きが悪く
なってしまう不眠症の原因になって
しまうので注意してください。

 

寝れないからついついスマホや
パソコンを触ったり見てしまうことも
多いですが

 

それがドンドン眠れない悪循環の
スパイラルに入っていってしまいます
からね。

 

不眠症の原因になってしまう
ブルーライトで目が疲れないようにする
対策についてはコチラの記事に書いて
あります。

ブルーライトから目を守るには!

 

眼精疲労から不眠症になってしまう
原因についてはコチラの記事に書いて
あります。

眼精疲労が不眠症に繋がる!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ