【不眠症改善】朝早く起きてしまう早朝覚醒の治し方と予防対策

こんにちは、スイムです。

 

不眠症の症状の中の1つに朝自分が
起きようと思っている時間よりも早く
目が覚めてしまう早朝覚醒があります。

 

まだ寝ていたいのに目が覚めてしまう
早朝覚醒を治していくにはどんな
方法があるのか

 

そして改善して予防していく為の対策
などについて調べてみました。

 

朝眠くて起きれないのもイヤですが
何時間も早く目が覚めてしまうのも
辛い症状ですからね。

 

朝自然と早く起きてしまう

souchoukakuseitaisaku21-1

 

不眠症の種類の中に朝よく起きたいと
思っている時間よりも2時間以上早く
目が覚めてしまう早朝覚醒があります。

 

眠くて朝起きれないっていうのとは逆で
まだぐっすりと寝ていたいのに目が覚めて
しまう早朝覚醒の症状や原因などに
ついてはコチラの記事に書いてあります。

その症状は早朝覚醒かも!

 

早朝覚醒の大きな原因になっているのに
睡眠の質の低下や体内時計の乱れなどが
あります。

スポンサーリンク

深い眠りの状態を作り出すことが出来ずに
浅い眠りの状態が続いてしまっていて目を
覚ましやすくなっていたり

 

体内時計が早く働いてしまっていて
脳が睡眠から覚醒に切り替わる時間帯が
どうしても早くなってしまったりなどですね。

 

それらによって朝7時に本当は起きたいのに
朝方の5時やそれ以上に早く自然と目が
覚めてしまったりが多いです。

 

早朝覚醒を改善していく方法

 

そこでそんな早朝覚醒を治して予防
していく日常生活の中での改善方法
についてなのですが

 

体内時計を整えて改善する
自律神経を整える
運動を心がける

 

これらのことを意識して治していくことに
よって早朝覚醒という不眠症を改善して
いくことが出来ます。

 

体内時計を整えて改善する

 

体内時計を整えて改善していくって
いうのは体内時計が乱れてしまっている
のを治していくのとサイクルが早くなって
しまっているのを治していくってことです。

 

まずは体内時計が乱れてしまっていること
によって睡眠の質自体が低下してしまって
いるのを改善して

 

睡眠中により深い眠りの状態を作っていく
ようにします。

 

体内時計を正常に整えていく方法に
ついてはコチラの記事に書いてあります。

体内時計を整える簡単な方法!

 

これでまずは体内時計を整えていって
もらうのですが早朝覚醒の場合は
そのリズムというか周期が早くなってしま
って
いるのでそれを改善していくのに

 

朝の光をできるだけ時間を遅らせて
浴びるようにしていきます。

 

その方法として寝室のカーテンを日光
が通りにくい遮光カーテンに変えたり

 

朝会社や学校などの通勤や通学中は
サングラスをかけてなるべく目から光が
入ってこないようにします。

スポンサーリンク

これによって朝リセットされる体内時計の
時間帯を遅らせていくことが出来ると
思います。

 

自律神経を整えていく

 

自律神経を整えていくっていうのは
ぐっすりと深い眠りの状態を作りやすく
していくってことです。

 

同じ寝ているように見えても睡眠の質に
よって眠りが浅かったりしてしまうので
それをできるだけ少なくしていく

 

その為に必要なことがストレスを出来るだけ
溜め込まないように上手く発散させて
あげてから眠りについていくようにします。

 

ストレスによって交感神経が過剰になって
しまうのを減らしてリラックス状態の
副交感神経を優位にさせてあげます。

 

自分が好きなことを出来る時間帯を
多く作っていったり楽しい時間を作って
あげることによってストレスは無意識の
うちに発散されていますからね。

 

そしてお風呂や飲み物などによっても
副交感神経を上手く引き出していくことも
出来るので

 

睡眠の質改善にオススメの入浴方法に
ついてはコチラの記事に書いてあります。

睡眠の質を良くする入浴法とは!

 

寝る前に飲むとぐっすりと寝ていける
オススメの飲み物についてはコチラの記事
に書いてあります。

リラックス出来る飲み物とは!

 

運動を心がける

 

運動を心がけるっていうのはストレスを
上手く発散していくっていうのもあるのですが

 

体を動かすことによって適度な疲れを
作っていくことで睡眠中に分泌される
成長ホルモンを多く分泌させていくのと

 

セロトニンを多く分泌させて睡眠ホルモン
メラトニンを多く分泌させていく為でも
あります。

 

睡眠中の成長ホルモンやメラトニンが
多く分泌されることによって深い眠りの
状態を作っていくことができるからです。

 

睡眠にオススメの運動についてはコチラ
の記事に詳しく書いてあります。

どんな運動が睡眠に効果が高いか!

 

まとめ

 

【不眠症改善】朝早く起きてしまう
早朝覚醒の治し方と予防対策
について書いていきました。

 

まだ寝ていた朝の早い時間帯に
どうしても起きてしまう早朝覚醒

 

そんな早朝覚醒の大きな原因になって
いる深い眠りの状態を作れていない
体内時計が乱れてしまっていること

 

それらを改善して治していくことによって
早朝覚醒を治していくことができますし
予防していくことにも繋がってくると
思いますので

 

少しでも辛い早朝覚醒を治していくのに
参考になれば嬉しいです。

 

加齢によって睡眠の質が低下して
眠りが浅くなってしまう原因については
コチラの記事に書いてあります。

年をとると眠りが浅くなる原因は!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ