女性に特に多い眠れない原因はコレ!女性ホルモンが関係!

こんにちは、スイムです。

 

夜になかなか眠れないっていうのは
男性も女性も大きな悩みで原因と
なってしまっているものは色々ありますが

 

特に女性の方で眠れない寝れない
っていう場合に多い原因となってしまって
いるものがあってそれが女性ホルモンです。

 

女性ホルモンがどうして睡眠に関係が
あるのか

 

どういった時に眠れない症状を起こしやすく
なってしまうのかなどについて調べてみました。

 

眠れない不眠症

joseihorumonsuimin21-1

 

最近眠れないことが多いんだよね
ずっと睡眠不足が続いてしまっている
寝ていても眠りが浅いのですぐに
夜中に目を覚ましてしまうことが多い
っていうのは不眠症の症状です。

スポンサーリンク

不眠症って一言でいっても4つの
種類があって

寝つきが悪くなってしまう入眠障害
夜中にすぐに目が覚めてしまう中途覚醒
朝早い時間帯に目覚めてしまう早朝覚醒
深い眠りに入れない熟眠障害

 

どのタイプの種類の不眠症も眠れて
いないので体の疲れは取れにくいですし
頭がスッキリしなくて日中に大きな影響を
与えてしまいますよね。

 

不眠症のそれぞれの種類の特長や
症状などについてはコチラの記事に
詳しく書いてあります。

眠れない不眠症の種類をチェック!

 

女性に多い原因とは

 

眠れない不眠症の種類などについは
わかってもらえたと思いますが不眠症
になってしまう原因というのは本当に
色々あります。

 

そんな私生活に大きな影響を与えて
しまう不眠症ですが女性に特に多い
眠れなくなってしまう原因があって
それが女性ホルモンの影響です。

 

えー女性ホルモンって睡眠と関係が
あるの?って思ってしまうかもしれま
せんがとても大きく関係しているのです。

 

女性ホルモンっていうのは
エストロゲンとプロゲステロンという
2つの種類がありますよね

 

この女性ホルモンの分泌によって
肌をスベスベにしたり女性らしい
しなやかさを作り出してくれたり

 

妊娠を助けてくれる役割があったり
しますよね。

スポンサーリンク

これらの女性ホルモンの働きは正常に
分泌されている時はいいのですが

 

生理中だったり後は更年期になって
しまったりなどした時にホルモンバランス
が乱れてしまって睡眠に影響をもたらして
しまうことがあります。

 

生理前に眠れなくなる

 

生理前に眠れなくなることが多いって
言う場合は生理前っていうのは体温が
高くなっていてなかなか下がらない
状態の時が多いです。

 

体温が下がりにくい状態だと眠りに
ついていく時っていうのは体を休める
為に体温は低くなるのですが
これが上手くいかなくなって眠りにくい
状態を作ってしまいます。

 

そして生理前っていうのは眠りについて
いくのに必要な睡眠ホルモンである
メラトニンの分泌が低下してしまうことが
多いので眠りにくくなってしまいます。

 

メラトニンとはいったいどういった
睡眠ホルモンなのかについてはコチラ
の記事に書いてあります。

睡眠に大切なメラトニンとは!

 

これらのことが起こりやすくなって
しまって生理前っていうのはなかなか
眠れない状態になってしまいます。

 

生理中に眠れなくなる

 

生理中に眠れなくなってしまうことが
多いっていう場合は生理中の時って
いうのは体温が低くなりすぎてしまう
場合があります。

 

先ほど寝る時っていうのは体温が低く
なっているって書いたのですが低く
なり過ぎてしまうとまた眠れないなって
しまうのです。

 

そして僕は男性なので経験したことが
ないのですが生理中っていうのは
神経が過敏になっていてイライラして
しまうことが多かったりしてしまったり

 

普通は特に気にしないのだけど
ふとした事が気になってしまったり
してストレスが多くなってしまうことが
あります。

 

この過度のストレスによってリラックス
状態を作っていくことが出来なくなって
しまって眠れない状態になってしまう
ことが多いです。

 

これは女性ホルモンが乱れてしまうと
自律神経を上手く整えていうことが
出来なくなってしまうから起こってしまう
と言われています。

 

ストレスが与えてしまう眠りにくくなって
しまう原因についてはコチラの記事に
書いてあります。

ストレスが睡眠に与える影響とは!

 

更年期で眠りにくくなる

 

更年期で眠りにくくなるっていうのは
人によって違いはあるのですが
40代後半くらいから女性の場合は
更年期によって女性ホルモンの分泌が
少なくなってきてしまいます。

 

この女性ホルモンの分泌が少なくなって
しまうことによって体温調節が上手く
機能しなくなってしまい体が火照って
しまったり

 

動悸が乱れやすくなってしまったり
頭痛を起こしやすくなってしまい
気持ちをリラックスさせることがしにくく
なってきてしまいます。

 

このような症状が日中だけではなく
夜も起こってしまうことが多くなって
眠れない寝にくい状態になってしまいます。

 

まとめ

 

女性に特に多い眠れない原因はコレ!
女性ホルモンが関係
について書いていきました。

 

なかなか夜に眠れなかったり
寝にくい状態になってしまうのは
男性も女性も多く見られる不眠症の
症状なのですが

 

女性の場合は特にホルモンバランス
の乱れ女性ホルモンが大きく関係
していることがあります。

 

布団に入っても寝れないのでついつい
スマホを見て触ってしまったり
寝れないなーってそれがまたストレス
になっていってしまったりするので
気をつけてください。

 

夜眠れない時にオススメの眠りやすく
なる飲み物についてはコチラの記事に
書いてあります。

寝やすい状態を作ってくれる飲み物!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ