【不眠症】眠いのに寝れない症状が続く時の5つの原因はコレ!

こんにちは、スイムです。

 

眠いのに寝れないっていう時の
入眠障害という不眠症はとても
辛くて悩みの種ですよね。

 

寝れないっていうのではなくて
眠いのになかなか布団に入っても寝て
いくことが出来ないのですから

 

いったいどうして眠いのに寝れない
状態になってしまのか原因はいったい
どんなことが考えられるのか

 

眠いのに寝れない不眠症の原因に
なってしまっている5つの原因について
書いていきます。

 

入眠障害の不眠症

nemuinerenai29-1

 

眠れない状態が続いてしまっている時は
不眠症になってしまっている時があります。

 

不眠症には4つの種類があってその中で
眠りにつくことが出来ない寝ていくことが
出来ない症状の時は入眠障害っていう
種類の不眠症になってしまっていること
が多いです。

 

入眠障害という不眠症の色々な症状
などについてはコチラの記事に書いて
あります。

眠れない入眠障害の症状とは!

 

眠いのに寝れない5つの原因

 

なかなか眠りについていけない不眠症は
入眠障害ということはわかってもらえたと
思いますが

 

布団に入ってもなかなか眠りについて
いけないっていうのはわかったけれど
眠い状態なのに寝れないないのは
いったいどうして?なぜ?
って悩んでしまいます。

スポンサーリンク

僕も物凄く眠い状態で今日はすぐに
寝ていけるなって思っていても
なかなか眠れなくてずっと布団の中
でどうしてこの状態で眠れないだって
悩んでしまことがあります。

 

眠い状態になっているからすぐに
寝ていけるはずなのにって・・・

 

そんな眠いのに寝れないっていう時
ストレスが溜まり過ぎている
体が疲れていない状態
目が物凄く疲れている
むずむず脚症候群になっている
寝室の状態が悪い

この5つのことが原因を作り出して
しまっていることが多いです。

 

ストレスが溜まり過ぎている

 

ストレスが溜まり過ぎているっていうのは
ストレスはどうしても毎日の生活の中で
受けてしまうものですが

 

そのストレスが上手く発散されない
発散されていない状態で蓄積されて
しまっていて神経が過敏な状態
なってしまっていて

 

体がリラックス出来ていない状態に
なってしまっています。

 

体がリラックス出来ていないので
常に何か起こった時にそれに
対処しなければいけないっていう
状態のままになってしまっています。

 

なのでいくら眠い状態になっていても
今寝てはいけないっていう信号が
働いてしまって眠れなくなってしまって
いることがあります。

 

ストレスで眠らなくなってしまうこと
ついての大きな原因については
コチラの記事に詳しく書いてあります。

入眠障害を起こしてしまうストレス!

 

体が疲れていない状態

 

体が疲れていない状態っていのは
あまりピンとこないかもしれませんが
目や頭は疲れているのに体はあまり
疲れていないことがあります。

 

あまり体を動かすことが無かったり
日中に歩くことが少なかったりなど
している場合は

 

目や頭が疲れいるので体全体が
疲れているって思ってしまいますが
実は体は思っているほど疲れていないので

 

脳は早く寝ようって思っているけど
体がまだ起きていることが出来るよ
って感じになってしまっていて

 

布団やベッドに入っても眠りについて
いくことが難しい状態になってしまいます。

 

何でまだ疲れていないのに寝ていかなく
てはいけないって感じで体が反応して
しまっています。

 

これは僕もデスクワークやパソコンを
使っている時間が長いのでよく起こって
しまうことが多いですね。

 

寝る時っていうのは体も頭も両方
適度に疲れていないといけない
ですからね。

 

なので日中にあまり体を動かすことが
無い時や少ない時などは出来るだけ
体を動かすことを心がけてください。

 

体を疲れさせることが眠りについて
いけるようになる理由については
コチラの記事に書いてあります。

運動が眠りやすい状態を作っていく秘密!

 

目が物凄く疲れている

 

目が物凄く疲れているっていうのは
普通に考えると目が疲れているの
だからそれを回復させる為に寝ていける
のではないかって思ってしまいますが

 

普通の目の疲れだといいのですが
目を物凄く酷使してしまっていると
目の充血を起こしてしまったり
目が霞んでしまったりして眼精疲労
を起こしてしまいます。

スポンサーリンク

この眼精疲労が眠いのに寝ていく
ことが出来ない原因を作り出して
しまっているのですが

 

眼精疲労によって目の周りの
筋肉が硬直してしまってそれが
原因となって血液の流れが悪く
なってしまったりします。

 

この筋肉が硬直してしまっているのと
血液の流れが悪くなってしまっている
状態っていうのはストレスを受けて
しまっている状態と同じで自律神経が
乱れてしまっていて

 

目だけじゃなくて体も緊張状態になって
しまっていてリラックス出来ていない
状態を作り出してしまっています。

 

なので眠れない状態になってしまって
いることが多いです。

 

長時間のデスクワークだったり
スマホやパソコンのし過ぎなどが
眼精疲労の大きな原因になって
しまっていることが多いです。

 

眼精疲労を治していく方法について
はコチラの記事に書いてあります。

眼精疲労を治すのに簡単な対処法!

 

むずむず脚症候群になっている

 

ムズムズ脚症候群になっているって
いうのは布団に入ってなぜかわからない
けど足が気になってしまうことがある時です。

 

普通足が気になる時っていうのは
疲れてしまって足がパンパンに張って
しまっていたり痛みを感じてしまう時など
起きている状態の時ですよね。

 

そうではなくて寝ている時に
足が火照ってしまったり
むずむずと何か違和感を感じて
しまって足が気になってしまい意識が
足にばかりいってしまっている時です。

 

眠りについていく時っていうのは
何も考えていなくて無の状態になって
いる時ですよね。

 

スーッと眠りに入っていく感じで

 

それがむずむず脚症候群になって
しまっているとどうしても意識が足に
ばかり行ってしまって無の状態を
上手く作り出していくことが出来ません

 

むずむず脚症候群の症状や原因など
についてはコチラの記事に書いてあります。

夜に足が気にあるむずむず脚症候群とは!

 

寝室の状態が悪い

 

寝室の状態が悪いっていうのは
部屋が明るかったりうるさかったり
などしてしまっているってことです。

 

眠りについていく時は気持ちが
落ち着いてリラックス出来て体の力
が自然と抜けている状態です。

 

しかし寝室が明るかったりテレビなど
がついてしまっている時は無意識の内
に体は緊張状態を作り出してしまって
リラックス出来ない状態になってしまうので

 

眠たいのに体はまだ寝てはいけない
っていう状態になってしまうので
眠れなくなってしまいます。

 

寝やすい状態を作り出してくれる
寝室とはどんな寝室なのかに
ついてはコチラの記事に書いて
あります。

眠りやすい状態を作る寝室!

 

まとめ

 

【不眠症】眠いのに寝れない症状が
続く時の5つの原因はコレ
について書いていきました。

 

眠れない不眠症には種類があって
寝つきが悪くなってしまう入眠障害

 

普通に寝つきが悪くなってしまうのも
大変ですが眠いのに寝れないって
いうのはとても辛いです。

 

そんな眠いのになかなか眠れない
時の原因として多いのが上記で
書いた5つのことがあるので

 

眠い時にスッと寝ていけるようにする
為に原因をチェックする為にも少し
でも参考になれば嬉しいです。

 

入眠障害になってしまう原因はコレ
以外にも色々ありますが予防して
改善していく方法については
コチラの記事に書いてあります。

寝れない入眠障害を改善するには!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ