寝起きの肩こりを治す予防する為にオススメの睡眠対策はコレ!

こんにちは、スイムです。

 

朝寝起きにいつも肩こりの症状が
出てしまって肩が張ってしまい
朝から痛かったりしてスッキリと
気持ちよく目覚めれない時があります。

 

そんな朝から辛い肩こりの症状が
起こらないようにするなるべく出ない
ようにする治す為のオススメの
予防対策について調べてみました。

 

寝る前にやってほしいことや
寝具など睡眠対策にも大切な事
で睡眠の質向上にも繋がってきます。

 

寝起きの肩こりの原因

neokikatakoriyobou22-1

 

寝起きに肩こりの症状がよく出てしまう
大きな原因になってしまっているのは
体がリラックス出来ていなくて緊張状態
になってしまっている状態で寝てしま
っていることが多いです。

スポンサーリンク

そんな緊張状態のまま眠ってしまうと
筋肉が縮こまったままの状態になって
しまいますし血行不良を起こしてしまい
それが肩こりを引き起こしてしまいます。

 

日頃の疲れが蓄積されてしまって
起こってしまうこともありますが
それも体をリラックスさせて眠れて
いないっていうことも大きな原因の
一つになってきます。

 

そんな緊張状態のまま眠ってしまう
大きな原因になってしまっている
ものに自律神経の乱れや寒さ
そして寝具や寝方などがあります。

 

寝起きに肩こりを起こしやすい
原因についてはコチラの記事に
詳しく書いてあります。

寝起きによく肩こりが起こる原因は!

 

寝る前の予防対策

 

寝起きによく肩こりの症状が出てしまう
原因を作ってしまっているのに
睡眠中の緊張状態や血行不良がある
っていうことについてはわかってもらえた
と思います。

 

そこでそのような状態を防いでいく
予防していくにはどうしていけば
いいのかというと自律神経を整えて
副交感神経を優位にさせる
寒さを予防していくことが大事に
なってきます。

 

その為のオススメの対策として

寝る前にしっかりとお風呂に入る
温かい飲み物を飲む
ストレッチして筋肉をほぐす
部屋を暖める
寝やすい寝間着を着る

といったことが寝る前の予防対策
として簡単でオススメの方法です。

 

寝る前にしっかりとお風呂に入る

 

寝る前にしっかりとお風呂に入る
っていうのはシャワーではなくて
しっかりと湯船に浸かって体の
疲れをとっていくっていうことです。

 

入浴することによって血行が良く
なって血液の流れも良くなりますし
体もリラックス出来るので筋肉も
ほぐれてきます。

 

そして自律神経も整えられて
副交感神経が優位な状態を作り
だせやすくなります。

スポンサーリンク

なのでサッと入浴するのではなくて
めんどくさいって思ってしまう時も
ありますが少し長めに入浴する
ようにしてください。

 

オススメの入浴方法や時間帯など
についてはコチラの記事に詳しく
書いてあります。

いい睡眠に欠かせない入浴方法!

 

温かい飲み物を飲む

 

温かい飲み物を飲むっていうのは
寝る前に少し飲むことによって
寝やすい状態を作っていくっていう
こともありますし

 

それがリラックス状態を作り出して
くれたり血行促進にもなってくれます。

 

オススメの飲み物としては白湯や
ホットミルクなどですね。

 

寝る前に飲むと睡眠効果が良く
なる飲み物についてはコチラの
記事に書いてあります。

より良い睡眠にオススメの飲み物!

 

ストレッチして筋肉をほぐす

 

ストレッチをして筋肉をほぐすって
いうのはお風呂に入って筋肉など
はしっかりとほぐれているのですが
それプラスしっかりと寝る前にストレッチ
を行っていくことによってより効果が
高くなります。

 

寝る前に簡単に出来るストレッチに
ついてはコチラの記事に書いて
あります。

おやすみ前の簡単ストレッチ法!

 

寝起きに肩こりの症状を和らげて
くれるストレッチについてはコチラ
の記事に書いてあります。

寝起きの肩こりを楽にするストレッチ!

 

部屋を暖める

 

部屋を暖めるっていうのは寒い状態を
少しでも無くしていって血行不良を
無くしていき体が縮こまってしまうのを
予防していくっていうことなのですが

 

寒い冬の時期などは寝る前に
少し寝室の温度を上げてから
寝ていくようにしていってください。

 

部屋に入った瞬間に急激な温度差
を感じてしまうと今までリラックスして
いた筋肉も急激に縮こまってしまい
ますからね。

 

そして後、注意してほしいのが夏場
の暑い時期のクーラーですね。

 

部屋を涼しくして気持ちよく寝やすい
状態を作っていくのはいいのですが
冷えすぎないように注意してください。

 

寝やすい寝間着を着る

 

寝やすい寝間着を着るっていうのは
しっかりとパジャマに着替えて寝る
ようにしてください。

 

ジャージやトレーナーなど動き
やすい服装で寝てしまうことが多い
多いかと思いますが

 

実はジャージやトレーナーなどは
寝ている時に血行を悪くしてしまったり
してしまうことが多いのでちゃんと
パジャマを着て寝るようにしてください。

 

パジャマがオススメの理由については
コチラの記事に書いてあります。

寝間着で睡眠の質が変わる!

 

枕やマットレスも大事なポイント

 

寝起きの肩こりを予防していくのに
寝る前の対策などについてはわかって
もらえたと思います。

 

これだけでもかなりリラックスした状態
で血液の流れも良くなって眠りについて
いけるのですが睡眠中にも注意して
ほしいことがあってそれが枕や
マットレスなどの寝具や寝ている時の
姿勢です。

 

上記にある寝起きに肩こりが起きやすい
原因の記事にも書いてありますが
枕や敷布団などが自分にあっていない
と肩こりになりやすくなってしまいます。

 

そこで少しでも気持ちよい睡眠を
とって肩こりにならないようにしていく
には枕選びも大切になってきます。

 

枕の高さや硬さなどオススメの
枕選びについてはコチラの記事に
詳しく書いてあります。

オススメの枕の選び方とは!

 

マットレスも低反発と高反発があり
どちらもそれぞれメリットやデメリット
などがありますが肩こりの症状を
抑えていくには僕は高反発の
マットレスがいいのではないかな
って思います。

 

寝返りがしやすいことによって
血行不良になりやすいのを改善
していってくれるので

 

低反発マットレスと高反発マットレス
のそれぞれの違いや特長については
コチラの記事に書いてあります。

低反発と高反発マットレスの違い!

 

まとめ

 

寝起きの肩こりを治す予防する為に
オススメの睡眠対策はコレ
について書いていきました。

 

寝起きに朝から肩が張ってしまい
肩こりの症状が出やすくなってしまう
のは寝ている睡眠中に筋肉が硬く
なって縮こまっていたり血行不良を
起こしてしまっていることが多いです。

 

なので治したり予防していくには
いかにリラックスした状態で寝て
いけるか血行不良をなるべく
起こさないようにして寝ていくか
っていうことが大事になってきます。

 

その為に少しでも参考になれば
嬉しいですしこれがよりぐっすりと
寝れて睡眠の質も向上していくことに
繋がってきます。

 

寝起きに頭が痛くてなってしまう
原因や頭痛の種類についてはコチラ
の記事に書いてあります。

寝起きの頭痛の原因と種類!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ