寝酒をすると寝れるのはなぜ?不眠症の解消になるのか!?

こんにちは、スイムです。

 

寝酒をすると眠たくなって寝てしまう
のはどうしてなのか

 

アルコールが入ることによって眠れる
ってことは寝酒は不眠症を解消する
ことに繋がるのか

 

寝る前に寝酒をすることによって
体や脳にどのような状態が起きるのか
なぜ睡魔が襲ってくるのか原因を調べて
みました。

 

アルコールをいつも飲む人や寝酒を
ついついやってしまう人は気をつけて
ほしいアルコールが引き起こす睡眠
の不思議とは

 

お酒を飲むと眠たくなる原因は

nezake13-1

 

寝酒をした時や会社や友達などと
飲みにいった時などにアルコールが
入ると眠たくなってしまうっていう
経験をしたことがある人は多いと思います。

 

僕も飲みにいくとすぐに眠たくなって
しまって気づいたら寝てしまっていた
ってことが沢山あります。

スポンサーリンク

そんな経験から夜なかなか眠れない時
や寝つきが悪い時などによく寝酒をして
すぐに寝れるようにしてしまいますが

 

どうしてお酒を飲むとアルコールが入ると
眠たくなってしまうのか不思議に思い
ませんか

 

僕はどうしてなんだろう?って思いながら
なかなか布団に入っても眠れないので
ついつい寝る前に寝酒をしてしまうのですが

 

お酒を飲むと睡魔が襲ってくる原因と
いうのは簡単にいうとアルコールによって
覚醒中枢などを麻痺させているからです。

 

覚醒中枢を麻痺させているって
なんだか怖い感じがしてしまいますが・・・

 

お酒を飲むとアルコールが入ると
さっきまで心配していたことや不安に
思っていたことを忘れることが出来ますよね。

 

それはどうしてかというとアルコールが
精神を高ぶらせる興奮物質である
グルタミン酸という神経伝達物質を
抑えてくれるのです。

 

この興奮物質が抑えられることによって
不安や心配ごとなどを考えている時に
起こっている興奮状態を無くして
くれるのです。

 

そしてグルタミン酸を抑えてくれるのと
同時にギャバ(GABA)という脳の神経の
興奮を抑えてくれる物質を刺激してくれて

 

このギャバ(GABA)を多く分泌してくれる
ようになってより不安や心配ごとなどを
忘れさせてくれるようになります。

 

この2つの効果によってストレスなどを
一時的に忘れることが出来て体や脳の
興奮状態を減らしてくれることによって

 

睡眠の邪魔をしてしまっている原因を
無くしてスッと眠たくなってしまっている
睡魔が起こり始めるのです。

 

なのでストレス解消やイヤなことがあった
時はお酒を飲んでストレスを発散しよう
っていうことに繋がっているのです。

 

ストレスが睡眠の邪魔をしてしまう
眠れなくなってしまう原因については
コチラの記事に書いてあります。

ストレスが生み出す寝れない原因!

 

不眠症の解消にはならない

 

寝酒をするとお酒を飲むと眠たくなって
しまう理由についてはわかってもらえたと
思いますし

 

じゃ寝酒は睡眠には効果的で不眠症
の解消にはオススメなのではないかと
思ってしまいますが

 

実は寝酒は不眠症の解消法には
ならないのです!

スポンサーリンク

えーだってアルコールによって
興奮状態を抑えてくれて脳の興奮を
抑えてくれるのにって思いますが

 

この状態は最初にも書きましたが
アルコールによって覚醒中枢を麻痺させて
いるから起こっている状態です。

 

つまり時間が経ってアルコールが体から
抜けていくと普通の状態に戻ってしまいます。

 

そうすると体や脳はまた興奮状態に戻って
しまいますからね。

 

それによって寝ているのに急に起きて
しまう中途覚醒という不眠症の症状が
現れやすくなってしまう

 

アルコールが入ると肝臓がアルコールを
分解しようとして活発に活動をはじめて
それによってオシッコが近くなってしまいます。

 

なのでせっかく眠っているのにオシッコが
したくて夜中に目を覚ましてしまいます。

 

お酒を飲んだ時にオシッコの回数が
いつもよりも増えてしまうのは
このアルコールを分解しようとして
体から早く排出しようとしているからですね。

 

不眠症の種類の一つ中途覚醒とは
いったいどんな不眠症の症状なのか
についてコチラの記事に書いてあります。

中途覚醒の症状と原因となっている物!

 

そして僕もそうですが寝るために寝酒を
してしまっているとどうしても飲む量が
増えていってしまいます。

 

前までは少しの量でよかったのに
毎回飲んでいると体がアルコールに
対して少しづつ強くなってしまい

 

今までは少しの量で覚醒中枢などが
麻痺していたのに麻痺しなくなって
しまい酔わなくなってしまってドンドンと
飲む量が増えていってしまいます。

 

飲む量が増えてしまうと体や内蔵などに
大きな負担をかけていってしまうので
それによって色々な病気の原因にも
繋がっていってしまいます。

 

後、アルコールによって実は睡眠の質
がとても悪くなってしまうのです。

 

寝酒が睡眠の質を低下させてしまう
原因についてはコチラの記事に
書いてあります。

寝酒が眠りの質を低下させる原因!

 

寝る前に飲むと睡眠の邪魔になって
しまう飲み物についてはコチラの記事
に書いてあります。

寝る前に飲まない方がいい飲み物!

 

まとめ

 

寝酒をすると眠れるのはなぜ?
不眠症の解消にあんるのか
について書いていきました。

 

寝る前にアルコールが入ることによって
アルコールによって覚醒中枢が麻痺して
しまって

 

興奮状態を抑えてくれるのでスッと
寝れるようになるのですが

 

これは麻痺している時だけの事なので
お酒が抜けて酔いが覚めてしまうとまた
同じ状態に戻ってしまいます。

 

そして夜中に目を覚ましやすくなって
しまう中途覚醒になりやすくなって
しまいます。

 

友達同士や会社の仲間などとたまに
ストレス発散や気分転換などにたまに
楽しく過ごすのはいいのですが

 

寝酒などは不眠症の解消にはならない
ので注意してください。

 

寝る前に飲むと眠りやすくなるオススメ
の飲み物についてはコチラの記事に
書いてあります。

寝やすい状態を作ってくれる飲み物!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ