加齢による眠りが浅く夜中に目が覚める中途覚醒の症状が多い原因

こんにちは、スイムです。

 

年をとってきて加齢によって眠りが浅く
なってしまい睡眠の質が低下してきて

 

夜中に何回も目が覚めて起きてしまう
中途覚醒の不眠症の症状が多くなって
きてしまいます。

 

どうして加齢によって中途覚醒を起こし
やすくなってしまうのか

 

その原因になっているものは何なのか
朝までぐっすりと寝れるようにする為に
どんな事に注意すればいいのか
調べてみました。

 

年をとると睡眠の質が低下

kareichutokakusei18-1

 

10代や20代そして30代くらいまでは
いったん眠りに入ると朝まで起きること
なく眠れていたのに

 

年をとって40代前後くらいから
なぜか夜中に目を覚ましてしまう中途覚醒
の症状が多くなってしまうことがあります。

 

中途覚醒とはどのような不眠症なのか
症状や原因についてはコチラの記事に
書いてあります。

夜中に何回も起きてしまう中途覚醒とは!

 

上記の記事で中途覚醒の症状や原因に
ついてはわかってもらえたと思いますが
どうして加齢によって症状が出てきて
しまうのかというと睡眠の質が低下して
しまう
ことがあります。

スポンサーリンク

睡眠の質が低下してしまうことによって
ぐっすりと深い眠りに入っていけない状態
になってしまうのですが

 

それには睡眠ホルモンであるメラトニンの
分泌量が年とることによって加齢によっ
自然と分泌量が減少してきてしまうこと
があります。

 

メラトニンとはいったいどんな睡眠ホルモン
なのかについてはコチラの記事に書いて
あります。

メラトニンと睡眠の関係とは!

 

中途覚醒になりやすい5つの原因

 

メラトニンの分泌量が加齢によって減少
してしまうのはわかってもらえたと
思いますが

 

夜中に目を覚ましてしまう中途覚醒に
なってしまう原因はそれ以外にもあります。

 

ではいったいどんなことが加齢によって
中途覚醒を起こしやすくしてしまって
いるのかというと

 

メラトニンの分泌量の減少
ストレスが多い
体をあまり動かさない
中年太りによって
深部体温の乱れ

 

この5つのことが特に加齢によって
中途覚醒を起こしやすくしてしまって
いる原因として多いです。

 

メラトニンの分泌量の減少

 

メラトニンの分泌量の減少については
先ほど書きましたが加齢によって
どうしても自然と少なくなってしまうの
ですが

 

それ以外にも体内時計が乱れてしまって
うまくメラトニンを分泌出来ない状態に
なってしまっていることもあります。

 

体内時計がどうして乱れてしまうのかに
ついてはコチラの記事に書いてあります。

体内時計が乱れてしまう原因は!

 

ストレスが多い

 

ストレスが多いというのはストレスのよって
自律神経が乱れてしまい上手くぐっすりと
寝ていく為の副交感神経に切り替える
ことが出来なくなってしまい眠りの質が
浅くなってしまいます。

スポンサーリンク

ストレスは誰にでも日常的に感じてしまう
ものですが特に中年などある程度の年齢
になってくると

 

会社などで管理職になっていたり
家族のことや子供のことなど仕事以外
のことでも色々なストレスを若い頃より
も多く抱えてしまうことが増えてしまい
ますよね。

 

そして僕もそうなのですがそんなストレス
を発散するのについつい寝酒などをして
しまいます。

 

この寝酒が睡眠の質をより低下させて
しまったり夜間頻尿に繋がったりして
中途覚醒を起こしやすくしてしまうことも
多いです。

 

夜間頻尿になってしまう色々な原因に
ついてはコチラの記事に書いてあります。

夜中にトイレの回数が増える夜間頻尿!

 

体をあまり動かさない

 

体をあまり動かさないっていうのがどう
中途覚醒と関係してくるのかというと

 

体を動かさないことによって肉体的な
疲労が少なくなってきてしまいます。

 

肉体的な疲労が少なくなってしまうこと
によって寝ている時に体の疲れを回復
してくれる成長ホルモンの分泌量が減少
してしまうのです。

 

成長ホルモンの分泌量が少なくなって
しまうと深い眠りに入りにくくなってしまい
浅い眠りの状態が多くなって目を覚まし
やすくなってしまいます。

 

中年太り

 

中年太りがどうして中途覚醒に関係
してくるのかというと肥満によって
睡眠時無呼吸症候群を起こしやすく
なってしまうからです。

 

睡眠時無呼吸症候群とは寝ている時に
何回もうまく呼吸が出来ていない状態
になっていて

 

それが原因で深い眠りに入れずに睡眠
の質が低下してしまいます。

 

加齢によって基礎代謝などが低下して
しまっていることもありますし運動をあまり
しなくなってしまっていたり中年太りの
原因は色々ありますよね・・・

 

睡眠時無呼吸症候群については
コチラの記事に詳しく書いてあります。

どうして睡眠時無呼吸症候群になるのか!

 

深部体温の乱れ

 

深部体温の乱れっていうのは寝ている
時っていうのは体や脳の色々な機能が
低下して休んでいるので深部体温は
低くなっています。

 

深部体温とは何かについてはコチラの
記事に書いてあります。

深部体温と睡眠の関係!

 

深部体温は睡眠中は低くなっているの
ですが加齢によってその体温調節が
乱れてしまったりしていて寝ている時に
深部体温が上がったりして眠りが浅く
なってしまうことがあります。

 

まとめ

 

加齢による眠りが浅く夜中に目が覚める
中途覚醒の症状が多い原因
について書いていきました。

 

寝ている時に何回も目が覚めて起きて
しまう中途覚醒という不眠症の種類

 

中途覚醒になってしまう原因は色々あり
ますが特に加齢によって眠りが浅くなって
しまっていて起こってしまうことも多いので

 

どうして年をとって加齢によって眠りが浅く
なってしまうのか少しでもその原因を
チェックする為に参考になれば嬉しいです。

 

中途覚醒を予防していく方法については
コチラの記事に書いてあります。

中途覚醒の予防対策の方法は!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ